黄色い老犬

きいろいろうけん
上映日
1959年3月18日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

フレッド・ジプソンの原作にもとづく、2人の少年と1頭の年老いた犬との愛情の物語。シナリオは原作者フレッド・ジプソンとウィリアム・ターンバーグが共同してあたり、監督は「宝島(1950)」のロバート・スティーヴンソン。撮影を「幌馬車隊西へ!」のチャールズ・P・ボイルが担当し、音楽オリヴァー・ウォーレス。出演するのは「友情ある説得」のドロシー・マクガイア、「幌馬車隊西へ!」のフェス・パーカーとジェフ・ヨーク、「大いなる西部」のチャック・コナーズ、トミー・カーク、ケヴィン・コーコラン、ヴィヴァリー・ワシュバーン等。他に老犬スパイク号が重要な役をうけもっている。総指揮ウォルト・ディズニー。テクニカラー・スタンダードサイズ。1957年作品。

「黄色い老犬」のストーリー

南北戦争直後のテキサス--コーツ一家では父のジム(フェス・パーカー)がカンサスへ牛追いに旅立った。後に残ったのは母のケイティ(ドロシー・マクガイア)とトラビス(トミー・カーク)、アーリス(ケヴィン・コーコラン)の兄弟だった。ある日、黄色い老犬が現われて畑を荒した。怒ったトラビスは犬を追い出した。ケイティは遊び相手のいないアーリスのために、この犬を飼うことにした。茂みでアーリスは子熊をみつけた。そこに親熊が現われたが、老犬の活躍でアーリスを救った。トラビスは老犬イエラーを見直した。村のバット老人は怠け者だ。孫娘のリスベスと一緒に、食事時になるとよくコーツ家を訪れた。トラビスはイエラーが村の家々から食料品を盗んでいることを知った。リスベスは彼女が飼っているメス犬のプリッイが仔犬を生み、その父親がイエラーであるのを知っていた。イエラーは暴れ牛をこらしめたりし、コーツ家にはなくてはならぬ存在となった。ある日、バーンという牧童がやって来た。彼は行方不明になった犬を探していた。イエラーはバーンの犬だった。しかしバーンはアーリスの悲しそうな顔をみて、イエラーを残していくことにした。帰る時、バーンはトラビスに、恐水病が流行しているから注意するようにいい残した。翌日、トラビスはイエラーと猪狩りに出かけた。トラビスは水の上から猪の群の中に落ち、イエラーに救われた。イエラーも怪我をしたが、やがて回復した。バーンがいった恐水病は、コーツ家の牛にも伝染した。恐水病にかかった狼がケイティに襲いかかった。今度もイエラーの活躍で難を逃れた。が、イエラーも傷つき、それが原因で恐水病にかかった。イエラーは凶暴な野獣となった。トラビスは泣きながら老犬を射殺した。長い旅を終えた父ジムが戻って来た。話を聞いてジムはトラビスをなぐさめた。苦しいことを乗り越えてこそ本当の男だと。リスベスが連れて来た仔犬はイエラーにそっくりだった。アーリスは子犬と元気に野原を駈けまわるのだった。

「黄色い老犬」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「黄色い老犬」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1957
公開年月日 1959年3月18日
製作会社 ウォルト・デイズニー映画
配給 大映
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「黄色い老犬」のみんなのレビュー

「黄色い老犬」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/2

ダニエル・クレイグ(1968)

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のライアン・ジョンソンのもと豪華キャストが集結したミステリー。富豪作家のハーランが誕生会の翌日、遺体となって発見された。屋敷にいた全員に容疑がかかる中、匿名の人物から依頼を受けた名探偵ブノワは真相を探る。謎に迫る探偵ブノワ・ブランを「007」シリーズのダニエル・クレイグが、一族の問題児ランサム・ドライズデールを「キャプテン・アメリカ」シリーズのクリス・エヴァンスが演じるなど、オールスターキャストで事件の謎を描いていく。第77回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門作品賞・主演男優賞(ダニエル・クレイグ)・主演女優賞(アナ・デ・アルマス)ノミネート。

マイ・サンシャイン

ロサンゼルス暴動に巻き込まれた家族を描くドラマ。1992年、LAサウスセントラル。家族と暮らせない子どもたちを育てているミリーと、彼女たちを見守る隣人オビー。ある日、黒人が犠牲になった事件に対し不当な判決が出たことから、LAで暴動が始まる。監督は、「裸足の季節」のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェン。出演は、「チョコレート」のハル・ベリー、「007」シリーズのダニエル・クレイグ。

「黄色い老犬」を観ているあなたにおすすめの映画