気まぐれ天使(1948)

きまぐれてんし
上映日
1951年2月20日

製作国
アメリカ

ジャンル
戦争

ここが見どころ

「ジェニーの肖像」などで知られるロバート・ネイザンの小説を、「我等の生涯の最良の年」「レベッカ」のロバート・E・シャーウッドと、レオナルド・バーコヴィッチが協同脚色し、「星は輝く」「幸福の森」のヘンリー・コスターが監督した、サミュエル・ゴールドウィン・プロ1948年度作品。撮影は「嵐ケ丘」「西部の男」の故グレッグ・トーランド、音楽は「我等の生涯の最良の年」のヒューゴー・フリードホーファーが担当している。「夜も昼も」「僕は戦争花嫁」のケーリー・グラント、「星は輝く」のロレッタ・ヤング、「天国への階段」「最後の突撃」のデイヴィッド・ニーヴンの主役3人を助けて、「夜も昼も」のモンティ・ウーリー、「大時計」のエルザ・ランチェスター、「大地は怒る」のグラディス・クーパー、「毒薬と老嬢」のジェームズ・グリースン、「青春学園」のセーラ・ヘイドン、キャロライン・グリムスらが助演する他、ミッチェル少年聖歌隊が合唱場面に出演している。

「気まぐれ天使(1948)」のストーリー

新しく町へ任命されて来た司教ヘンリー・ブロームは、美しい妻ジュリアと1人娘のデビーとの3人暮らしで楽しい毎日を送っていた。町に新しい教会堂が建設されることになり、その基金募集が先ヘンリーに課せられた仕事となった。律儀だが気の弱い彼は、教区の顔役ハミルトン夫人を口説き落すだけでも手に余り、自然妻もなおざりにすれば、親友のワザリッジ教授にも不義理を重ねるという状態で、ついに彼は神に救いを求めた。その祈りに応えるように現われたのが不思議な人物ダドリーで、司祭のアシスタントとして、この男は超人的な手腕を振って当面の難題を次々にさばき始めた。人々はみなこの不思議な青年の魅力にひきつけられ、彼の現わす「奇蹟」に驚異と感謝の眼を見張ったが、中でも彼にすっかり心をうばわれたのは司教の妻ジュリアであった。ダドリーも、フランス料理へ招待したり、スケートに誘ったり、彼女には人一倍親切だったのである。ヘンリーは嫉妬のあまり、彼を解雇しようとした。しかしダドリーが、ワザリッジの眠っていた学問への情熱をわきたたせたり、難物のハミルトン夫人を苦もなく説得して基金に応募させたりするのをみては、ヘンリーも沈黙せざるを得なかった。かくて、ジュリアが完全に彼のとりこになりかけた時、ダドリーは彼女に言った。自分の行動はすべて、彼女に夫に対する愛を呼び覚まさせるためだった、自分が去ったら、地上の人は1人残らず自分のいたことなど記憶に残らないのだ、と。そしてその言葉通り、彼はクリスマス・イヴの夜12時の鐘の音と共に、永久にこの町から消えて言った。そのあと、司教夫妻は、なぜこのように自分たちは幸福なのかと、娘のベッドに置かれた天使の人形をみつめながらいぶかるのであった。

「気まぐれ天使(1948)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「気まぐれ天使(1948)」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1948
公開年月日 1951年2月20日
製作会社 サミュエル・ゴールドウィン映画
配給 大映
レイティング

「気まぐれ天使(1948)」のみんなのレビュー

「気まぐれ天使(1948)」のレビューを書く

「気まぐれ天使(1948)」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/3

安井昌二(2014)

小梅姐さん

「炭坑節」や「黒田節」など多くの民謡をヒットさせ、NHK紅白歌合戦でも美声を聞かせた芸者出身の歌手・赤坂小梅の生誕100周年を記念して製作されたドキュメンタリー。生まれ育った筑豊や芸者修行に励んだ北九州など彼女ゆかりの地を訪ね、数々の記録映像や関係者へのインタビューを交え、歌一筋に生きた彼女の生涯に迫る。監督は『ハイビジョンふるさと発~有明海に生きるカメラマンの物語~』などのドキュメンタリー番組を数多く手掛けた山本眸古。ナレーションを「悪名」の水谷八重子、作曲・音楽アドバイザーを「上方苦界草紙」の本條秀太郎が担当した。赤坂小梅。本名、向山コウメは明治39年(1906)年4月、福岡県川崎町に9人兄姉の末っ子として生まれる。16歳の時に自ら芸者を志し北九州の置屋「稲本」に。通常1年間の芸者修行を3ヶ月でこなし、1年で芸者デビュー、“梅若”を名乗る。昭和4(1929)年、九州一円の民謡研究のため小倉を訪れていた野口雨情、藤井清水らに認められ、レコードデビューを果たし、同6年に上京。同8年、コロムビアから発売した「ほんとにそうなら」が大ヒット。以来、端唄、舞踊小唄などを含め、多くの流行歌や民謡をレコーディングしヒットさせた。NHK紅白歌合戦にも4回出場、その豪放磊落な性格から多くの文化人や政・財界人などに愛され、大衆から支持された。酒豪でも知られ、恰幅のいい体型が特徴的だった彼女は昭和56(1981)年4月、75歳で引退。晩年は民謡の普及や福祉活動に勤しみ、平成4(1992)年1月17日死去。享年85歳であった。

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女

人の憎しみが生み出す蛇の呪いの恐怖を描いた中篇ホラー。監督は「恋する幼虫」の井口昇。楳図かずお原作の同名コミックを基に、「ホラ~番長 稀人」の小中千昭が脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「Last Quarter 下弦の月」の中村有沙と「TRICK  劇場版」の成海璃子。尚、本作は「楳図かずお恐怖劇場」の中で、「ねがい」と2本立公開された。楳図かずおデビュー50周年作品。