女子大生の告白 赤い誘惑者

じょしだいせいのこくはくあかいゆうわくしゃ
上映日
1980年4月12日

製作国
日本

上映時間
69分

ジャンル
エロス

ここが見どころ

キャンパスライフにあきたらず、ホステス、ストリッパーなどのバイトを通じて現実社会を学ぶ女子大生の姿を描く。和歌山大学の現役女子大生紀ノ山涼子が脚本を書き、主演して話題を呼んだもので、監督は「宇能鴻一郎のあつく湿って」の加藤彰、撮影は「果てしなき絶頂」の荻原憲治がそれぞれ担当。

「女子大生の告白 赤い誘惑者」のストーリー

女子大生の春子は、平穏な学生生活にあきたらず、夜は高級クラブのホステスのアルバイト、大学教授の松村というパトロンもいた。さらに視野を広げようと、ホステスをやめて、ストリッパーを始める。そんな時、春子は、松村の教え子で作家の大谷と知り合った。やがて二人は同棲生活を始める。昼はストリップの人気ダンサー、夜は大谷と激しく情事に燃える春子だった。そして、踊り子たちとの交流で、実社会の様々な面を学んでいく。それは無味乾燥なキャンパスライフでは得られないものだ。ある日、春子は大谷の書いた原稿を見た。老女殺人計画を描いたその原稿は、妙な生々しさがあり、春子は大谷の真意を探ろうとした。大谷の原稿は書き上がっていく。すなわち決行の日が近いということだ。そして、小説が完成したとき、春子は大谷の部屋を訪れた。そこには老婆の死体が……。春子に小説の最後のシーンが目に浮んだ。斧をふりあげ恐しい目つきの大谷。その老婆は、大谷の童貞を奪った伯母で、以来、彼女は若い肉体にとりついて、関係を続けたという。その情事で大谷の人格が作られた。大谷はその束縛からの脱出を考え、それを実行したのだった。

「女子大生の告白 赤い誘惑者」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「女子大生の告白 赤い誘惑者」のスペック

基本情報
ジャンル エロス
製作国 日本
製作年 1980
公開年月日 1980年4月12日
上映時間 69分
製作会社 にっかつ
配給 にっかつ
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「女子大生の告白 赤い誘惑者」のみんなのレビュー

「女子大生の告白 赤い誘惑者」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/21

ロビー・アメル(1988)

メン・イン・キャット

「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー主演のコメディ。仕事一筋で傲慢な社長トムは、娘の誕生日にネコを買って帰る。しかしその途中、社員に呼び出され会社の屋上へ行く。そこに雷が直撃し、転落したトムは、ネコと中身が入れ替わってしまう。監督は、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナー、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。

ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!

グリム童話「白雪姫」に登場する“魔法の鏡”をめぐる冒険を描いたファンタジックアドベンチャー。どんな願いでも叶える魔法の鏡の破片。鏡の復活を目論む組織に命を狙われ行方不明になった両親を助け出すため、パクストンたちは鏡の捜索を始める。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮:ニーシャ・ガナトラ 製作総指揮:ジェイソン・ネッター 製作:ヘザー・パトック 脚本:ジェフ・シェクター 出演:ヴィクター・ガーバー/ロビー・アメル/アレクサ・ヴェガ/ミシェル・フォーブス
アンディ・マクダウェル(1958)

ハリウッド・ミューズ

華やかなハリウッドの舞台裏を描いたファンタジックドラマ。マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンほか、有名監督らが本人役で登場。監督・主演は米国コメディ界の鬼才アルバート・ブルックス。出演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン、「エンド・オブ・バイオレンス」のアンディ・マクダウェルほか。

ゴンゾ宇宙に帰る

宇宙にいるはずの家族に会える日を心待ちにするゴンゾの前に、ある日秘密組織・CONVETが現れ…ジム・ヘンソンの人気番組「マペットショー」の主役マペットたちが大活躍するSF冒険コメディ。監督はティム・ヒル。

NEW今日命日の映画人 4/21

該当する人物がいません