赤毛のめすカマキリ

あかげのめすかまきり
上映日
1970年12月2日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

LSDを飲まされた美人ダンサーの殺人行脚を描く。製作はヘンリー・H・ノバックと脚本も兼ねるサンフォード・ホワイト、監督はウィリアム・ロッラー、撮影はレスリー・コヴァック、音楽ビック・ランスがそれぞれ担当。出演は新人スーザン・スチュアート、スティーヴ・ビンセント、M・H・エバンス、ヴィク・ランスなど。イーストマンカラー、ビスタサイズ。1969年作品。

「赤毛のめすカマキリ」のストーリー

ゴーゴー酒場でトップレス・ダンサーをしている若い美女ライラ(スーザン・スチュアート)は虫も殺さぬ顔に似合わず、男なしではいられぬ性分で、閉店になると客を誘って父の持ち物の倉庫へしけ込むのであった。ある晩、ライラはタイガー(ヴィク・ランス)というヒッピー族を連れ込んだ。彼はライラに一錠のLSDを飲ませた。幻覚剤の強烈な作用はライラを狂わせ、タイガーの背中にネジ回しを突き立てた。死体をナタでバラバラにしてダンボール箱に詰め空き地に棄てた。翌晩の相手、精神分析医からの薬も同じ結果を生んでしまった。警察が2人の死体から男の犯行とにらみ、コリンズ(スティーヴ・ビンセント)とライアン(M・H・エバンズ)の2人の刑事が調査に当たった。手掛かりはまったくなく、次の犠牲者のトラックの運転手が見つかった。ようやく犯行現場が古倉庫であることをつきとめ、潜んでいると、ライラがLSDを飲み、男を連れて入ってきた。男が持っていたピストルを棚の上に置くと、ライラには巨大な昆虫に見え、手に取ろうとすると、男が奪い返した。それを見て、2人の刑事は男を射殺した。ライラはナタを振り上げて男の死体を切り刻もうとした。それを見て刑事は真犯人を知り、罪のない男を射ったことに気づいた。荒れ狂うライラをやっと取り押さえ、2人の刑事はLSDの恐ろしさに身震いするのだった。(松竹配給*1時間28分)

「赤毛のめすカマキリ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「赤毛のめすカマキリ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1969
公開年月日 1970年12月2日
製作会社 ボックス・オフィス・インターナショナル・プロ作品
配給 松竹
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「赤毛のめすカマキリ」のみんなのレビュー

「赤毛のめすカマキリ」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/8

和久井映見(1970)

さんかく窓の外側は夜

ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。

小説の神様 君としか描けない物語

相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
稲垣吾郎(1973)

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

NEW今日命日の映画人 12/8

該当する人物がいません