王家の谷(1954)

おうけのたに
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

C・W・セラムの「神、墓、学者」の歴史的記述にヒントを得たエジプトの古墳探究物語で「二世部隊」のロバート・ピロッシュが監督した1954年作品。脚本はピロッシュ監督と「不時着結婚」のカール・ダンバーグが協力して書きおろした。撮影はイーストマン・カラーで行われ「モガンボ」のロバート・サーティースが担当(プリントはテクニカラー版)。音楽は「アスファルト・ジャングル」のミクロス・ローザである。主演は「円卓の騎士」のロバート・テイラーと「黒い絨毯」のエレノア・パーカーで、アルゼンチン映画界出身の新人カーロス・トンプソン、カート・カズナー(「君知るや南の国」)。ヴィクター・ジョリー、レオン・アスキンらが助演。

「王家の谷(1954)」のストーリー

英国婦人アン・マーゼデス(エレノア・パーカー)は、父の遺志をついでラホテップ王の墓を探すため、夫フィリップ(カーロス・トンプソン)とともにエジプトのカイロへやって来た。アンの父は生前有名な考古学者で、彼はロンドンで発見した小さな金の像から手がかりを得、ラホテップ王の墓を発見すれば、旧約聖書のエジプトにおけるヨセフの記述が真実であるという証拠が発見できると信じていた。アンはアメリカの考古学者マーク・ブランドン(ロバート・テイラー)と知り合い、このことを語った。マークは疑わしく思いながらも彼女の美しさに惹かれて協力することにした。アンはまずラホテップ王の墓の他の盗品を探そうとして、カイロの古美術商アルコの助けを得ることに成功したが、墓場泥棒のハメッド(カート・カズナー)はこれを妨害しようとした。ある日、アン、フィリップ、マークの3人はセント・キャサリン僧院を訪れ、そこの納骨堂でマークはラホテップ王が第18王朝に属すると推定される証拠を発見した。同王朝の全支配者は《王家の谷》に埋葬されており、ラホテップ王の墓もそこにあると確信した。しかし結果は殆ど絶望的だった。ある夜、アンはアルコに会い、ラホテップの墓のありかを知る者は、放浪者のアクメッド・サラとハメッドの2人であるという情報を買った。マークらはエル・タブルにいるアクメッドを訪ねることになった。フィリップは密かにハメッドと計って王の墓の財宝を盗み出そうと企て、ハメッドをラクダ引きにして一行に加えた。途中、彼らは猛烈な砂嵐に遭った。フィリップとハメッドは、マークとアンをおきざりにし、飲料水も奪っていった。マークとアンは幸いアクメッドに会うことが出来た。しかし彼は容易に口を割らず、マークは彼と決闘の末、巨大な神殿の廃墟へ連れられた。そこにはハメッドの死体があった。更にマークはフィリップとも遭遇して格闘を演じたが、フィリップは足を踏みはずし転落して死んだ。マークとアンは、この神殿で手に入れた箱からラホテップの墓がアメンホテップ王のピラミッドの陰にあることを知り、漸く発掘に成功した。中は既に荒らされていたが、マークは秘密の部屋に通じる扉をみつけ、小さなヨセフの石像を発見した。旧約聖書の記述は実証されたのだ。喜びのマークとアンは、幸福な将来を胸に描いてた。

「王家の谷(1954)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「王家の谷(1954)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1954
製作会社 MGM映画
配給 MGM映画会社
レイティング
カラー/サイズ カラー

「王家の谷(1954)」のみんなのレビュー

「王家の谷(1954)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/8

和久井映見(1970)

さんかく窓の外側は夜

ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。

小説の神様 君としか描けない物語

相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
稲垣吾郎(1973)

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

NEW今日命日の映画人 12/8

該当する人物がいません


「王家の谷(1954)」を観ているあなたにおすすめの映画