化石の森(1936)

かせきのもり
製作国
アメリカ

ジャンル
ラブロマンス
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「紅はこべ」「痴人の愛」のレスリー・ハワードと「青春の抗議 」「痴人の愛」のベティ・デイヴィスが主演する映画で、原作はロバート・シャーウッド作の同名の戯曲である。脚色には「真夏の夜の夢」「街の花嫁」のチャールス・ケニヨンが「海行かば(1935)」のデルマー・デーヴィスと協力し、「最初の接吻」「国境の町」のアーチー・L・メイヨが監督にあたり、「海行かば(1935)」「Gメン」のソル・ポリートが撮影した。助演は「ロマンス乾杯」「接吻とお化粧」のジュヌヴィエーヴ・トバン、「生活と恋愛」「海行かば(1935)」のディック・フォーラン、舞台でもハワードを助けて悪役を勤めたハムフリー・ボガードの面々で、その他ジョセフ・ソーヤー、ポーター・ホール、チャーリー・グレイブウイン等出演。

みんなのレビュー

「化石の森(1936)」のストーリー

作家のアラン・スクワイアーは家庭生活に幻滅を感じ、家を出てアリゾナの砂漠に放浪の旅を続けていた。アリゾナの砂漠・化石の森と呼ばれるところから15マイル離れた土地にメープル親子の営むサービス・ステーションがあった。父のグランプは財産を家族に分配しようともせぬ男だが、娘ガブリエルは米仏のハーフで美しい乙女だった。彼女は現代の芸術に深い理解を持ち、この荒涼たる砂漠を離れたいと望んでいた。ボーズ・ハーツリンガーは日頃彼女を恋していたが、ガブリエルは相手になる気にはなれなかった。スクワイアーが此処に着いて彼女を知った時、二人は互いに仄かな愛情を感じ合った。しかしスクワイアーはそこを即時出発した。その日ギャングのデューク・マンティーとその一味は、オクラハマで人を殺しここへ逃げて来た。丁度その頃チゾーム夫妻はメープルの家を出発し砂漠横断に取りかかった。スクワイアーは途中でその車に同乗したが、デューク一味は車を奪ってメープルの家に一同を監禁した。ボーズはガブリエルの手前虚勢を張ってギャングに反抗したので手を射たれて負傷した。こうして一同がギャングと無言の対立を続けている内、スクワイアーはガブリエルがこの家を去りたがっているのを知る。間もなくギャングを追跡した警官の一隊が到着し、猛烈な射ち合いが始まった。デュークとその部下は戦の不利を知って逃れようとし、スクワイアー等数人を弾丸の盾にしようとする。その時スクワイアーは敢然としてギャングの脱出を妨害した。ギャングはスクワイアーを射撃した。彼は頬笑みを浮かべて死んで行った。それは自分の生命を賭した行為でギャングを捕らえたためではない。一人の美しい少女に希望の扉を開いてやることができた喜びの微笑であった。

「化石の森(1936)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「化石の森(1936)」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1936
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー支社輸入
レイティング

「化石の森(1936)」のみんなのレビュー

「化石の森(1936)」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/18

リック・モラニス(1953)

ブラザー・ベア

大自然を舞台に、生命の素晴らしさと尊さを描いた感動のディズニー・アニメーション。ふとしたことからクマに姿を変えられてしまった青年と、母を探す子熊が出会い、様々な困難を力を合わせて乗り越えていく中で、青年と子熊の間にいつしか実の兄弟のような絆が芽生えていく。声の出演はホアキン・フェニックス。

フリント・ストーン モダン石器時代

スティーヴン・スピルバーグが主宰するアンブリン・エンターテインメントの10周年記念作で、日米で好評を博したハンナ=バーベラ・プロのTVアニメ『原始家族』を実写で映画化したSFコメディ。太古の地球とそっくりでありながら、自然と文明が不思議に調和した町ベッドロックを舞台に、ごく平凡な会社員一家が巻き起こす騒動を描く。珍奇な日用品や建物の数々はじめ、アニメの世界を忠実に再現した映像が見もの。監督は「ベートーベン」のブライアン・レヴァント。脚本は「ゲッティンク・イーブン」のコンビ、トム・S・パーカーとジム・ジェニウェインと、スティーヴン・E・デ・スーザの共同。製作は「フック」のブルース・コーエン、撮影は「ジュラシック・パーク」のディーン・カンディ。音楽はデイヴィッド・ニューマンがスコアを書き、BC52S'というバンドの役で出演もしているロックグループのB-52S'、アル・ヤンコヴィックらが挿入曲を提供。SFXはILMが担当。主演は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のジョン・グッドマン。共演は「ジャイアント・ベビー」のリック・モラニス、「ビッグ」のエリザベス・パーキンス、「トライアル 審判」のカイル・マクラクラン、「クリスタル殺人事件」のエリザベス・テイラーほか。
トム・ヒューズ(1986)

ジョーンの秘密

イギリス史上、最も意外なスパイの実話を基に、ジュディ・デンチ主演で映画化。2000年5月、ロシアのKGBに核開発の機密を漏洩していた“核時代最後のスパイ”が、MI5の手によって暴かれる。しかし、その人物はジョーン・スタンリーという80代の老女であった。共演は「ムーン・ウォーカーズ」のスティーヴン・キャンベル・ムーア、「死霊院 世界で最も呪われた事件」のソフィー・クックソン、「フラワーショウ!」のトム・ヒューズ。監督は、RSCの演出家としても知られる「十二夜」のトレヴァー・ナン。

マダムのおかしな晩餐会

パリの上流社会を舞台に繰り広げられるロマンティック・コメディ。裕福なアメリカ人夫婦アンとボブは、セレブな友人たちを招いて豪華ディナーを開催。だがひょんなことから身分を隠したメイドが紛れ込み、何も知らない客の紳士が彼女に一目惚れしてしまい……。出演は「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレット、「グランド・ブダペスト・ホテル」のハーヴェイ・カイテル、「ジュリエッタ」のロッシ・デ・パルマ。監督は、フランスの新鋭アマンダ・ステール。脚本をアマンダ・ステールと「クリムゾン・ピーク」のマシュー・ロビンスが務める。