危険な天使

きけんなてんし
上映日
1988年11月3日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

麻薬断絶に立ちあがるロサンゼルスの女性刑事の姿を描く。製作はレオナード・クロル、監督は「フライトナイト」のトム・ホランド、ビル・スヴァノーの原作を基にヒラリー・ヘンキン、ディーン・リーズナーが脚色、撮影は「うるさい女たち」のデイヴィッド・M・ウォルシュ、音楽は「ビバリーヒルズ・コップ2」のハロルド・フォルターメイヤーが担当。出演は「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」のウーピー・ゴールバーグ、「シェイクダウン」のサム・エリオットほか。

「危険な天使」のストーリー

ロサンゼルス市警の黒人女性刑事リタ(ウーピー・ゴールドバーグ)は、おとり捜査で麻薬の売人デルガディヨ(フレッド・アスパラガス)に接触を試みるが失敗、上司のケラーマン(ジョン・P・ライアン)から説教をうけているその時、中華街で事件発生の報が届く。リタは相棒のカール(ルーベン・ブラディス)とともに現場に直行し、そこで見たものはコカイン工場の惨状で、デルガディヨたちの無残な死体、そしてコカイン「危険な天使」が何者かによって盗まれた跡だった。通りの向かい側のクロール建設の車の中からクロール(ハリス・ユーリン)の部下チャーリー(リチャード・ミルホランド)の死体を見つけた彼女は、街にコカインを流しているのはクロールその人である、と直感する。しかし証拠もなく、街の大物にも顔のきく彼に接触するのは容易なことではない。そんな彼女を何かと助けるのは、クロール邸の警備主任でありながら、リタに好意を抱くマイク(サム・エリオット)であった。折から「危険な天使」による子供の死亡事件が相次ぎ、また続けざまに降りかかる災難に、ついにリタも傷をうけてしまう。意を決した彼女は、コカイン工場から「危険な天使」を奪ったレオ(ブラッド・ダリフ)一味とクロールとの麻薬の取引現場にカールとともに潜入するが、マイクから、レオとリタ達を殺すようにとのクロールの命を伝え聞いた瞬間、いきなり激しい銃撃戦が始まった……。

「危険な天使」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「危険な天使」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1987
公開年月日 1988年11月3日
製作会社 MGM作品
配給 UIP映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「危険な天使」のみんなのレビュー

「危険な天使」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。