生きる情熱

いきるじょうねつ
上映日
1966年2月1日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ジョン・オハラの小説をTV「ドクター・キルデア」のジョン・T・ケリーが脚色、「不意打ち」のウォルター・グローマンが監督したメロドラマ。撮影はチャールズ・ロートン・ジュニア、音楽はネルソン・リドルが担当した。出演は「不時着」のスザンヌ・プレシェット、「史上最大の作戦」のブラッドフォード・ディルマン、「或る殺人」のベン・ギャザラほか。製作は「633爆撃隊」のルイス・J・ラクミル。

「生きる情熱」のストーリー

ペンシルバニアの富豪コールドウェル家の娘クレース(スザンヌ・プレシェット)は、若く美しくしかも近い将来に巨万の富を相続することになっていたので、彼女の周囲には常にたくさんの男たちがむらがっていた。最初の男はチャーリーでまだ彼女が女学生の頃だ。その後も関係が続き、あまりの不行跡ゆえに、母親は病気になってしまった。みずからの行為を恥じたグレースはチャーリーとの関係を断った。その頃、クリスマスの休暇で弟が友人のシドニー(ブラッドフォード・ディルマン)をつれて帰省した。将来、農場の経営を夢みている温厚な紳士シドニーに、グレースの心は急速に傾いていった。母親と保養地に出かけたグレースは、そこでも給仕との情事を重ね、その間、母親は、突然の発作で息を引きとった。グレースは求婚するシドニーに、過去の男遍歴を告白したが彼の愛は変わらなかった。2人は結婚した。しばらくは平和な日が続き、シドニーの念願だった農場経営も実現、子供も生まれた。その頃、グレースの幼なじみバノン(ベン・ギャザラ)が町へ帰ってきた。彼は少年時代から秘かな慕情をグレースに抱いていたが、苦学しながら建築家になった男。グレースは日ましに彼に惹かれ、肉体関係が続いた。グレースに思いを寄せるもう1人の男、地方新聞の編集者ホリスターはグレースとバノンのスキャンダルを未然にふせいだが、泥酔したバノンが交通事故死したことから、シドニーの知るところとなった。一度は妻を許そうと思ったものの、ホリスターの妻が、嫉妬と邪推で作りあげた夫とグレースの情事をわめき散らし、それを信じたシドニーは子供をつれて家を出た。道ならぬ恋と情事の代償として、グレースは夫の愛を永遠にうしなったのであった

「生きる情熱」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「生きる情熱」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1964
公開年月日 1966年2月1日
製作会社 ミリシュ・コーポレーション映画
配給 ユナイテッド・アーチスツ
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「生きる情熱」のみんなのレビュー

「生きる情熱」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません