壁の穴(1929)

かべのあな
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「ハリウッドのエキストラの死」「ゼロの恋」等の短編映画を作って名を挙げたフランス人ロベール・フローリー氏が監督した発声映画でフレデリック・J・ジャクソン氏作の舞台劇を「三日伯爵」「姫君と給仕」のピエール・コリングス氏がアダプトした。主役は「力漕一艇身」に出演した舞台女優クローデット・コルベール嬢と舞台俳優エドワード・G・ロビンソン氏が勤め、助演者もほとんど舞台俳優のみでデイヴィッド・ニュウェル氏、ドナルド・ミーク氏、パリー・マッカラム氏、ルイズ・クロッサー・ヘイル嬢及び子役マーシア・カグノ嬢が主要な役を演じている。撮影は「狂言成金」「手紙」のジョージ・フォルシー氏担当。

「壁の穴(1929)」のストーリー

偽物の交霊術師マダム・ミステラを看板にして詐欺と窃盗を働いている悪漢団が巧みに警察の眼をくらませて悪事を続けていたがある時高架鉄道の脱線墜落の大惨事が起ってマダム・ミステラが惨死して了ったので、頭梁の「狐」は仲間のグーフィー等と鳩首して前後策を案じていた。そこへ刑務所を出て来た娘のジーン・オリヴァーが訪ねて来たので、「狐」は彼女を口説いてミステラの身代りとなることを勧めた。ジーンは1つの条件、ラムゼー夫人に復讐するのを援助することを約束させて「狐」の申出を承諾した。ジーンは富豪ラムゼー家に秘書として働いていた時、その息子に恋せられたために、息子の夢を覚ますという目的のラムゼー夫人はジーンに窃盗の嫌疑を被せた。ジーンはゴードン・グラントという幼馴染みの恋人があること、ラムゼーの息子とは無関係であること、窃盗を犯した覚えはないことを主張したが、ラムゼー家の勢力は法律をして隊に無辜の処女を懲役4年の刑に処せしめたのであった。出獄したジーンは泥棒となってラムゼー夫人に復讐しようと決心し、夫人の孫娘マーシアを誘拐して泥棒に仕込む計画を樹てたのであった。警察はこの誘拐事件に見込が立たず新聞の攻撃の的となったが、青年記者グラントは出獄後行方不明となったジーンが高架鉄道惨事者の犠牲者と記録されているのに不審を抱くと共にラムゼー夫人の許に来た誘拐者からの手紙の文句によってマダム・ミステラを怪しみ警察隊と共にミステラの住居を襲った。ジーンや「狐」は捕えられたが、ジーンを愛している「狐」はジーンを罰せぬこととラムゼー夫人がジーンに濡衣を着せたことを承認することを交換条件としてマーシアの居所を告げたので、ジーンは青天白日の身となり恋人のゴードン・グラントと抱き合うことが出来た。

「壁の穴(1929)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「壁の穴(1929)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「壁の穴(1929)」のみんなのレビュー

「壁の穴(1929)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません