キートンの決死隊

きーとんのけっしたい Doughboys
上映日
1931年4月1日

製作国
アメリカ

上映時間
79分

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

「キートンの結婚狂」「キートンのエキストラ」に次ぐバスター・キートンの主演映画である。「スポーツ王国」のアル・ボースバーグとシドニー・ラザラス合作のストーリーを「エキストラ」と同じくリチャード・スカイヤーが脚色し、ボースバーグ、スカイヤー両氏が台詞を書き、「エキストラ」「キートンの結婚狂」のエドワード・セジヴィックが監督にあたった。助演者は「愉快な相棒」のサリー・アイラース、「有頂天時代(1930)」のクリフ・エドワーズ、「エキストラ」「キートンの結婚狂」のエドワード・ブロフィー、ヴィクター・ポーテル、フランク・メイオ等。カメラはウィリアム・リーヴァンウェイの担任である。

「キートンの決死隊」のストーリー

金持ちのエルマーは百貨店に働いているメリーという美しい娘を恋してたびたび彼女に言い寄ったが、いつも拒られていた。ちょうどその頃、アメリカはヨーロッパ戦争に参加し、国民は異常な興奮にかられていたしかしエルマーはそんな事よりもメリーの事で胸が一杯だった。街頭では美しい娘達が義勇兵募集に声をからしていた。お抱えの運転手がこの募集に応じてしまったのでエルマーは失業救済所へ人を求めに訪れた。ところがそこはいつの間にか入隊申込書と変わっていたので珍問答の末、彼は遂に軍服を着せられてしまう。訓練所に回されたが、根がおめでたくできている彼は種々珍事をひき起こす。ことに頑固一徹なプロフィー軍曹とは絶えず互いに悩まし悩まされ続けた。彼は偶然メリーが軍隊に働いているのを発見し狂喜した。彼女もまた彼は一兵卒として下から叩き挙げる意気と健気さを讃えた。ある夜、彼は秘かにキャンプを抜け出して彼女に会いに行った。同じ思いのプロフィー軍曹と顔を合わせたが、エルマーの女がメリーとは軍曹も知らなかった。2人が彼女の家の前にきた時、軍曹も初めてそれと知ったが、メリーはエルマーのためを思いこんな男と会ったこともないと突っぱね、軍曹にも今後私の所へきたら上官に報告すると脅して帰した。その後、間もなくメリーとエルマーは同じ運輸船で出征することになり、彼女はエルマーに心情を打ち明けようと思ったが、機会がなく彼が戦線に出て番兵を命ぜられた時、図らずも再会した。彼は彼女から本心を聞かされ喜びのあまりユカレレを奏して同僚の安眠を妨げたので窓から突き落とされ、迷ってある農家の娘の寝室に飛び込んだ。これですっかりメリーの信用を失ってしまった。同僚のネスコペックは彼が沈んでいるので彼女に合わせてやろうと兵士慰安会に出演させた。だがその開演中突如来襲した敵方飛行機の爆弾投下で開場はメチャメチャとなった。恋を失ったエルマーはついに奮起し、戦死の覚悟で敵陣に乗り込んだ。種々失敗を演じつつも敵の塹壕内に転げ込んだ時、相会したのが彼の以前の使用人グスタフで、彼らが食料を断たれて困っているのをきき、エルマーは食料を届ける約束をして味方の陣地に引きあげた。その際、何心なく机上にあった地図をもって帰ったのが大手柄となり、功によって休暇をもらう。彼は意気揚々と戦線からキャンプに戻って行った。が途中またも敵機が飛来し逃げまどう折り、メリーを発見しとまどいして敵の陣地へまた飛びこむ。俄に喚声起こって2人の心臓を寒からしめるが、よく聞けば休戦条約締結と知れた。戦争を終えて帰国したエルマーは会社の社長として軍隊でいじめられた上官たちを使用してただ得意であった。そしてメリーはエルマー夫人として良人を助けることとなった。

「キートンの決死隊」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「キートンの決死隊」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1930
公開年月日 1931年4月1日
上映時間 79分
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM支社
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダ-ド
音量 モノラル

