オスカー(1966)

おすかー
上映日
1967年6月3日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「彼女は2挺拳銃」の監督リチャード・セイルの書いたベストセラー小説をハーラン・エリソン、ラッセル・ラウス、クラレンス・グリーンが共同で脚色し、「禁じられた家」のラッセル・ラウスが監督した39年の歴史をもつアカデミー賞の黄金像『オスカー』をめぐる様々な裏話を描いたもので、『オスカー』を題材とした映画は初めてである。撮影は「ハーロー」のジョセフ・ルッテンバーグ、音楽はパーシー・フェイスが担当。出演は「ジンギス・カン」のスティーブン・ボイド、「バンボーレ」のエルケ・ソマー、「サウンド・オブ・ミュージック」のエレノア・パーカー、「市民ケーン」のジョセフ・コットンほか。また女優衣裳デザインをこれまで7個のオスカーに輝くイーディス・ヘッドが担当している。製作総指揮はジョセフ・E・レヴィン、製作はクラレンス・グリーン。

「オスカー(1966)」のストーリー

カリフォルニア州サンタモニカのシビック・オーディトリアムでは、今や恒例のアカデミー賞授賞式が開かれようとしていた。そして主演男優賞の本命と見られるフランキー・フェーン(スティーブン・ボイド)が到着した。彼はここまで来るのに並々ならぬ苦労をなめていた。数年前、フランキーとハイミー(トニー・ベネット)はダンサーのローレル(ジル・セント・ジョン)と組んで田舎町を巡業していたが、ある町で彼らは売春斡旋の罪に問われ、仮釈放中にニューヨークに高飛びした。ローレルはフランキーを愛し、子供を宿していたが、彼はパーティーで知ったケイ・バーグダール(エルケ・ソマー)を追いまわしていた。そのうちフランキーはハリウッドのプロデューサー、ケネス・リーガン(ジョセフ・コットン)と契約する幸運を得た。ハイミーもハリウッドにやって来て、ローレルの死を告げた。いよいよフランキーはハリウッドのスターづくりの機構に投げこまれた。ある日フランキーはケイとメキシコのチワナに闘牛見物に行き、そして結婚した。フランキーのリーガンとの契約が切れる時が来た。批評家が絶讚した彼の主演映画「難関突破」でさえ興行は散散で、リーガンは再契約を拒んだ。フランキーは酒と女に暗い毎日を送っていた。そんな時、「難関突破」でフランキーがアカデミー主演男優賞候補にあげられた。彼はテレビ出演を断るとオスカー獲得のため、奔走した。彼はメキシコで知り合ったエールを買収して、他の候補があたかも彼を陥れようとしているような暴露記事を書かせ、同情票を狙った。ところがエールはフランキーの秘密をネタに不当な要求をしてきた。彼はエール殺害をハイミーに持ちかけたが、相手にされず、その上数日後、ケイと食事中のフランキーの前に現われた泥酔のハイミーは彼の秘密をぶちまけた。ケイは去った。主演男優賞の栄冠はついにフランキーの手には渡らなかった。

「オスカー(1966)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「オスカー(1966)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1966
公開年月日 1967年6月3日
製作会社 パラマウント
配給 パラマウント
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「オスカー(1966)」のみんなのレビュー

「オスカー(1966)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません