逢うときはいつも他人

あうときはいつもたにん
上映日
1960年9月17日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「暴力教室」の原作者である新進作家エヴァン・ハンターの『逢う時はいつも他人』の映画化である。製作・監督は「媚薬」のリチャード・クワイン(共同製作カーク・ダグラス)。脚本を原作者自身が書いた。撮影は「お熱いのがお好き」のチャールズ・ラング、音楽はジョージ・ダニング。出演は「悪魔の弟子」のカーク・ダグラス、「真夜中」のキム・ノヴァク、「ハバナの男」のアーニー・コバックスら。

「逢うときはいつも他人」のストーリー

団地都市パインクレスト。ある朝、新進建築家ラリー・コー(カーク・ダグラス)は長男をスクール・バスの停留所まで送った時、同じく子供を送ってきた美しい女に会った。それからのち毎朝、スクール・バスが出ると、ラリーは彼が人気作家アルターから頼まれた丘の上の別荘建築用地に彼女を連れていった。彼女の名はマーガレット(キム・ノヴァク)。冷たい夫と姑のワグナー夫人と暮らしていた。ラリーがドライブに誘った。それぞれの家庭に小さな嘘をついて、2人は海辺のホテルで抱き合った。別荘建設工事が始まると、2人は週に1度人目を避けた逢瀬を重ねた。ある夜、席をたった彼女の前に屈強な青年が立っていた。夏手ごめ同様に彼女の肉体を奪った男だという。ラリーは口論して別れた。また会う。いい争ってはまた別れる。前途のない恋は暗かった。妻のイブ(バーバラ・ラッシュ)はラリーの変化に気づいていた。が、女のことは知らなかった。2人の情事を察知していたのは、女性関係にだらしのない隣家のフェリックスだった。建築の大家、スタン・バクスターが、ハワイ理想都市建設の全権をラリーに任せてきた。チャンスだった。が、マーガレットは今のままの方がよいといった。ラリーの外出中、フェリックスはイブにいいよったが追い出された。ラリーはフェリックスを倒したが、口汚く痛いところをつかれて、自らの非を悟った。イブはバクスターからの電話で夫の情事を知った。ラリーを責めたが、子供のためにも去らないでほしいとこん願した。アルターの別荘は完成した。最後の逢びきだった。ラリーは妻子とハワイに行く決心をうちあけた。丘をくだって車を走らせるマーガレットも、見送るラリーも、宿命に泣いていた。

「逢うときはいつも他人」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「逢うときはいつも他人」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1960
公開年月日 1960年9月17日
製作会社 コロムビア映画(ブライナ=クワイン・プロ)
配給 コロムビア
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「逢うときはいつも他人」のみんなのレビュー

「逢うときはいつも他人」のレビューを書く

「逢うときはいつも他人」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。

「逢うときはいつも他人」を観ているあなたにおすすめの映画