海賊魂

かいぞくだましい
上映日
1963年4月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

物語と脚本は「バグダッドの盗賊(1961)」のフィリッポ・サンジェストが「スパルタ総攻撃」のジョージ・セント・ジョージやリンゼイ・ギャロウェイの協力を得て書いたもの。監督は「スパルタ総攻撃」のルドルフ・マテが担当した海賊活劇。撮影はジリオ・ジャニーニ。音楽はフランコ・マンニーノ。出演は「タイム・マシン」のロッド・テイラー、「地獄の炎」のキース・ミッチェル、舞台のアイリーン・ワースなど。製作はパオロ・モファ。

みんなのレビュー

「海賊魂」のレビューを書く

「海賊魂」のストーリー

英国の港町プリマス。若い英国人マルカム・マーシュ(キース・ミッチェル)は、ある街角でスペイン兵に襲われて重傷を負ったフランスからの早飛脚を救った。男はこれをドレーク船長(ロッド・テイラー)にと、一通の文書をマーシュに託して息絶えた。それは太平洋の地図で、スペインが黄金を貯蔵している港が全部記されてあった。ドレークは大喜び。早速マーシュを副官に立て、彼を従えてセント・ジェームス宮殿にエリザベス女王(アイリーン・ワース)を訪ねた。が、女王は我々の友国スペインの剣を取り上げ、処刑するまでロンドン塔に押し込めると宣言した。しかし、それらはすべてスペイン大使に対する狂言だった。やがて部下たちの待っていた海賊行為が始まった。ある時スペイン鉱山の製錬所に乗り込み、ある時はスペインの軍艦を攻撃して暴れ回った。そのためスペイン政府はドレークにほとほと手を焼いていた。ある日、スペインはエリザベス女王に友好条約の調印を迫った。そして女王が窮地に追い込まれた瞬間、ドレークの宝船がプリマスに入港していた。早速、女王は彼に卿の称号を与えて貴族に取り立てた。スペイン王はついに武力による英国攻撃を決意した。カレー港に向かうスペイン艦隊がみえるとの情報に、ドレークはフロビシャー提督が引き留めるのも聞かず、3隻の船をもって大艦隊に立ち向かった。不意をついたり、奇略を用いて、敵に大損害を与えて敗走させた。このようにして英国の危機は一応去った。が、ドレークは海の男だった。そして、エリザベス女王の許しを乞うた上、再び大海へと帰って行くのだった。

「海賊魂」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「海賊魂」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1962
公開年月日 1963年4月10日
製作会社 アディルヒア・プロ映画
配給 MGM
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「海賊魂」のみんなのレビュー

「海賊魂」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/27

ジャリール・ホワイト(1976)

キャメロット(1998)

英国で語り継がれてきた『アーサー王伝説』を、ひとりの少女を主人公に再現したドラマティック・アニメーション。ベラ・チャップマン著『The King's Damosel』をもとに、ワーナー・ブラザース・フィーチャー・アニメーションが製作する初の劇場用長編アニメ映画。原案はTVでも活躍するデイヴィッド・サイドラーとジャクリーン・フェザー。製作は「顔のない天使」のダリサ・クーパー・コーエン。音楽は「ハムレット」のパトリック・ドイルで、過去にグラミー賞を14回獲得しているデイヴィッド・フォスターが楽曲を提供。声の出演は「ジャックナイフ」のジェサリン・ギルシグ、「ツイスター」のケーリー・エルウェス、「フィフス・エレメント」のゲイリー・オールドマン、「トゥモロー・ネバー・ダイ」のピアース・ブロスナンほか。また、ケーリーの歌唱部分は「ザ・コミットメンツ」「エビータ」に出演したアンドレア・コーが、ギャレットの歌唱部分は数多くのプラチナ・ディスクを持つカントリー・ミュージックの大スター、ブライアン・ホワイトが担当した。
キャスリン・ビグロー(1951)

デトロイト

「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグローが、1967年暴動発生時のデトロイトで実際に起きた事件を映画化。暴動発生から2日目の夜、銃声の通報があったモーテルに警察が乗り込む。何人かの警官が捜査手順を無視し、宿泊客に不当な尋問を始める。出演は、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のジョン・ボイエガ、「レヴェナント 蘇えりし者」のウィル・ポールター、「トランスフォーマー ロストエイジ」のジャック・レイナー、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のアンソニー・マッキー。

カルテル・ランド

「ハート・ロッカー」の監督キャスリン・ビグローが製作総指揮を執ったドキュメンタリー。麻薬カルテルが蔓延るメキシコで、一人の外科医が市民による自警団を結成する。彼らはギャングたちを追い詰めていくが、やがて組織は思わぬ方向へ暴走する。2015年サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門最優秀撮影賞・最優秀監督賞W受賞。第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート。

NEW今日命日の映画人 11/27

該当する人物がいません