キューリー夫人

きゅーりーふじん Madame Curie
上映日
1946年2月28日

製作国
アメリカ

ジャンル
伝記

ここが見どころ

ラジウムの発見者たるキューリー夫人の伝記は、夫人の娘イヴ・キューリーによって出版され、既に我国にも邦訳があるが、この映画はその伝記に基づいてポール・オスボーンとポール・H・ラモウの2人が脚色し、マーヴィン・ルローイが監督に当たったものである。主役は未紹介の「ミニヴァー夫人」「さよならチップスさん」「泥中の花」等に主演したグリア・ガースン、「ミニヴァー夫人」「泥中の花」等に主演したウオルター・ビジョンで、ラジオから映画入りをしたロバート・ウォーカーが初主演するほかアルバート・バッサーマン、C・オープリー・スミス、ヴィクター・フランサン等のヴェテラン及び、最近M・G・M映画で、名子役として売出しているマーガレット・オブライエンが出演する。珍らしいことには「さよならチップスさん」「失はれた地平線」等の著者たるジェームズ・ヒルトンが映画中で説明をする。カメラは老練ジョセフ・ルッテンバーグ。

「キューリー夫人」のストーリー

パリ・ソルボンヌ大学のペロー教授の講義をきく学生の中にマリー・スクロドウスカというポーランドの女学生がいた。彼女は物理学と数学を研究していたが、教授は彼女に鋼鉄の磁性を専攻するように勧め、実験室として物理化学部のピエール・キューリーの実験室の使用を斡旋した。教授は2人を紹介するため自宅に招いた。内気なピエールは相手が女であることを知って困ったが、しばらくするうち彼女の明敏な頭脳を尊敬するようになった。1日マリーとピエールはアンリ・バックレル教授の実験室に招かれ、不思議な現象を参観する。それは為真乾板の上に鍵を乗せ、その上にれき青ウラン(ピッチブレンド)を置くと乾板が鍵の影像を感光するのである。何か新しい光線がれき青ウランの中に含まれているに違いない。しかしマリーとピエールとは自分たちの研究があるので、この現象の研究に没頭することは出来なかったが、2人とも常にこの現象を考え続けるのであった。マリーの卒業が近づいた。卒業すれば彼女はポーランドへ帰るのである。ピエールは極力マリーにパリで留まることを勧めるが、彼女が帰国の決心を覆えさないので、最後の数日を田舎に住む自分の両親の許で送るように勧める。ここでピエールは勇を決してマリーに結婚を申し込み、彼女の承諾を得る。2人は自転車で新婚旅行に出発し、楽しい幾日かを過ごしたが、語ることはいつもれき青ウランのふうしぎな力についてであった。ついに2人はその研究に専心することを決心した。2人の研究は辛かった。しかし協力してあらゆる困難と戦い、着々研究は進められた。ついに2人は新元素の存在を確信するに至った。しかし大学当局は2人の研究に費用を出すことを拒み、2人が実験室として与えられたのは見すぼらしい掘立小屋であった。彼らはこの小屋に立て篭って日夜を分かたぬ実験に没頭し、数ヵ月の後、ついにラジウムの分離に成功したのである。かくしてキューリー夫妻は一躍世界に名を馳せることになった。この発見を独占企業化すればあらゆる富は彼らの物になる所であった。しかし彼らは富貴を好まず、ラジウムを無料で世界に送った。彼らはお互いを持っている。この上何が欲しかろう。大学は素晴らしい実験室を夫妻のために建てた。その落成当日、盛大な式典の後で、実験室は夫妻に捧げられることになっていた。その日は雨が降っていたが、ピエールは愛妻が晴れの式典につけるための耳飾りを買いに外出した。帰宅の途中彼は滑る歩道に足を奪われ、荷馬車にひかれて不慮に死を遂げてしまった。彼女が人生から求めるすべてを失ったマリーは、しかしピエールと共に始めた研究を単身雄々しくも続けるのであった。

「キューリー夫人」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「キューリー夫人」のスペック

基本情報
ジャンル 伝記
製作国 アメリカ
製作年 1943
公開年月日 1946年2月28日
製作会社 M・G・M映画
配給 セントラル・フィルム・エキスチェンジ
レイティング

「キューリー夫人」のみんなのレビュー

「キューリー夫人」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/3

安井昌二(2014)

小梅姐さん

「炭坑節」や「黒田節」など多くの民謡をヒットさせ、NHK紅白歌合戦でも美声を聞かせた芸者出身の歌手・赤坂小梅の生誕100周年を記念して製作されたドキュメンタリー。生まれ育った筑豊や芸者修行に励んだ北九州など彼女ゆかりの地を訪ね、数々の記録映像や関係者へのインタビューを交え、歌一筋に生きた彼女の生涯に迫る。監督は『ハイビジョンふるさと発~有明海に生きるカメラマンの物語~』などのドキュメンタリー番組を数多く手掛けた山本眸古。ナレーションを「悪名」の水谷八重子、作曲・音楽アドバイザーを「上方苦界草紙」の本條秀太郎が担当した。赤坂小梅。本名、向山コウメは明治39年(1906)年4月、福岡県川崎町に9人兄姉の末っ子として生まれる。16歳の時に自ら芸者を志し北九州の置屋「稲本」に。通常1年間の芸者修行を3ヶ月でこなし、1年で芸者デビュー、“梅若”を名乗る。昭和4(1929)年、九州一円の民謡研究のため小倉を訪れていた野口雨情、藤井清水らに認められ、レコードデビューを果たし、同6年に上京。同8年、コロムビアから発売した「ほんとにそうなら」が大ヒット。以来、端唄、舞踊小唄などを含め、多くの流行歌や民謡をレコーディングしヒットさせた。NHK紅白歌合戦にも4回出場、その豪放磊落な性格から多くの文化人や政・財界人などに愛され、大衆から支持された。酒豪でも知られ、恰幅のいい体型が特徴的だった彼女は昭和56(1981)年4月、75歳で引退。晩年は民謡の普及や福祉活動に勤しみ、平成4(1992)年1月17日死去。享年85歳であった。

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女

人の憎しみが生み出す蛇の呪いの恐怖を描いた中篇ホラー。監督は「恋する幼虫」の井口昇。楳図かずお原作の同名コミックを基に、「ホラ~番長 稀人」の小中千昭が脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「Last Quarter 下弦の月」の中村有沙と「TRICK  劇場版」の成海璃子。尚、本作は「楳図かずお恐怖劇場」の中で、「ねがい」と2本立公開された。楳図かずおデビュー50周年作品。

「キューリー夫人」を観ているあなたにおすすめの映画