戦く幻影

おののくげんえい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「マタ・ハリ」「自由の魂」のライオネル・バリモアが主演する映画で、劇作家ベイヤード・ヴェイラーが特に書き卸した物語を氏自ら映画脚色して台詞をつけ、「類猿人ターザン(1932)」「キューバの恋唄」のW・S・ヴァン・ダイクが監督に当たった。助演者は「若き血に燃ゆる頃」「印度の寵児」のマッジ・エヴァンス、「極楽特急」「宝石泥棒」のケイ・フランシス、「令女学」のアラン・モーブレイ、「進め女性軍」のウィリアム・ベイクウェル及びボリイ・モラン、「類猿人ターザン(1932)」のC・オーブリー・スミス及びフォーレスター・ハーヴェイ等で撮影は「怪物団」「青空狂騒曲」のメリット・B・ガースタッドの担当である。

「戦く幻影」のストーリー

リチャード・グラントは検事としては多くの罪人を死刑椅子に送り、また弁護士としては反対に幾多の人々をその運命から救い、最も敏腕な法律家として当代に鳴っている男である。彼はいつも人は合理的の殺人を行って罪を逃れることができるという説を持していた。ある日グラントは、あまり品性の良くないので評判の富豪ゴードン・リッチからある用件で招かれたことがあった。ところがその用件というのが、リッチがある純真な処女と結婚するために妾のマージョリイ・ウェストと手を切り度いので遺言を書き換える、ということだった。グラントはリッチの卑劣な行為をいたく憎まずには居られなかった。だがリッチが結婚するという処女が自分の娘バーバーラであると知るに及んでグラントのリッチに対する憎しみは驚きと怒りに変わった。グラントは娘にこの結婚は断るがいいと論したがバーバラは乙女心の一筋にリッチとの結婚を固く決心していて父の忠告を容れようとはしない。やむなくグラントはリッチに若しバーバラと結婚するなら、その前に彼の命をもらうと宣告した。そうしたグラントの警告にも拘らず結婚の準備は着々として進められ、いよいよ結婚式の晩となった。式場にはグラントも出席して新婚夫婦のために、表向きは父親として乾杯した。リッチは披露宴が果ててから万一自分が殺されたら、その下手人はグラントであるという告訴状を警察宛に書き、なおその上グラントが自分の部屋を行ったり来たり歩いているのを窓掛けに映る影で認めた。ところが不思議なことに、それと同時にグラントはリッチの書斎に忍び込んで彼を殺し、ピストルをリッチの手に持たせて自殺を装いさせ、かの警察宛の告訴状を奪い去って了った。リッチ殺人事件は期せずしてグラントの手に委ねられた。グラントを疑ったものはリッチの妾マージョリー・ウェストだけで、彼女はついに彼が犯人であることを発見した。だが彼女は若し口を開けば彼女自身を犯人にしてしまうぞとグラントから脅かされたので口を閉ざしていた。かくてグラントは、彼の持論通りに合理的の殺人を犯して罪を免れ得たと自信していたがそれは過誤だった。不思議な運命の手によって、彼が殺した男にグラントは殺されて了ったのである。

「戦く幻影」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「戦く幻影」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1931
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM支社
レイティング

「戦く幻影」のみんなのレビュー

「戦く幻影」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません