戦く幻影

おののくげんえい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「マタ・ハリ」「自由の魂」のライオネル・バリモアが主演する映画で、劇作家ベイヤード・ヴェイラーが特に書き卸した物語を氏自ら映画脚色して台詞をつけ、「類猿人ターザン(1932)」「キューバの恋唄」のW・S・ヴァン・ダイクが監督に当たった。助演者は「若き血に燃ゆる頃」「印度の寵児」のマッジ・エヴァンス、「極楽特急」「宝石泥棒」のケイ・フランシス、「令女学」のアラン・モーブレイ、「進め女性軍」のウィリアム・ベイクウェル及びボリイ・モラン、「類猿人ターザン(1932)」のC・オーブリー・スミス及びフォーレスター・ハーヴェイ等で撮影は「怪物団」「青空狂騒曲」のメリット・B・ガースタッドの担当である。

「戦く幻影」のストーリー

リチャード・グラントは検事としては多くの罪人を死刑椅子に送り、また弁護士としては反対に幾多の人々をその運命から救い、最も敏腕な法律家として当代に鳴っている男である。彼はいつも人は合理的の殺人を行って罪を逃れることができるという説を持していた。ある日グラントは、あまり品性の良くないので評判の富豪ゴードン・リッチからある用件で招かれたことがあった。ところがその用件というのが、リッチがある純真な処女と結婚するために妾のマージョリイ・ウェストと手を切り度いので遺言を書き換える、ということだった。グラントはリッチの卑劣な行為をいたく憎まずには居られなかった。だがリッチが結婚するという処女が自分の娘バーバーラであると知るに及んでグラントのリッチに対する憎しみは驚きと怒りに変わった。グラントは娘にこの結婚は断るがいいと論したがバーバラは乙女心の一筋にリッチとの結婚を固く決心していて父の忠告を容れようとはしない。やむなくグラントはリッチに若しバーバラと結婚するなら、その前に彼の命をもらうと宣告した。そうしたグラントの警告にも拘らず結婚の準備は着々として進められ、いよいよ結婚式の晩となった。式場にはグラントも出席して新婚夫婦のために、表向きは父親として乾杯した。リッチは披露宴が果ててから万一自分が殺されたら、その下手人はグラントであるという告訴状を警察宛に書き、なおその上グラントが自分の部屋を行ったり来たり歩いているのを窓掛けに映る影で認めた。ところが不思議なことに、それと同時にグラントはリッチの書斎に忍び込んで彼を殺し、ピストルをリッチの手に持たせて自殺を装いさせ、かの警察宛の告訴状を奪い去って了った。リッチ殺人事件は期せずしてグラントの手に委ねられた。グラントを疑ったものはリッチの妾マージョリー・ウェストだけで、彼女はついに彼が犯人であることを発見した。だが彼女は若し口を開けば彼女自身を犯人にしてしまうぞとグラントから脅かされたので口を閉ざしていた。かくてグラントは、彼の持論通りに合理的の殺人を犯して罪を免れ得たと自信していたがそれは過誤だった。不思議な運命の手によって、彼が殺した男にグラントは殺されて了ったのである。

「戦く幻影」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「戦く幻影」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1931
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM支社
レイティング

「戦く幻影」のみんなのレビュー

「戦く幻影」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/8

和久井映見(1970)

さんかく窓の外側は夜

ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。

小説の神様 君としか描けない物語

相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
稲垣吾郎(1973)

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

NEW今日命日の映画人 12/8

該当する人物がいません