女は得です

おんなはとくです
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「平原児」「彼女と女秘書」のジーン・アーサーと「第二の女」「黄金(1936)」エドワード・アーノルドが主演する映画で、ヴェラ・カスパリーの原作を「三日姫君」「お人好しの仙女」のプレストン・スタージェスが監督し、「スイング」「処女散歩」のテッド・テズラフが撮影したもの。助演者は「夜霧の怪盗」「天国の花園」のレイ・ミランドを始め「コリーン」のルイ・アルバーニ、「学生怪死事件」のメアリー・ナッシュ、「スイング」のフランクリン・パングボーン等。

「女は得です」のストーリー

「株式界の猛牛」と呼ばれているボール氏は大の癇癪持ちである。妻が金五万ドル也の毛皮のコートを勝ったのに怒って、氏はエイッと投捨ててしまった。それが偶然にも週給二十ドルの雑誌婦人記者メアリー・スミスの上に落ちた。彼女は抗議した。ボール氏は惜し気もなく毛皮を彼女に進呈し、潰れた彼女の防止の代わりも買い与えた。お陰でメアリーはクビになった。そんなに意味なく五万ドルもの毛皮をくれる男はないはずだ、というのが理由である。同時に「株式街の猛牛」に隠し女が出来た、という噂が立った。この噂に雀躍したのはあるホテルの経営者ルイス・ルイス氏である。氏はメアリーを第一等の部屋に招じ入れた。ボール氏に負っている巨大な債務を延期して貰おうという魂胆だ。更に、自動車、犬、衣装などのセールスマンが、お勘定は後で、と品物を置いて帰る。株式仲買人まで彼女に手数料無しで融通する、という。彼女から「旦那」の「思惑」を洩らして貰おうという腹なのだ。ところが当のメアリーは懐中わずかに十セントしかない。ホテルの大食堂へ入る勇気はないので、外へ出て大衆食堂に入った。そこで、ボール氏の息子ジョンと知合いになった。ジョンは父と争って家出し、そこで働いているので、彼女にロハで食事をさせた。で途端にクビとなった。メアリーは恩返しに彼をホテルに招じた。「猛牛」の伜までもメアリーがくわえ込んだ、と早合点して喜んだルイス・ルイスは下へも置かぬ大もてなしをする。そこへ、例の仲買人が、メアリーに「鋼鐡株の気配は?」とお伺いに来た。彼女がジョンに訊ねると、「雨模様だから落ちるかな」と言う。仲買人はボール氏は売りに出ると早合点した。この噂が飛んで鋼鐡株は大暴落。青くなったボール氏は背に腹は代えられず、買いまくった。が下がる一方でボール氏は正に破産だ。その時メアリーは初めて、自分が「天の恵み」を受けるに至った子細を知った。すわ大変と彼女はボール氏の事務所へ跳込んで、例の仲買人に電話した。それで鋼鐡株はハネ上がってボール氏は俄然大儲けとなった。そして、メアリーとジョンとが幸福をつかんだことはもちろんだ。

「女は得です」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「女は得です」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1937
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「女は得です」のみんなのレビュー

「女は得です」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません