俺達は天使じゃない(1955)

おれたちはてんしじゃない
上映日
1955年9月23日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

フランス作家アルベール・ユッソンの戯曲をラナルド・マクドゥガルが脚色し「エジプト人」のマイケル・カーティズが監督、「シェーン」のロイヤル・グリグスが撮影を担当。主なる出演者は「三つ数えろ」のハンフリー・ボガート、「エジプト人」のピーター・ユスチノフ、「愛欲と戦場」のアルド・レイ、「可愛い配当」のジョーン・ベネットなど。音楽は「アンドロクレスと獅子」のフレデリック・ホランダー。製作は「女性よ永遠に」のパット・ダカンでビスタビジョン、テクニカラー。1955年作品。

「俺達は天使じゃない(1955)」のストーリー

1900年代のはじめのこと。脱獄囚ジョゼフ(ハンフリー・ボガート)ジュールス(ピーター・ユスチノフ)アルバート(アルド・レイ)の3人が、ギアナのカイエンヌという港町にかくれた。3人は行きずりの若い船医アルノーから紙入れを盗み、中に入っていた手紙の宛名のフェリックスという雑貨屋をたずねることにした。フェリックスはひとのよすぎる人物で、もとはパリの従兄アンドレの店の支配人だったが、無能のためこの港町に遠ざけられていたのだった。彼はアンドレが帳簿の検査に来るというので気もそぞろ、3人の脱獄囚を雇ってしまう。フェリックスの妻エメリーはそれを知って驚くが、ジョゼフの客扱いがうまいので感心し、3人をクリスマスの食事に招く。3人は感激してフェリックス一家を殺して金を奪う計画をとりやめる。ところへ突然、アンドレと甥のポールがフランスからやって来て店の帳簿を調べるといい、フェリックスの娘イサベルには恋仲のポールを諦めるように言わせた。ジョゼフたちはフェリックス一家に同情し、アンドレを殺そうとしたが、思いとどまった。そのとき、アンドレは3人が持っていた毒蛇の篭を見つけ、店から盗んだのだろうと言って自分の部屋に持っていってしまう。その結果アンドレは死んでしまい、腹黒いポールが財産乗っ取りを計画したが、これも蛇にかまれて死ぬことになる。3人は船医アルノーをイサベルの花婿に定めて、監獄へ引きかえして行く。

「俺達は天使じゃない(1955)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「俺達は天使じゃない(1955)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1955
公開年月日 1955年9月23日
製作会社 パラマウント映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「俺達は天使じゃない(1955)」のみんなのレビュー

「俺達は天使じゃない(1955)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。