女ドラキュラ

おんなどらきゅら
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ブラム・ストーカー作の「ドラキュラの客」の映画化で、「白衣の騎士」のオットー・クルーガー、舞台女優グローリア・ホールデン、「歩く死骸」「女難アパート」のマーゲリット・チャーチルが主演するもの。脚色には「肉弾鬼中隊(1934)」のギャレット・フォートが、監督には「透明光線」「弓矢荘の惨劇」のランバート・ヒルヤーが、撮影には「透明光線」「黄金(1936)」のジョージ・ロビンソンが、それぞれ当たっている。助演者は「洞窟の女王」のアーヴィング・ピチェル、「ポンペイ最後の日(1935)」のエドワード・ヴァン・スローン、ヘッダ・ホッパー、ナン・グレイ等。

「女ドラキュラ」のストーリー

一世を震撼せしめた吸血鬼ドラキュラ死して500年、最近また夜毎墓を立出て人の生き血を漁るという噂が立った。この頃、ロンドンに奇怪な二重殺人事件が起こった。第一の殺人の犯人を指したと言明してヘルシング教授が自首したが、教授は自分が指したのはドラキュラ伯の亡骸で、魔人の横行を封ずるためである、と主張した。当局はこの言動を妄想と断定したが、教授はその愛弟子たる精神病学の泰斗ガアス博士に、自分の精神の常態足ることを立証せしむべく要求した。一方、犯人たるべき教授が刺した屍は何者にか奪われてしまった。ガアス博士は知人の家でマリヤ・ザレスガ伯爵夫人と名乗る女に紹介されたが、一夜婦人は博士邸を訪れて密談を申し込んだ。博士の女秘書ジャネットは拒絶せよと勧めたが、博士は婦人の要求を容れて会った。このマリヤ婦人こそ魔人ドラキュラの娘だった。彼女は父の死霊に生き血を吸うことを示唆され、夜の暗闇に血を求めてさまようのであった。マリヤはこの呪咀を逃れんと、父の屍を盗み、火葬して神に祈りを捧げたのであるが無効だった。そこで化学的治療を思い立ちガアス博士に近づいたのである。そしてマリヤが博士に恋を感じたのは、いかなる運命の悪戯であったろう。その夜マリヤはガアスに数えられた通りに克己、呪縛から逃れようと努めたが、執拗な悪霊は彼女を去らない。翌朝、生き血をすわれた瀕死のモデル女が発見され、それが端緒となり、官憲がマリヤ捕縛に赴くと、マリヤはジャネットを拉ってトランシルヴァニアのドラキュラの古城を指して逃げ去ったあとだった。ガアスは直ちにジャネット救出に、単身古城に乗り込んだが、かえってマリヤの虜となった。やむなくマリヤの意にしたがって、ジャネットを救おうとしたが、その時一本の毒矢が飛来してマリヤを仆した。続いて二の矢が射られようとするとき、かけつけた官憲の一弾に曲者は倒れた。曲者はマリヤを恋する従者サンドーで、ガアスを射んとして誤って恋人を殺したのだった。かくてガアスはジャネットを救い出し、ヘルシング教授の無罪をも立証したのであった。

「女ドラキュラ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「女ドラキュラ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1936
製作会社 ユニバーサル映画
配給 ユニバーサル支社輸入
レイティング

「女ドラキュラ」のみんなのレビュー

「女ドラキュラ」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません


「女ドラキュラ」を観ているあなたにおすすめの映画