オレゴン魂

おれごんだましい
上映日
1976年10月4日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

「勇気ある追跡」(68)の大酒飲みの片眼の保安官ルースター・コグバーン役でアカデミー男優賞を獲得したジョン・ウェインが、再び同じキャラクターに扮する西部劇で、キャサリン・ヘップバーンとは初共演である。製作はハル・B・ウォリス、監督は「女優志願」「終身犯」「小さな巨人」などを製作し、監督第2作目(1本目は日本未公開)のスチュアート・ミラー、脚本はマーティン・ジュリアン、撮影はハリー・ストラドリング・ジュニア、美術はプレストン・エイムズがそれぞれ担当。出演は前記の2人のほかに、アンソニー・ザーブ、リチャード・ジョーダン、ジョン・マッキンタイアなど。

「オレゴン魂」のストーリー

アーカンソー州西部地区保安官代理ルースター・コグバーン(ジョン・ウェイン)は、派手に人殺しをやりすぎるために、パーカー判事(ジョン・マッキンタイア)にバッジを取りあげられてしまった。ところがある日、悪名高いホーク(リチャード・ジョーダン)をボスとする一味が、荷馬車一杯のニトログリセリンを運搬していた騎兵隊を皆殺しにする、という事件が勃発した。一味の中にはルースターのかつての友人のブリード(アンソニー・ザーブ)も入っているという。そこでパーカー判事は、ルースターに、ホーク一味の生捕りを、賞金2000ドルと終身保安官の地位を与えることを条件に、申し出た。翌日、ルースターは、ホーク一味追撃の旅に出かけた。フォート・ルビーという町に着いたルースターは、一足先にホーク一味がこの町で暴れまわり、教会の牧師のほか多数のインディアンを殺したことを知った。そして、牧師の娘で、婚期をはるかに過ぎたユーラ(キャサリン・ヘップバーン)とインディアンの少年ウルフが彼と一緒にホーク一味の後を追って仇討ちをすると言い出した。ルースターは、何とか彼女を思いとどまらそうとしたが、結局2人を連れて旅を続けることになった。やがて、ルースターたちは、ホーク一味が騎兵隊から奪った荷馬車の周囲でキャンプしているのに出くわした。ホークとブリードは出かけていなかったが、ルースターは巧妙な作戦で彼らを混乱させた。だが一瞬気を抜いた時に彼を救ったのは、ユーラの見事な射撃の腕だった。彼女は、少女時代、初恋の青年から射撃と乗馬を教わっていたのだった。ルースターはユーラを見直すのだった。一方、荷馬車を奪われたことに気づいたホークたちは、3人を追った。夜が明ける頃、大きな河の渡し場に到着した3人は、急流にイカダを漕ぎ出した。一足ちがいで河岸に着いたホークは河面にロープを張り渡し、イカダを止めようとした。スピードが落ちたイカダ目がけて、一味のルークが撃とうとした時、ブリードが昔の友人に対する友情からルークを殺し、ルースターを救った。ブリードの裏切りに怒ったホークはその場で彼を射殺した。イカダはさらに急流を下っていった。川巾がせばまった地点で、ホークたちが待ち伏せしていた。ルースターはニトロの箱を急流に落として、それが、ホークたちの前にさしかかった時、箱を撃った。轟音とともにホーク一味が吹っ飛んだ。無事町に戻ったルースターはパーカー判事に、一味を皆殺しにしたことについて詰問された。だが、ユーラの弁護で判事も納得し、約束通り保安官のバッジを渡した。

「オレゴン魂」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「オレゴン魂」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1975
公開年月日 1976年10月4日
製作会社 ハル・b・ウォリス・プロ作品
配給 ユニヴァーサル=CIC
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「オレゴン魂」のみんなのレビュー

「オレゴン魂」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/9

木梨憲武(1962)

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer

ライダーたちが時空を超えて戦いを繰り広げる特撮TV『仮面ライダージオウ』の劇場版。50年後に自分が世界を支配する魔王オーマジオウとなることを知った常磐ソウゴ。ついにその時がきたが、歴史の管理者クォーツァーが現れ、王誕生に隠された陰謀が明らかになる。奥野壮、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐らレギュラー陣に加え、ダンス&ボーカルグループのDA PUMP、「旅猫リポート」の前野朋哉、「覚悟はいいかそこの女子。」の若林時英らがゲストキャストとして参加。同時上映は「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」。

いぬやしき

「GANTZ」の佐藤信介監督が、同作の原作者・奥浩哉の漫画を木梨憲武×佐藤健主演で実写化。謎の事故に巻き込まれ、超人的な能力を得た初老のサラリーマン犬屋敷壱郎と高校生・獅子神皓。犬屋敷は人を助けることに奔走する一方、獅子神は悪事に手を染めていき……。共演は「鋼の錬金術師」の本郷奏多、「リバーズ・エッジ」の二階堂ふみ、「グッモーエビアン!」の三吉彩花、「もういちど」の福崎那由他、「愚行録」の濱田マリ、「三度目の殺人」の斉藤由貴、「新宿スワン」シリーズの伊勢谷友介。脚本を「映画 ビリギャル」の橋本裕志、音楽を「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」のやまだ豊が務める。
千葉雄大(1989)

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼

恋人がスマートフォンを落としたのを契機に過去を暴かれ命を狙われるミステリー「スマホを落としただけなのに」の続編。連続殺人事件から数ヶ月後、同じ現場から次々と若い女性の遺体が見つかり、刑事の加賀谷は先の事件で逮捕した浦野に捜査協力を依頼する。前作に引き続き「リング」の中田秀夫がメガホンを取り、刑事・加賀谷役の千葉雄大、連続殺人鬼・浦野役の成田凌が続投。謎の男から狙われる加賀谷の恋人・美乃里を乃木坂46の白石麻衣が演じる。

決算!忠臣蔵

大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。出演は「泣くな赤鬼」の堤真一、「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」の岡村隆史。監督は「忍びの国」の中村義洋。

NEW今日命日の映画人 3/9

該当する人物がいません