奥様御寵愛

おくさまごちょうあい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「ブロードウェイの西」「パリの魔人」のジョン・ギルバートが主演する映画で、 氏自ら書卸したストーリーを「異国の母」「蜃気楼の女」のレノア・コフィーと「貨物船と女」のメルヴィル・ベイカーが共同して脚色し「小間使(1931)」「新聞街の殺人」のモンタ・ベルが監督し、「異国の母」のハロルド・ロッソンが撮影した。助演者は「地下の雷鳴」「忍びよる心」のポール・ルーカス、「空の花嫁」「拳闘のキャグネー」のヴァージニア・ブルース、「お気に召すまま(1932)」のヘッダ・ホッパー、オルガ・バクラノヴァ、「脱走兵」のボディル・ロージング、レジナルド・オーウェン、マリオン・レッシング、ルシエン・リツルフィードル等である。

「奥様御寵愛」のストーリー

欧州の上流家庭を渡り歩く運転手のカール・シュナイダーは、名うての和事師だっ た。今度バーゲン男爵婦人のお抱えになったので、男爵の屋敷にやってきた。丁度その日は忠僕のアルバートと奥女中のアンナとの結婚式の当日だった。カールは花嫁アンナの美しさにたちまち心動かされた。そしてアンナに近づくのであった。一方、彼は台所手伝いのソフィをも陥落して了った。それは御馳走を喰はして貰うためと、それよりも先づこの女が永年奉公して後生大事に貯めこんだ金を巻き上げるためであった。忠僕のアルバートは、御主人大事にに仕えて今では奉公人全部の采領をするほどの信用をかち得てきた。カールにだまされたソフィは嫉妬からしてこのことをアルバートに告げた。アルバートは怒って、男爵婦人にカールを免職するように願ったが、容れられなかった。何故なら男爵夫人は夫の目を忍んで道ならぬ恋をつづけていた現場をカールに見られているという弱味があったからである。やがて男爵家の狩猟の日が来た。カールとアンナとソフィとを残して、一行は狩猟に出発して行った。その夜、カールはアンナを誘って、ある居酒屋で夜更けまで遊び戯れた。このさまを見たソフィは、狩猟から帰って来たアルバートに告げ口をした。実直ではあるが、理解力に乏しいアルバートは、妻の上にふりかかっている疑惑をやさしく払いのけてやろうとはせず、烈火の如く怒るだけであった。したたか者のカールはそんなことには無関心でソフィの金をまき上げ、その金でアンナを口説いて駆落ちしようとする。アンナはその魔手から逃れようと争ううち、上等な酒を入れた棚を倒す。物音をきいて駆けつけたアルバートは、カールに挑戦し、彼を散々に撃ちのめしたので、カールはほうほうの体で逃げ出した。そしてアンナはやさしい夫の手に戻り、金も無事にソフィの手に返された。男爵家を逃げ出したカールは又もや某伯爵夫人を絡してその運転手となっているのである。

「奥様御寵愛」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「奥様御寵愛」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1932
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM支社
レイティング

「奥様御寵愛」のみんなのレビュー

「奥様御寵愛」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。