面影(1976)

おもかげ
製作国
アメリカ

ジャンル
ラブロマンス

ここが見どころ

ハリウッドの『キング』クラーク・ゲーブルとブロンドの大スター、キャロル・ロンバードとのドラマチックなロマンスを再現した恋愛映画。製作はハリー・コーシャク、監督は「ビリー・ホリデイ物語 奇妙な果実」のシドニー・J・フューリー、脚本はバリー・サンドラー、撮影はジョーダン・クローネンウェス、音楽はミシェル・ルグラン、編集はアジル・ネルソン、衣裳デザインはイーディス・ヘッドがそれぞれ担当。出演はジェームズ・ブローリン、ジル・クレイバーグ、アレン・ガーフィールド、レッド・バトンズ、メラニー・メイロン、ジョアン・リンヴィル、キャロル・マクギニース、モーガン・ブリタニーなど。

「面影(1976)」のストーリー

1942年1月17日、アリゾナ州の山岳地帯に旅客機が墜落した。この旅客機にはキャロル・ロンバード(ジル・クレイバーグ)が乗っていた。彼女こそ30年代を代表するスターであり、また当時『キング』クラーク・ゲーブル(ジェームズ・ブローリン)の最愛の女性でもあった。現場に飛んだゲーブルは、飛行機が落ちたという山頂を見守り続け、キャロルとの波瀾に富んだ関係を想い出していた……。1930年代のクラーク・ゲーブルは、まだ週給100ドルも稼げないうだつのあがらぬ俳優だった。ある日、彼は珍しくビバリー・ヒルズの大邸宅で開かれるパーティに招待され、出かけた。しかし、MGMの宣伝部長イバーン・クーパー(レッド・バトンズ)から服装を注意され、体よく追い返された。その帰り道、彼の車は反対方向から飛ばして来た救急車を避けそこね、街路樹に衝突して動かなくなってしまった。仕方なく邸に引き返したゲーブルが見たのは、救急車から出て来た金髪の女性が「一杯食わせたでしょ!」と集った人々を相手に得意気に叫んでいる場面だった。その女性こそ、パラマウント映画のドル箱スター、キャロル・ロンバードだった。車を壊され、怒ったゲーブルはキャロルに抗議するが、反対に一発殴られた。そしてキャロルは車の修理代として300ドル、ボクシングのレッスン代として10ドルをゲーブルに投げつけた。この日、ゲーブルは、キャロルの名を心に深く刻みつけた。それから数年、「或る夜の出来事」で爆発的な人気を得たゲーブルは、今や押しも押されぬMGMの看板スターだった。そんなある日、ゲーブルとキャロルの共演映画が製作されることになった。ゲーブルはかつてのパーティのことを思い出し厭がったが、社長命令で、しかたなく昼食会に出かけた。果たせるかな、2人の再会は散々な結果に終った。2人はののしり合い、子供のように食物を投げつけあった。帰りの車の中で、ゲーブルは同行していたクーパーに「明日の朝の9時までにキャロルをものにしてやる」という賭けを申し入れた。その夜、キャロルの出席するパーティにゲーブルも出席した。そして、あらかじめ雇った3人の暴漢に襲わせ怪我をした。狂言とは知らないキャロルは、彼を手当てするために自分の家へ連れて行き、2人は一晩一緒に過ごした……。2人のトップスターの恋愛は、MGM、パラマウント両社にとって大問題だった。ゲーブルには別居中とはいえリア(ジョアンヌ・リンブル)という妻がいるため、不倫の恋は世論が許さなかったからだ。会社側の強い説得で、2人は一度は諦める決心をしたが、とうとう郊外に2人だけの家を借りて、つかの間の逢瀬に身をこがした。一方、リアも一度は離婚を承知したものの、ゲーブルとキャロルのゴシップが新聞や雑誌に書きたてられたため、離婚話をくつがえした。そんな時、ノリーン・ワトソン(キャロル・マクギニース)というナイトクラブのホステスが、4カ月になるお腹の子供の父親がゲーブルであると、承知訴訟を起こした。ゲーブルは今度こそ、映画俳優としての自分の将来が断たれたことを覚悟し、今やキャロルの名を守ることだけに専念した。全米の注目を集めて裁判が始った。そして、その最終日、キャロルが自ら証人台に立ち、自分とゲーブルが長い間同棲生活を送っており、ノリーンが訴えている問題の夜も、一晩一緒にいたことを証言したのだった。結局、キャロルの証言が利いたのか、ゲーブルは無罪となった。そして2人は、映画界を捨て、2人だけの生活を見出すべくハリウッドを去る決心をした。だが、映画界や世論は、2人の恋と勇気ある態度を支持し、大歓迎したのだった。その後、ゲーブルはリア夫人に離婚を承認させ、1939年3月20日、アリゾナの小さな町で、静かな結婚式を挙げた……。長い回想が終り、ゲーブルは現実に戻った。生存者は発見されなかったようだった。ゲーブルを乗せた車は静かに遠去かって行った。

「面影(1976)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「面影(1976)」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1976
製作会社 HKプロ作品
配給 ユニヴァーサル=CIC
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「面影(1976)」のみんなのレビュー

「面影(1976)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません