快傑ゾロ(1940)

かいけつぞろ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「世紀の楽団」「雨ぞ降る」のタイロン・パワーが主演する映画で、ジョンストン ・マッカリー作野「カビストラノの呪」に基づいて「生きてる死骸」のギャーレットフオーストとベス・メレディスが協同改作し、ジョン・テイター・フートが脚本を書き、「血と砂(1941)」「雨」のルーベン・マムーリアンが監督し、「王国の鍵」「雨ぞ降る」のアーサー・ミラーが撮影したもの。助演者は「荒野の決闘」のリンダ・ダーネル、「アンナ・カレーニナ」のバジル・ラスボーン、「エミール・ゾラの生涯」のゲイル・ソンダーガード、「運命の饗宴」のユージーン・パレット、「スエズ」のJ・エドワード・プロムバーグで、音楽は「王国の鍵」のアルフレッド・ニューマンが作曲した。

「快傑ゾロ(1940)」のストーリー

スペイン王国が地球上に広大な領土を持ち、マドリッドが世界の首都であったころ のことである。マドリッドの士官学校を卒えた新米士官の中でも剣客として聞こえたディエゴ・ヴェガは、父のドン・アレハンドロが市長を勤めているカリフォルニアのロサンゼルスへ呼び戻される。帰ってみると父は市長を辞し、市長の椅子にはドン・ルイス・キンテロがつき、重税を取り立てて市民の恨みを買っていた。キンテロにはエステバン・パスクワレ大尉という曲者がついていた。大尉はスペイン本国で人を殺めて出奔した剣客で、剣を突き付けてキンテロから金を奪っているうえにキンテロ夫人イネスともねんごろである。故郷の有様を道すがら見聞したディエゴは、軟弱な貴公子をよそおってキンテロ一味を油断させる。それは同時に父や硬骨の法師フェリペを失望させたが、マドリッドの風流にあこがれているイネスは大満悦で、ドン・ディエゴならでは夜も日も明けぬというノボセ方にエステバンは妬けるばかりであった。キンテロの悪政はいよいよつのる。そこへゾロと名乗る怪人物が風の如く現われ、キンテロに市長辞任と後任者にヴェガを推すことを強要した。またキンテロから大金とイネスの宝石を強奪した。ゾロを捕まえた者は2万ペソを与えるというキンテロの布令がでたが、全市民は何も言わぬがゾロの味方だった。ゾロはキンテロを強迫した折、その姪のロリタの純真な美しさに心をひかれたが、かねて伯父伯母の人格にあきたりなかったロリタもこの覆面の怪傑に心をよせる。エステバンはゾロが後任にヴェガを推せと言ったと聞き、キンテロにロリタをディエゴと結婚させて親戚になれとすすめる。ヴェガは反対だったが、ディエゴは賛成し、ロリタもディエゴがゾロと知ると大喜びだ。一方エステバンは右腕のゴンザレスがゾロに胸にZ字を刻まれたり、民衆の反感がつのってくるのに業をにやし、キンテロを殺して乗っ取ろうと決意する。キンテロの部屋に来ていたディエゴも血祭りにあげようとしたため、二人の果たし合いが始まり、ついにディエゴはエステバンの胸にZを刻んで仕止める。キンテロは部下を呼び、銃をつきつけてディエゴを地下牢に入れる。そしてその夜ゾロの処刑をするといってヴェガを始めとした騎士たちを呼び集めた。ところがディエゴは巧みに脱牢し、ゾロと騎士たちとキンテロの軍隊の乱闘となり、正義の剣は邪を制し、キンテロはヴェガを推薦して市長を辞した。

「快傑ゾロ(1940)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「快傑ゾロ(1940)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1940
製作会社 二十世紀フォックス映画
レイティング

「快傑ゾロ(1940)」のみんなのレビュー

「快傑ゾロ(1940)」のレビューを書く

「快傑ゾロ(1940)」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。