彼の子の母

かれのこのはは
製作国
アメリカ

ジャンル
社会派

ここが見どころ

バーバラ・ル・マール・ディーリーの原作を、チャールズ・ウィルソンが脚色し、エドワード・ルサンが監督した社会劇で、主役は「天国への道」「乱入者」など出演のグラディス・ブロックウェルで、相手はウィリアム・スコット、ナイジェル・ド・ブルリエらである。
バーバラ・ル・マール・ディーリーの原作を、チャールズ・ウィルソンが脚色し、エドワード・ルサンが監督した社会劇で、主役は「天国への道」「乱入者」など出演のグラディス・ブロックウェルで、相手はウィリアム・スコット、ナイジェル・ド・ブルリエらである。

「彼の子の母」のストーリー

東方の国からパリへ来ている美しいイヴ公爵夫人は、米国の青年彫刻家リチャード・アーノルドの魂を魅し去った。アーノルドは彫刻「彼の子の母」を展覧会へ出品して1等賞を得た。そして夫人の誘惑をしりぞけるべく、本能的に妻を米国から呼び寄せようとしたが、不幸にも妻ビートリスは船中で死んでしまう。2人の子供は船会社の手でパリの彼の元へ届けられる。しかしこの時アーノルドはぬれぎぬで投獄されており、2人の子供は公爵夫人が引き取った。そして夫人は次第に女らしい性質に浄化され、アーノルドが出獄して来た時は、全然異った性格の女が彼を待っていた。

「彼の子の母」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「彼の子の母」のスペック

基本情報
ジャンル 社会派
製作国 アメリカ
製作年 1920
製作会社 フォックス映画
配給 松竹輸入
レイティング

「彼の子の母」のみんなのレビュー

「彼の子の母」のレビューを書く