クール・ワールド(1963)

くーるわーるど The Cool World
上映日
1965年2月27日

製作国
アメリカ

上映時間
105分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ウォーレン・ミラーの原作を彼とロバート・ロッセンが戯曲化したものから、シャーリー・クラークとカール・リーが共同で脚色、シャーリー・クラークが監督した非行少年が主人公の社会ドラマ。撮影はベアード・ブライアント、音楽は作曲・編曲がマル・ウォルドロン、ジャズ演奏はディジー・ガレスピー(トランペット)、ユーゼフ・ラティーフ(サックス)、アート・テイラー(ドラム)、アーロン・ベル(ベース)らが担当した。出演はハンプトン・クラントン、カール・リー、ヨランダ・ロドリゲス、クラレンス・ウィリアムズ3世、ゲイリー・ボーリング、グロリア・フォスターほか、新人。

「クール・ワールド(1963)」のストーリー

ニューヨークの黒人区ハーレム。この地区に住む14歳の黒人少年デューク(ハンプトン・クラントン)は父親を失い、売春をやっている母親と信仰ぶかい祖母との3人暮らしだ。ロイヤル・パイソンズという愚連隊に入っているデュークにとって、そのリーダーになることが彼の夢であった。ある日デュークは、クラスメートたちと卒業記念のため市内見物の遊覧バスに乗った。デュークにとって、白人教師のむずかしい演説や熱狂的な人種差別反対の演説より、コルトとルガーの違いの方が、より大事なことであった。そんなとき、デュークはプリースト(カール・リー)というギャングからピストルをあずかった。そして50ドルだせばそれを売ってやるというのだ。デュークはピストル欲しさに、数々の非行をかさねた。ある日彼等のリーダー、ブラッド(クラレンス・ウィリアムズ3世)がルーアン(ヨランダ・ロドリゲス)という女の子を連れてきた。彼女はどんな育ちの娘かもわからず、金さえ払えば誰にでも平気で身体をまかした。デュークも他の仲間たちと同様に、ルーアンと寝た。そしてふたりの間に、ほのかな愛が芽生えた。ルーアンは海を知らなかった。デュークはそんなルーアンを連れてコニー・アイランドに海を見にいった。が突然デュークはルーアンを見失った。さがしつかれてデュークは家に帰った。街では仲間が、ライバルのオオカミ団との決闘の準備をすすめていた。が、そこへギャングに追われたプリーストがやってきた。デュークはプリーストを残して、決闘に出かけた。乱闘の末、デュークはオオカミ団の首領を刺し殺した。そして部屋にもどってみるとプリーストも殺されていた。警官がデュークを捕らえた。パトカーが走っていくハーレムの街かどには、夜の客をひくデュークの母親の姿があった。

「クール・ワールド(1963)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「クール・ワールド(1963)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1963
公開年月日 1965年2月27日
上映時間 105分
製作会社 ワイズマン・フィルム映画
配給 東京第一フィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ モノクロ/ビスタ
音量 モノラル

「クール・ワールド(1963)」のみんなのレビュー

「クール・ワールド(1963)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。

「クール・ワールド(1963)」を観ているあなたにおすすめの映画