緑地の夜

りょくちのよる
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

「緑地の夜」のストーリー

イーグル・ライアンは殺伐な西部を天地とする悪漢団の首領であった。彼等は近く運送会社に到着するべき金塊を奪う計画をたてる。ライアンは牧師と娘のベッスが東部から養生にくることを知り、彼等の列車に途中から飛び乗って2人を自分の牧場に案内する。そして自ら牧師となって町へ乗り込み、町の顔役ベン・グラントと出逢う。2人は激しく格闘した後、ライアンは對手を突き倒し、次の日曜日にこの酒場で説教をすると宣言した。彼の雄々しき態度に日曜の朝には多勢の聴衆が集まった。今まで神を恐れぬ不敵の悪漢であったライアンも自らの言葉に感激して涙さえも浮かべるくらい、聴衆は痛く感動する。始めは悪い目的で牧師となった彼も、今はまったく改心することができ、牧師の娘ベッスの愛を感じて心嬉しい日を送る。ある日金塊が到着した。悪漢はこれを守るライアンを襲おうと計ったが、これを知ったベッスは急を彼に告げる。彼は悪漢と争って重傷を受けた。傷癒えるや彼はすべてを町の人とベッスの前に告白したが、彼等はもちろんライアンを許した。

「緑地の夜」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「緑地の夜」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1919
製作会社 ジウエル映画
レイティング

「緑地の夜」のみんなのレビュー

「緑地の夜」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。

「緑地の夜」を観ているあなたにおすすめの映画