「キートンの決死隊」のみんなのレビュー

「キートンの決死隊」のレビューを書く

「キートンの決死隊」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/1

エリカ・リバス(1974)

人生スイッチ

アルゼンチンで国内年間ランキング1位を獲得したオムニバス形式のブラック・コメディ。製作は、「オール・アバウト・マイ・マザー」のペドロ・アルモドバル。出演は、「瞳の奥の秘密」のリカルド・ダリン。第87回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート、第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。
ヴェイッコ・アールトネン(1955)

罪と罰(1983)

殺人を犯した青年の行動を乾いたタッチで描く作品。「白い花びら」のアキ・カウリスマキ、監督長編第1作。原作はロシアの文豪、ドストエフスキーの同名小説。出演はマルチ俳優として活躍するマルック・トイッカ、「愛しのタチアナ」までカウリスマキ作品の顔だったマッティ・ペロンパー、カウリスマキ作品の常連名脇役であるエスコ・ニッカリほか。1983年第1回フィンランド・ユッシ賞最優秀処女作品、最優秀脚本賞受賞。

ラヴィ・ド・ボエーム

パリを舞台に、3人の芸術家のボヘミアン生活を描く。監督・製作・脚本は「コントラクト・キラー」のアキ・カウリスマキ、原作はアンリ・ミュルジェールの小説『ボヘミアン生活の情景』(Scenes de la vie de boheme)、撮影はティモ・サルミネンが担当、音楽はセルジュ・レジアニが歌う「僕は飲む」、しのはらとしたけが歌う「雪の降る町を」などの既成曲を使用している。

NEW今日命日の映画人 12/1

シェリー・モリソン(2019)

無邪気な悪魔におもちゃが8つ

子供によって行われるショッキングな殺戮を描いたホラー。感化院の車が雪山で事故に遭い、護送されていた5人の問題児たちが脱走する。ロッジで冬を楽しく過ごそうとしていた大人たちに保護されるが、子供たちは彼らを残酷な方法で殺し始め…。【スタッフ&キャスト】監督:ショーン・マグレガー 脚本:ジョン・ダーレン 撮影:ポール・ヒップ/マイケル・シェア 出演:レイフ・ギャレット/ソレル・ブーク/ジーン・エヴァンス/シェリー・モリソン

愛のそよ風

『チェンジリング』のクリント・イーストウッドが初めて監督業だけに専念して制作したドラマ。不動産業を営む裕福な中年・フランクは、ある日ヒッピー風の少女・ブリージーと出会う。初めは自由に生きる彼女に苛立ちを覚えていたがフランクだったが…。【スタッフ&キャスト】監督:クリント・イーストウッド 製作:ロバート・デイリー 脚本:ジョー・ハイムズ 撮影:フランク・スタンリー 出演:ウィリアム・ホールデン/ケイ・レンツ/ロジャー・C・カーメル/シェリー・モリソン
マイケル・ライ(2019)

ルージュ(1987)

恋人を探すために現世へ戻ってきた美貌の幽霊の激しくも切ない恋を描くロマンチック・ファンタジー。監督はスタンリー・クワン。出演は、レスリー・チャン、アニタ・ムイ、アレックス・マンほか。2013年3月30日より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催された「レスリー・チャン メモリアル」にてデジタル上映。

九龍の眼

悪質な爆弾犯人たちを追いつめる香港警察の刑事チェンの活躍を描くアクション。「ポリス・ストーリー 香港国際警察」の続篇で、監督・主演・原案・スタント監修は「サイクロンZ」のジャッキー・チェン(成龍)、製作総指揮はレイモンド・チョウ(鄒文懐)とレナード・ホウ(何冠昌)、製作はエドワード・タン、脚本はエドワード・タンとジャッキー・チェン、撮影はチョウ・イウゾウ(張耀祖)とリー・ヤウトン(李有棠)、音楽はマイケル・ライ(黎小田)が担当。出演はほかに「ポリス・ストーリー 香港国際警察」のマギー・チャン(張曼玉)、「プロジェクトA2 史上最大の標的」のタン・ピョウ(董驃)、「サイクロンZ」のクリスタル・コオ(郭錦恩)など。ビデオタイトル「ポリス・ストーリー2 九龍の眼」。