俺は名選手

おれはめいせんしゅ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「俺は渡り鳥」「俺は曲芸師」と同じくカール・デーンとジョージ・K・アーサーの共演映画で、原作はペタースン・マゾーニ、それをアール・ボールドウィンとリュウ・リプトンとが共同で脚本を執筆し、「俺は渡り鳥」「ホリウッド・レビュー」のチャールズ・F・ライズナーが監督した。助演者は「野球王」「恋のデパート」のジーン・アーサーをはじめリチャード・カーライル、エドワード・コネリーなどである。

「俺は名選手」のストーリー

大男のオスカーが守衛をしているある刑務所にジェリーという小男の囚人がいた。ジェリーは典獄の娘ドロシーと仲良しだったが、オスカーはドロシーを恋していたので2人の仲が気にくわなかった。オすカーはジェリーを苦しめようとしてラグビー・チームに加える。ところが器用なジェリーはたちまちチームのスターになってしまったので、オスカーは憤慨して彼を放免してしまう。来るべき大試合に彼を出したくなかったのである。休暇にドライヴとしゃれたオスカーがスピード違反で警官に捕らえられる。そして、入れられたのが敵チームの刑務所ですぐチームに加えられたオスカーは味方のチームと試合をしなければならなくなる。ジェリーはドロシーに会いたいばかりに故意に罪を侵すが、なかなか刑務所に入れてもらえない。待ちきれずに彼は刑務所乱入を企てる。やっと刑務所に戻ったジェリーは望みどおりチームに入れたが、敵のチームにオスカーがいるので、サインを見破られる心配がある。ジェリーは敵の刑務所に忍び込んで敵のサインを盗み、晴れの大試合に大功をたてる。その後、ジェリーとドロシーとの恋の実は結んだのであった。

「俺は名選手」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「俺は名選手」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1928
製作会社 M.G.M.映画
配給 MGM支社
レイティング

「俺は名選手」のみんなのレビュー

「俺は名選手」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/28

カレン・ギラン(1987)

野性の呼び声

100年以上にわたって愛され続けた、ジャック・ロンドンの名作小説をもとに、人類未踏の地に挑戦する男と犬の、壮大な冒険と限りない友情を描いた、感動のスペクタクル・アドベンチャー。主人公ソーントンを演じるのは、「スター・ウォーズ」のハン・ソロを演じたハリソン・フォード、監督は「リロ&スティッチ」「ヒックとドラゴン」の監督、クリス・サンダース。

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。
エド・ハリス(1950)

トップガン マーヴェリック

沈黙のレジスタンス ユダヤ孤児を救った芸術家

2007年に84歳で亡くなった“パントマイムの神様”マルセル・マルソーの知られざる半生に迫るヒューマンドラマ。1942年、ドイツ軍がフランス全土を占領するなか、マルセルは険しく危険なアルプスの山を越えて、123人のユダヤ人孤児をスイスへと逃がそうとする。出演は「ソーシャル・ネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグ、「TENET テネット」のクレマンス・ポエジー。監督は「ハンズ・オブ・ストーン」のジョナタン・ヤクボウィッツ。

NEW今日命日の映画人 11/28

該当する人物がいません