オスカー(1991)

おすかー
上映日
1991年7月5日

製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

顔役でならしたギヤングの親分が、父親の遺言によって堅気にもどろうと悪戦苦闘するドタバタを描くコメディ。製作総指揮はアレックス・ポンティとジョゼフ・S・ヴェッキオ、製作はレスリー・ベルツバーグ、監督は「星の王子ニューヨークヘ行く」のジョン・ランディス、脚本はマイケル・バリーとジム・マルホランド、撮影は「ザ・デプス」のマック・アールバーグ、音楽は「大逆転(1983)」のエルマー・バーンスタインが担当。出演はシルヴェスター・スタローン、オルネラ・ムーティー、マリサ・トメイほか。

「オスカー(1991)」のストーリー

1931年のシカゴ。アンジェロ・プロボローネ(シルヴェスター・スタローン)は、スナップスのニックネームで知られた、羽振りのいいギャングの親分。「父危篤」の知らせを聞き、子分たちと家にとんでいったスナップスに、父エドアルド(カーク・ダグラス)は「堅気になれ、堅気になってプロボローネの家名を立て直せ!」と遺言を残し息絶えた。それから1カ月、スナップスの悪名クリーン作戦がスタートしたが、組の片腕アルド(ピーター・リーガート)、用心棒コニー(チャズ・パルミンテリ)らはやたらと親分を連発し市民生活にはミスマッチ、警察も監視の目をゆるめず、敵対する組織も抗争の機会を伺っている。そんな時、アンソニー・ロッサノ(ヴィンセント・スパーノ)という若い公認会計士が、スナップスの娘リサと結婚させてほしいと突然やって来るが、驚いたスナップスは「娘が欲しければ全財産を差し出せ」と彼を追い返す。そこへ今度はテレサ(エリザベス・バロンド)という娘がやってきて、父親になって欲しいという。聞けば、アンソニーと結婚するために思わずスナップスを父だと偽ったというのだ。アンンニーの相手はリサでないと安心したスナップスは、アンソニーがクライアントの金をちょろまかして手に入れたという宝石のつまった黒鞄を、そ知らぬ顔でうけとった。ところがクビにされたメイドのノラが、邸を出るときに自分の下着入りの鞄と宝石の入った鞄をまちがえてしまい、慌てたスナップスはノラを呼び戻すが、既に鞄は何者かによってすりかえられ、中はやっぱリノラの下着。騒動の中、テレサの母親が現われスナップスは仰天、何と彼女は昔の浮気相手で、テレサはスナップスの実の娘だったのだ。そうこうするうち、こんどはスナップスにお行儀のよい言葉つかいを指導していた言語学者プール(ティム・カリー)が、娘リサと駆け落ち。そこヘライバルのマフィア組織も入り乱れ、もうスナッブスのまわりはてんやわんや。しかしようやく事件は落着し、アンンニーとテレサ、プールとリサという、幸福なカップルと、無事戻ってきた宝石の鞄を前に、何とか事態は収まるところに収まったのだった。

「オスカー(1991)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「オスカー(1991)」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1991
公開年月日 1991年7月5日
製作会社 ポンティ/ヴェッキオ・プロ&ランディス/ベルツバーグ・プロ
配給 タッチストーン=ワーナー・ブラザース映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「オスカー(1991)」のみんなのレビュー

「オスカー(1991)」のレビューを書く

「オスカー(1991)」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/1

該当する人物がいません

NEW今日命日の映画人 12/1

シェリー・モリソン(2019)

無邪気な悪魔におもちゃが8つ

子供によって行われるショッキングな殺戮を描いたホラー。感化院の車が雪山で事故に遭い、護送されていた5人の問題児たちが脱走する。ロッジで冬を楽しく過ごそうとしていた大人たちに保護されるが、子供たちは彼らを残酷な方法で殺し始め…。【スタッフ&キャスト】監督:ショーン・マグレガー 脚本:ジョン・ダーレン 撮影:ポール・ヒップ/マイケル・シェア 出演:レイフ・ギャレット/ソレル・ブーク/ジーン・エヴァンス/シェリー・モリソン

愛のそよ風

『チェンジリング』のクリント・イーストウッドが初めて監督業だけに専念して制作したドラマ。不動産業を営む裕福な中年・フランクは、ある日ヒッピー風の少女・ブリージーと出会う。初めは自由に生きる彼女に苛立ちを覚えていたがフランクだったが…。【スタッフ&キャスト】監督:クリント・イーストウッド 製作:ロバート・デイリー 脚本:ジョー・ハイムズ 撮影:フランク・スタンリー 出演:ウィリアム・ホールデン/ケイ・レンツ/ロジャー・C・カーメル/シェリー・モリソン
マイケル・ライ(2019)

ルージュ(1987)

恋人を探すために現世へ戻ってきた美貌の幽霊の激しくも切ない恋を描くロマンチック・ファンタジー。監督はスタンリー・クワン。出演は、レスリー・チャン、アニタ・ムイ、アレックス・マンほか。2013年3月30日より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催された「レスリー・チャン メモリアル」にてデジタル上映。

九龍の眼

悪質な爆弾犯人たちを追いつめる香港警察の刑事チェンの活躍を描くアクション。「ポリス・ストーリー 香港国際警察」の続篇で、監督・主演・原案・スタント監修は「サイクロンZ」のジャッキー・チェン(成龍)、製作総指揮はレイモンド・チョウ(鄒文懐)とレナード・ホウ(何冠昌)、製作はエドワード・タン、脚本はエドワード・タンとジャッキー・チェン、撮影はチョウ・イウゾウ(張耀祖)とリー・ヤウトン(李有棠)、音楽はマイケル・ライ(黎小田)が担当。出演はほかに「ポリス・ストーリー 香港国際警察」のマギー・チャン(張曼玉)、「プロジェクトA2 史上最大の標的」のタン・ピョウ(董驃)、「サイクロンZ」のクリスタル・コオ(郭錦恩)など。ビデオタイトル「ポリス・ストーリー2 九龍の眼」。