霧の中の虎

きりのなかのとら
上映日
1966年2月12日

製作国
アメリカ

ジャンル
サスペンス・ミステリー

ここが見どころ

イアン・ナイオールの小説を、ローウェル・S・ホウリーが脚色、「脱線あしか騒動」のノーマン・トーカーが監督した子供向きサスペンス。撮影はウィリアム・スナイダー、音楽はバディ・ベイカーが担当した。出演は「ムーン・パイロット」のブライアン・キース、「リバティ・バランスを射った男」のヴェラ・マイルズ、「首のない馬」のパメラ・フランクリンほか。

「霧の中の虎」のストーリー

静かな田舎町スコシアにサーカスのトラックが着いた。動物係の不始末から檻の中の虎が逃げ出してしまったので、町は大さわぎとなった。急を聞いてかけつけた保安官ウィリアムズ(ブライアン・キース)は捜索にあたったが、虎はみつからないうえに、さがしに出ていた動物係が虎に襲われ、惨死している姿を発見した。マス・コミ関係者が続々と町にのりこんできたので、さわぎはますます大きくなり、町中は恐怖におののいた。そんな時、ウィリアムズの一人娘ジュリー(パメラ・フランクリン)は、父に虎を射殺しないで、生け捕りにしてくれと頼んだが、ウィリアムズにとっては、まず人命が第一だった。この騒ぎを選挙と結びつけた知事は、ウィリアムズの希望を無視して州兵を出動させた。大がかりな捜査が始まったが彼らの1人が虎とあやまって農民に発砲、負傷させるという事件さえ起こり、いっこうに虎は見つからなかった。一方、ジュリーの願いはテレビにのり、「虎を助けよう」という運動は全国的にさえなった。この時ウィリアムズは、麻酔銃を思い出した。虎が逃げこみそうなところは州兵によって包囲された。ジュリーが父の麻酔銃をとどけに来たとき、州兵の迫撃砲で追われた虎がとび出してきた。麻酔銃は虎に命中し、スコシアは再び静かな田舎町にもどったのである。

「霧の中の虎」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「霧の中の虎」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1964
公開年月日 1966年2月12日
製作会社 ウォルト・ディズニー・プロ映画
配給 ウォルト・ディズニー・プロ
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「霧の中の虎」のみんなのレビュー

「霧の中の虎」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/18

北野武(1947)

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

CM製作やドキュメンタリー作品を手がけてきたハーマン・ヴァスケ監督が、世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。膨大な数のインタビューからホーキング博士、北野武ら107人を抜粋、それぞれが語るクリエイティブ論を映す。

アウトレイジ 最終章

北野武監督が手掛けるバイオレンスシリーズ最終章となる3作目。大友が身を寄せる韓国の張会長を相手に、花菱会の花田がトラブルを起こす。花菱会会長の野村と若頭の西野による覇権争いは張会長襲撃にまで発展し、張会長に恩義を感じる大友は帰国を決意する。前作に続きビートたけし、西田敏行、塩見三省、金田時男、白竜、名高達男、光石研、中村育二、松重豊らが出演するほか、「ミュージアム」の大森南朋、「エヴェレスト 神々の山嶺」のピエール瀧、「TAP THE LAST SHOW」の岸辺一徳、「シン・ゴジラ」の大杉蓮、「ボクの妻と結婚してください。」の原田泰造、「レイルロード・タイガー」の池内博之、「シン・ゴジラ」の津田寛治らがシリーズ初出演する。
片桐はいり(1963)

きまじめ楽隊のぼんやり戦争

私をくいとめて

「勝手にふるえてろ」の綿矢りさ(原作)&大九明子(監督)コンビが再タッグ。30歳を越え、“おひとりさま”が板についた黒田みつ子。脳内にいるもう一人の自分“A”と平和な生活を満喫していた彼女はある日、年下の営業マン、多田くんに恋してしまう。出演は「星屑の町」ののん、「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」の林遣都。