男の魂(1955)

おとこのたましい
上映日
1955年9月16日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「紅の翼(1954)」と同じくウェイン・フェローズプロ製作によるものでアンドリュー・J・ギイア大佐の原作を「アパッチ砦」のジェームズ・ワーナー・ベラと「語らざる男」のジョン・ツウィストが共同脚色し「ホンドー」のジョン・ファーロウが監督。撮影は「紅の翼(1954)」のウィリアム・H・クローシア、音楽は「雪原の追跡」のロイ・ウェッブが担当した。出演者は「太平洋作戦」のジョン・ウェイン、「叛逆者」のラナ・ターナー、「愛欲と戦場」のタブ・ハンター、「フォルウォスの黒楯」のデイヴィッド・ファーラー、「カーニバルの女」のライル・ベトガーなど。

「男の魂(1955)」のストーリー

第二次世界大戦勃発の頃英国の巡洋艦ロックハンプトン号に追わ れるドイツ貨物船エルゲンシュトラッセ号は船長のカール・エーリッヒ(ジョン・ウェイン)、典型的ナチの1等運転士キルヒナー(ライル・ベトガー)、海軍士官候補生ウェッサー(タブ・ハンター)、豪州でスパイ活動をしていたエルザ・ケラー(ラナ・ターナー)等を乗せ南米の中立港ヴァルパライソに向かってシドニー港を出た。船中ただ1人の女性であるエルザは乗組員の憧れの的となっていった。船長は食料欠乏の為オークランド島に寄港した。上陸したキルヒナーはその場所にいた6人の漁夫から食料をとりあげた後彼等を射殺した。程経てエ号を追うロ号もオークランドに寄港した。漁夫の死体を見つけたロ号乗組の英士官でかねてエーリッヒを知るジェフリー・ネーピア(デイヴィッド・ファーラー)はこれをエ号乗組員の仕業と知り彼等を憎悪した。困苦の航海の後に船はヴァルパライソに着いた。数刻遅れて到着したネーピアはエーリッヒに再会し彼を人でなしとののしった。エ号はやがて擬装して出港した。エルザはエーリッヒに退船を命ぜられたが下船しなかった。ロ号は新しい任務に着くことになりエ号の追跡を中止したがエーリッヒを憎むネーピアはQボート乗組員に転勤し、なおも彼の船を追った。エーリッヒはその頃ヒトラーから北大西洋で連合軍の潜水艦の囮となり全員船と共に死ぬことを要求された。遂にネーピアの乗るQボートはエ号を発見した。停船命令が出されエ号乗組員はQボートに移されたがその中にはエーリッヒとエルザの姿はなかった。やがてエ号の撃沈が始まった。エーリッヒと彼を愛するエルザは火炎につつまれるエルゲンシュトラッセ号の船橋に立ったまま船と運命を共にした。

「男の魂(1955)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「男の魂(1955)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1955
公開年月日 1955年9月16日
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ シネスコ

「男の魂(1955)」のみんなのレビュー

「男の魂(1955)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。

「男の魂(1955)」を観ているあなたにおすすめの映画