空中大脱走

くうちゅうだいだっそう
上映日
1973年2月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
戦争 アクション

ここが見どころ

第2次世界大戦、連合軍対ドイツ軍の攻防が一段と激しさを増しつつあったとき、アルプスを背に断崖に守られたドイツ軍収容所からの大脱走を描いた戦争アクション。製作はハーブ・ベネット、監督はフィリップ・リーコック、原作・脚本はデイヴィッド・キッド、撮影はジャック・マータ、音楽はデイヴィッド・ローズが各々担当。出演はダグ・マクルーア、ルネ・オーベルジョヌア、リチャード・ベースハート、チャック・コナーズなど。

「空中大脱走」のストーリー

1943年、大戦の最中、O・S・S(米国戦略事務局)仕官ハリー(ダグ・マクルーア)は重大な任務を背負っていた。それは、飛行士として身分を偽っている核物理学者ホールデン・ブレビッグ(ルネ・オーベルシュヌア)の本当の身分を、ドイツ・ゲシュタポに知られる前に、ナチス収容所から救いだし、国外に逃亡させることだった。彼はブレビッグをヘルムシャーベンの収容所で見つけ、連合軍の空襲の最中にまんまと救出し作戦は成功したかに見えたが、国外逃亡の試みはドイツ軍の厚い壁にはばまれ、再び、絶対に脱出不可能といわれるベックスタットの収容所にぶち込まれてしまう。それはまぎれもない“砦”だ。スイス国境から16キロしか離れていないが、高い断崖にそびえ立つ、厚い壁のこの収容所は、指揮官シラー(リチャード・ベースハート)の監視のもと、頑強さをほこっていた。さらに捕虜のボス、モーガン陸軍大佐(チャック・コナーズ)も1眼見たときからハリーを嫌った。彼は、捕虜の1人、ファーカスが収容所の壁からあげていた“紙だこ”から、脱出計画の大きなヒントを得た。吹き上げる谷からの風を発見したのだ。ハリーは、収容所の図書室に入りびたりのエンジニア、フィッツジェラルドの助けを得て、屋根裏部屋で2人乗りのグライダー脱出計画を実行に移した。この計画は、トンネル掘りで脱出しようとするモーガン以外の多くの捕虜たちの助けを得、針金、くぎ、テーブルといった製作部品が方々から集まってきて着々と進んだ。だが捕虜たちの気運が高まるにつれシラーは疑いを持つようになり、ハリーに脱走計画の暴露を迫った。ハリーは重大な任務を重い、心ならずもモーガンのトンネル計画を密告し、時間を稼いだ。モーガンは独房にぶち込まれたが、その間、計画は完成まであと1歩というところまで進んだ。数週間後、独房から釈放されたモーガンはハリーに殴りかかった。ハリーは真相をあかすべきときがきたと感じ、自分の任務の全てを語った。そのとき、グライダーの作業所にゲシュタポがやってきた。脱出するなら今以外にチャンスはない。だが、おもりに使っていた風呂おけがずりおちて、ハリーは下じきになってしまった。作業は秒をあらそっている。ハリーは、モーガンにブレビッグを安全に脱出させてくれるよう頼んだ。ドイツ兵が部屋にとび込んできて、彼らを捕まえようとする。その瞬間、つなは切られ、グライダーは歓喜する囚人たちの見守るなかをモーガンとブレビッグを乗せてスイスへの飛行を開始していた。

「空中大脱走」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「空中大脱走」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争 アクション
製作国 アメリカ
製作年 1972
公開年月日 1973年2月10日
製作会社 ユニヴァーサル映画作品
配給 ユニヴァーサル=CIC
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「空中大脱走」のみんなのレビュー

「空中大脱走」のレビューを書く

「空中大脱走」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。