掟(1924)

おきて
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「人類の破滅」に続いてウォレス・リード夫人が主演した映画で、アデラ・ロジャース・セント・ジョン女史が特に夫人のために書きおろし、マリオン・ジャクソン女史とブラドレー・キング女史とが脚色し、ロイ・ウィリアム・ニール氏が監督したもの。リード夫人の相手役には、「冬来たりなば」「消えゆく灯」出演のパーシー・マーモント氏、「我が恋せし乙女」等出演のラムゼイ・ウォーレス氏、「闘争の熱血」等出演のアーサー・ランキン氏等が出演する。母性愛を説いた作品である。

みんなのレビュー

「掟(1924)」のレビューを書く

「掟(1924)」のストーリー

ジョアン・アレンは子供のボビーを甘やかして我がまま一杯に育てたので、夫ラルフはこれを快く思わず、次第に妻との仲が離れて行って酒や賭博に家庭の不満を忘れようとしていた。お隣のリチャード・ヒースは書物を好み、家庭的の男であったので、妻のミュリエルは家を外に遊び暮らしていたので、娘のパッシーも母に感化されて浮薄な日のうちに育てられた。数年は過ぎてラルフは死んだ。ボビーは我がままな青年になり、パッシーも現代的なフラッパーとなっていた。一日ボビーはパッシーと自動車を走らせていた時、老婆を轢き殺して投獄された。母のジョアンは初めて誤った教育をしてきた事に気が付いて我が子の代わりに牢へ入る事に訴えたが、ボビーも迷夢から醒めて男らしく刑を受けた。出獄の後彼はパッシーと母と共に堅実な生活に入ることになった。

「掟(1924)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「掟(1924)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1924
製作会社 エフ・ビー・オー映画
配給 スター
レイティング

「掟(1924)」のみんなのレビュー

「掟(1924)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 10/26

セス・マクファーレン(1973)

ローガン・ラッキー

「オーシャンズ11」シリーズのスティーヴン・ソダーバーグが4年ぶりに撮り上げた監督復帰作。不運続きのジミーとクライドのローガン兄弟は、爆破のプロで服役中のジョーを脱獄させ、全米が夢中になるNASCARレースの最中に売上金を盗み出そうと計画するが……。出演は「フォックスキャッチャー」のチャニング・テイタム、「パターソン」のアダム・ドライヴァー、「007」シリーズのダニエル・クレイグ、「ミリオンダラー・ベイビー」のヒラリー・スワンク、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のライリー・キーオ、「黄金のアデーレ 名画の帰還」のケイティ・ホームズ、「エイリアン コヴェナント」のキャサリン・ウォーターストン、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のセバスチャン・スタン。

SING シング

「ミニオンズ」「ペット」を生んだユニバーサル・スタジオ&イルミネーションによるアニメーション。動物だけが暮らす世界。取り壊し寸前の劇場支配人バスターは、かつての栄光を取り戻すため歌のオーディションを開催、個性的な動物たちが会場に集まってくる。声の出演は「追憶の森」のマシュー・マコノヒー、「わたしに会うまでの1600キロ」のリース・ウィザースプーン、「テッド」のセス・マクファーレン、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のスカーレット・ヨハンソン、「五日物語 3つの王国と3人の女」のジョン・C・ライリー、「キングスマン」のタロン・エガートン、「ソーセージ・パーティー」のニック・クロール。監督・脚本は「リトル・ランボーズ」のガース・ジェニングス。
堀田茜(1992)

妖怪人間ベラ

1968年のTV放映から今なお人気を誇るアニメ『妖怪人間ベム』に登場するベラに焦点をあて「映画 賭ケグルイ」の英勉監督が新たな視点で実写化。いつも一人ぼっちの女子高生ベラ。独特な美貌を持つ彼女に興味を抱いた同級生の牧野沙織は、ベラに近づくが……。出演は「蜜蜂と遠雷」の森崎ウィン、人気モデルのemma、「アパレル・デザイナー」の堀田茜。

キスカム! COME ON,KISS ME AGAIN!

若手監督・松本花奈が贈るロマンティック・コメディ。内気な橋口海はある日、恋人のサヤにフラれた上、勤務先の化粧品会社から子会社への出向を命じられる。ところが、出向先は“キスによって恋人たちのよりを戻す恋愛コンサル”という奇妙な会社で……。出演は「サヨナラまでの30分」の葉山奨之、「アパレル・デザイナー」の堀田茜、「午前0時、キスしに来てよ」の八木アリサ。