キャット・ダンシング

きゃっとだんしんぐ
上映日
1974年2月23日

製作国
アメリカ

ジャンル
ラブロマンス

ここが見どころ

1880年代のアメリカ西部、ワイオミングを舞台に列車強盗団のリーダーと、偶然その場を通り合わせて彼らのとりこにされた女との深く激しい愛を描く。製作はマーティン・ポールとエレノア・ペリー、監督は「ロリ・マドンナ戦争」のリチャード・C・サラフィアン、脚本は「去年の夏」のエレノア・ペリー、原作は無名の主婦マリリン・ダーラムが初めて書き下ろした同名小説、撮影はハリー・ストラドリング・ジュニア、音楽はジョン・ウィリアムス(2)、編集はトム・ロルフが各々担当。出演はバート・レイノルズ、サラ・マイルズ、リー・J・コッブ、ジャック・ウォーデン、ジョージ・ハミルトン、ボー・ホプキンス、ロバート・ドナー、サンディ・ケヴィンなど。

「キャット・ダンシング」のストーリー

東部生まれのキャサリン(サラ・マイルズ)は、鉱山技師の夫ウィラード・クロッカー(ジョージ・ハミルトン)に愛想がつき、別れる決心をして馬で家を出た。荒野を横切って駅に出、そこから鉄道で東部に帰るつもりだったが、途中ではからずも列車強盗事件に巻き込まれた。強盗は、退役大尉ジェイ・グロスバード(バート・レイノルズ)をリーダーとする、インディアンのチャーリー、ドーズ(ジャック・ウォーデン)、ビリー(ボー・ホプキンス)の4人組だった。ジェイは、10年前、最愛のインディアン妻キャット・ダンシングを犯した男を射殺して逮捕され、その際、不倫の女と誤解して妻をも殺してしまった。心から愛していただけに、10年の刑期を終えて出獄した今でも、彼の心はさいなまれていた。列車強盗も、妻の種族に育てられている2人の子どもを引きとる資金欲しさの荒仕事だった。襲撃は計画通りに運んだが、キャサリンの出現が計算外で、恐怖で転倒する彼女を無理矢理連れ去った。一方、金を奪われた運輸会社の支配人ハーベイ(リー・J・コッブ)は、ジェイの仕業とにらみ、キャサリンを追ってきたウィラードらと共に、その後を追うことにした。その頃、ジェイ一行は無人小屋で一夜を過ごすことになったが、ジェイが情報集めに小屋を出た留守中、4人のインディアンに襲われ、チャーリーとビリーが殺されて、ドーズはいち早く分け前の金袋を持って姿をくらました。さいわい、キャサリンだけは戻ってきたジェイに救われた。2人だけの旅が続いた。キャサリンにはもう、囚われものという気持ちはなく、むしろ楽しい旅だった。ジェイは過去を話したがらなかったが、ショーショーニ・インディアンと一緒に暮らす自分の子どもたちを捜していることは彼女にも分かっていた。ゴースト・タウンに泊まった夜、2人は愛し合った。リトル・ウィンド川のほとりで一夜を明かした夜、ショーショーニ族の戦士たちに発見された。2人は酋長の所へ連れて行かれ、酋長のはからいで、ジェイの子どもの面倒を見ているキャット・ダンシングの兄アイアン・ナイフに引き合わされた。しかし、ジェイの願いも空しく、妹を殺したことに反感を抱いていた彼は拒否し、息子のジョニーも集落を出ることを承知しなかった。翌朝、ジェイはひとり去って行った。やがて、追手もインデイアン集落に到着し、ウィラードはジェイに対するキャサリンの気持ちを知り、彼女を殴りつけた。見かねたジョニーは彼女を連れ出し、父の後を追った。一方、キャサリンがいなくなったことを知ったウィラードも、その後を追った。翌朝、夜を明かした洞窟を出たジェイは、ウィラードに発見され連続銃で撃たれ、倒れた。悲しみと怒りで泣き叫びながら、ジェイの拳銃を抜き取り、斜面を登ってくるウィラードを狙い撃った。しかし、幸いなことにジェイは傷を負っただけで死んではいなかった。

「キャット・ダンシング」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「キャット・ダンシング」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1973
公開年月日 1974年2月23日
製作会社 MGM映画作品
配給 メトロ映画
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「キャット・ダンシング」のみんなのレビュー

「キャット・ダンシング」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/13

キャンディス・アッコラ(1987)

デッドガール(2008)

学生たちが、廃墟となった病院に裸のまま繋がれていたいくら嬲っても死なない女に、凌辱を加える猟奇的なスリラー。2008年トロント国際映画祭などの映画祭で上映され、あまりにも異常な狂気が物議を醸した。監督は「チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと」(未)のマルセル・サーミエント。さえない学生を「赤ずきん」のシャイロー・フェルナンデスが、さえない学生が思いを寄せる女子を「オン・ザ・ドール」(未)のキャンディス・アッコラが、何をされても死なない女を本作が映画デビュー作となったジェニー・スペインが、女が死なないのをいいことに好き放題し次第に狂気に陥っていく友人を「LOOPER/ルーパー」のノア・セガンが演じる。
シオバン・ファロン(1961)

ホワッツ・イン・ザ・シェッド

「ブラッドナイト」のフランク・サバテラ監督によるホラー。スタンの家にある小屋から怪しげな声が聞こえてくるようになり、不審者を追い出そうと小屋の中に入った者が次々に八つ裂きに。友人のドマーは、これで嫌な奴らに仕返しができると言い出すが……。出演は「X-DAY 黙示録」のジェイ・ジェイ・ウォーレンほか。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハウス・ジャック・ビルト

第71回カンヌ国際映画祭に出品され、過激な描写で物議を醸したラース・フォン・トリアーの問題作。1970年代のワシントン州。建築家を志す独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように、殺人に没頭するようになる……。出演は「マイ・ライフ・メモリー」のマット・ディロン、「エレニの帰郷」のブルーノ・ガンツ、「ニンフォマニアック Vol.1」のユマ・サーマン。

NEW今日命日の映画人 5/13

ドリス・デイ(2019)

ニューヨークの大停電

クロード・マグニアの舞台劇を、この映画製作者で「マーメイド作戦」のエヴェレット・フリーマンと「ベン・ハー(1959)」のカール・タンバーグが脚色、「恐怖の蝋人形」のハイ・アヴァーバックが監督したコメディ。撮影は「レッド・リバーのガンマン」のエルスワース・フレデリックスのニューヨーク・ロケ、音楽は「卒業」のデーヴ・グルーシンが担当した。出演は「おしゃれスパイ危機連発」のドリス・デイ、「プレイラブ48章」のロバート・モース、「大進撃」のテリー・トーマス、「アルバレス・ケリー」のパトリック・オニールほか。製作は、脚本担当のエヴェレット・フリーマンとマーティン・メルチャー。

おしゃれスパイ危機連発

「独身アパート」のフランク・タシュリンとジェイ・ジェイソンが脚本を書き、タシュリンが監督したコメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「飛べ! フェニックス」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「ただいま熱愛中」のドリス・デイ、「ハワイ」のリチャード・ハリス、「ねえ!キスしてよ」のレイ・ウォルストン、「アパートの鍵貸します」のジャック・クラシェンほか。製作はアーロン・ローゼンバーグとマーティン・メルチャー。

「キャット・ダンシング」を観ているあなたにおすすめの映画