訪れ

おとずれ
上映日
1965年2月27日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

フリードリッヒ・デュレンマットの戯曲を「コンクリートの中の男」のベン・バーズマンが脚色、「橋」のベルンハルト・ビッキイが監督した心理ドラマ。撮影はアルマンド・ナヌッツィ、音楽は「橋」のハンス・マーティン・マジェウスキーが担当した。出演は「黄色いロールスロイス」のイングリッド・バーグマン、「日曜日には鼠を殺せ」のアンソニー・クイン、「史上最大の作戦」のイリナ・デミック、「バラバ」のヴァレンティナ・コルテーゼ、「ベケット」のパオロ・ストッパなど。製作はジュリアン・デロードとアンソニー・クイン。
フリードリッヒ・デュレンマットの戯曲を「コンクリートの中の男」のベン・バーズマンが脚色、「橋」のベルンハルト・ビッキイが監督した心理ドラマ。撮影はアルマンド・ナヌッツィ、音楽は「橋」のハンス・マーティン・マジェウスキーが担当した。出演は「黄色いロールスロイス」のイングリッド・バーグマン、「日曜日には鼠を殺せ」のアンソニー・クイン、「史上最大の作戦」のイリナ・デミック、「バラバ」のヴァレンティナ・コルテーゼ、「ベケット」のパオロ・ストッパなど。製作はジュリアン・デロードとアンソニー・クイン。

みんなのレビュー

「訪れ」のレビューを書く

「訪れ」のストーリー

ヨーロッパ中部のある国にゲレンという寒村がある。そこへカーラ(イングリッド・バーグマン)という億万長者の未亡人が訪れた。彼女はこの村の出身であるが、20年前に強制的に追放され、やがて売春婦となったが、その後金持ちの男と結婚したのだった。多くの人が彼女を出迎えたが、その中には彼女を追放した警察署長ドフリック、ホテルの女中アニアなどがいたが、誰よりもカーラに会いたいがったのは、サージ(アンソニー・クイン)だった。彼は今は村の有力者であるが、かつてはカーラと恋人同士であった。しかし彼はカーラを捨て、金持ちの娘マチルダと結婚してしまった。カーラの帰村はサージへの復讐のためだった。舞踏会の席上カーラは200万ドルを村に寄付すると申し出た。ただし条件があり、サージの命とひきかえだといった。最初、村人たちはカーラの申し出に反対だったが、目先にぶらさがった彼女の報奨金をあてこみ、次第にカーラの意のままになった。金の力で村を手に入れてしまったカーラは村長の言葉も聞きいれないばかりか、弁護士まで連れてきて裁判に持ちこんだ。困りぬいたサージはカーラに翻意を求めようとし、2人は思い出深い河辺の小屋で会った。サージの心は再び燃えたがカーラの決心は変らなかった。公判の日、カーラとの間に生まれた子供を殺したという罪に問われたサージは、結局処刑されることに決った。カーラは約束通り、小切手を村長に渡した。しかし彼女は、かつて自分を追い出し今また金に目がくらんだばっかりにサージの命を奪おうとした村人の浅ましさをなじり、恥ずべき行為の生きた象徴としてサージを生かしておくと言って村を去った。

「訪れ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「訪れ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1964
公開年月日 1965年2月27日
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ モノクロ/シネスコ

「訪れ」のみんなのレビュー

「訪れ」のレビューを書く