気まぐれ天使(1948)

きまぐれてんし
上映日
1951年2月20日

製作国
アメリカ

ジャンル
戦争

ここが見どころ

「ジェニーの肖像」などで知られるロバート・ネイザンの小説を、「我等の生涯の最良の年」「レベッカ」のロバート・E・シャーウッドと、レオナルド・バーコヴィッチが協同脚色し、「星は輝く」「幸福の森」のヘンリー・コスターが監督した、サミュエル・ゴールドウィン・プロ1948年度作品。撮影は「嵐ケ丘」「西部の男」の故グレッグ・トーランド、音楽は「我等の生涯の最良の年」のヒューゴー・フリードホーファーが担当している。「夜も昼も」「僕は戦争花嫁」のケーリー・グラント、「星は輝く」のロレッタ・ヤング、「天国への階段」「最後の突撃」のデイヴィッド・ニーヴンの主役3人を助けて、「夜も昼も」のモンティ・ウーリー、「大時計」のエルザ・ランチェスター、「大地は怒る」のグラディス・クーパー、「毒薬と老嬢」のジェームズ・グリースン、「青春学園」のセーラ・ヘイドン、キャロライン・グリムスらが助演する他、ミッチェル少年聖歌隊が合唱場面に出演している。

「気まぐれ天使(1948)」のストーリー

新しく町へ任命されて来た司教ヘンリー・ブロームは、美しい妻ジュリアと1人娘のデビーとの3人暮らしで楽しい毎日を送っていた。町に新しい教会堂が建設されることになり、その基金募集が先ヘンリーに課せられた仕事となった。律儀だが気の弱い彼は、教区の顔役ハミルトン夫人を口説き落すだけでも手に余り、自然妻もなおざりにすれば、親友のワザリッジ教授にも不義理を重ねるという状態で、ついに彼は神に救いを求めた。その祈りに応えるように現われたのが不思議な人物ダドリーで、司祭のアシスタントとして、この男は超人的な手腕を振って当面の難題を次々にさばき始めた。人々はみなこの不思議な青年の魅力にひきつけられ、彼の現わす「奇蹟」に驚異と感謝の眼を見張ったが、中でも彼にすっかり心をうばわれたのは司教の妻ジュリアであった。ダドリーも、フランス料理へ招待したり、スケートに誘ったり、彼女には人一倍親切だったのである。ヘンリーは嫉妬のあまり、彼を解雇しようとした。しかしダドリーが、ワザリッジの眠っていた学問への情熱をわきたたせたり、難物のハミルトン夫人を苦もなく説得して基金に応募させたりするのをみては、ヘンリーも沈黙せざるを得なかった。かくて、ジュリアが完全に彼のとりこになりかけた時、ダドリーは彼女に言った。自分の行動はすべて、彼女に夫に対する愛を呼び覚まさせるためだった、自分が去ったら、地上の人は1人残らず自分のいたことなど記憶に残らないのだ、と。そしてその言葉通り、彼はクリスマス・イヴの夜12時の鐘の音と共に、永久にこの町から消えて言った。そのあと、司教夫妻は、なぜこのように自分たちは幸福なのかと、娘のベッドに置かれた天使の人形をみつめながらいぶかるのであった。

「気まぐれ天使(1948)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「気まぐれ天使(1948)」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1948
公開年月日 1951年2月20日
製作会社 サミュエル・ゴールドウィン映画
配給 大映
レイティング

「気まぐれ天使(1948)」のみんなのレビュー

「気まぐれ天使(1948)」のレビューを書く

「気まぐれ天使(1948)」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。