歓楽地獄(1923)

かんらくじごく
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ブランシュ・アプライト女史原作の小説「満足の谷」に基づき、A・P・ヤンガー氏が脚色し、「狂乱の荒鷲」に続く、レジナルド・バーカー氏監督作品である。主役は「謎の良人」「パリの暗影」等出演のハントリー・ゴートン氏、「狂乱の荒鷲」のメアリー・アルデン嬢、「奔流恋を乗せて」「縺れ行く情火」等のノーマ・シアラー嬢等である。

「歓楽地獄(1923)」のストーリー

ヒュー・ベントンは妻のマージョリーとの間にエリナーとホワードの二人の子供があり、貧しいながら幸福な生活を送っていた。十年苦心の末ヒューは遂に成功して、ニューヨークへ出て堂々たる邸宅へ住む身となったが、急に変った境遇の変化は、彼らの生活を根本的に変えてしまい、ヒューも子供達二人も共に華かな灯に憧れて家を外に歓楽を追っていた。一人母のマージョリーのみが寂しく家に残される夜が多かった。エリナーはジェラルディンという美しい未亡人に感化され、母と争うことが多かったが、父のヒューはジェラルディンに魅せられていた。エリナーはデムプルトンという若者に恋された。マージョリーは夫がジェラルディンに余り近づき過ぎるので、ジェラルディンを責めたが、ヒューは却つてこれを憤って離婚しようとした。その夜テムプルトンの邸で宴会が開かれ、エリナーが出席したが、ヒューもジェラルディンに誘われて出席し、娘がテムプルトンに挑まれている室へ飛込んで彼を斃した。急を聞いて馳けつけたマージョリーは夫と娘を快く許して我家へ帰る。テムプルトンは重傷でなかったためヒューは捕えられずに済み、一家は田舎へ帰って昔通りの平和な生活に入ることになった。

「歓楽地獄(1923)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「歓楽地獄(1923)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1923
製作会社 メトロ映画
配給 松竹キネマ
レイティング

「歓楽地獄(1923)」のみんなのレビュー

「歓楽地獄(1923)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。

「歓楽地獄(1923)」を観ているあなたにおすすめの映画