エンティティー 霊体

えんてぃてぃーれんたい The Entity
上映日
1982年10月23日

製作国
アメリカ

上映時間
126分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

色情霊に襲われる女性を描くオカルト映画。実話に基づいてフランク・デ・フェリータが小説化し、自ら脚本も執筆した。製作は「天国の日々」のハロルド・シュナイダー、監督は「面影」のシドニー・J・フューリー。撮影はスティーブン・H・ブラム、音楽はチャールズ・バーンスタインか担当。実際にカーラ・モーランの調査に当ったバリー・タフト、ケリー・ゲイナーが顧問として名を連ねている。出演はバーバラ・ハーシー、ロン・シルハー、デイヴィッド・ラビオサ、マーガレット・ブライ、ジャクリーン・ブルックスなど。

「エンティティー 霊体」のストーリー

ロサンゼルスに住むカーラ・モーラン(バーバラ・ハーシー)は、30そこそこの独身女性で、1男2女の子持ち。現在はパート・タイムで働きながら、秘書になるためタイプの講習を受けている。ある夜、彼女が寝室にいると、何者かに殴られ、ベッドに押しつけられ犯されそうになる。彼女の叫び声に15歳の息子ビリー(デイヴィッド・ラビオサ)が飛びこんで来たが、人が侵入した形跡は見当らなかった。その後も、部屋が揺れて彼女を悩ませた。翌晩も同じように姿のみえない物体に襲われ、彼女は子供を連れて友人のシンディ・ナッシュ(マーガレット・ブライ)の家に避難した。ついで、職場へ向う途中、自動車のブレーキが急にきかなくなり、あぶないところで命拾いした。この事故の治療をうけた大学病院の精神科のスナイダーマン医師(ロン・シルヴァー)に、ここ数日の異常な出来事を話す。診察の結果、スナイダーは幻覚だろうという。その夜、浴室で再び透明な物体に襲われ犯された。翌晩も彼女は居間で襲われかけ、救けようとしたビリーはその物体の発する電気エネルギーで負傷する。シンディの家に相談にゆくが、そこでも襲われ、部屋の中は目茶苦茶になる。本屋で知った超心理学者クラフトとミーハンを家につれて来て、物体の存在を認めさせた。2人の上司であるクーリー博士(ジャクリーン・ブルックス)は、物体の正体はエンティティーであると断定する。カーラの愛人ジェリーは彼女が全裸にされエンティティーに強姦されるさまを見てショックを受ける。クーリー博士は、液体ヘリウムでエンティティーをとじ込めるために、大学の体育館にカーラの家そっくりのものを作る。だが、エンティティーは液体ヘリウムのタンクを動かし、彼女を追いつめる。ついにタンクは爆発、エンティティーは緑色の固形物となり、最後は爆発して紛々になってしまった。家にもどったカーラに、エンティティーが「お帰り」と初めて声をかける。翌朝カーラは子供たちとテキサスに旅立ってゆく。今でも回数は減ったものの、超常現常はおきているという。

「エンティティー 霊体」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「エンティティー 霊体」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1982
公開年月日 1982年10月23日
上映時間 126分
製作会社 アメリカン・シネマ・プロ作品
配給 20世紀フォックス
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 ドルビー

「エンティティー 霊体」のみんなのレビュー

「エンティティー 霊体」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/14

ピーター・カパルディ(1958)

パディントン

世界40ヶ国語以上に翻訳される英作家マイケル・ボンドのロングセラー児童小説シリーズ、初の実写映画化。南米ペルーの奥地からイギリスのロンドンへやってきた紳士的なくまのパディントンの冒険をCGIやアニマトロニクスを用い描く。監督はコメディドラマ『マイティ・ブーシュ』を手がけたポール・キング。脚本には「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」のハーミッシュ・マッコールも参加している。パディントンの声を「007 スカイフォール」のベン・ウィショーが担当。ほか、「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマンがパディントンを狙う謎の女を演じる。

赤ずきんの森(2006)

暗く広大な森で少女が体験した怪奇と幻想を描くメルヘンスリラー。16歳で出産し、周囲の大人たちに子供を取り上げられてしまったケリーは、友人と出掛けた森で大木に抱かれる赤ちゃんを見つけ出す。“マクザム バリュー・コレクション 第三弾”。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:クレイグ・スタラチェン 製作:ロス・ボーランド 編集:コリン・モニー スペシャルエフェクツ:ボブ・キーン 出演:マーティン・コンプストン/ピーター・カパルディ/サマンサ・シールズ/ケヴィン・クイン
ジーナ・マッキー(1961)

ファントム・スレッド

「リンカーン」などで3度のアカデミー賞主演男優賞に輝いたダニエル・デイ・=ルイス主演のラブストーリー。1950年代のロンドン。ファッションの中心的存在として脚光を浴びるオートクチュールの仕立屋レイノルズは、若いウェイトレス、アルマと出会う。監督・脚本は、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソン。出演は、「マルクス・エンゲルス」のヴィッキー・クリープス、「ターナー、光に愛を求めて」のレスリー・マンヴィル。音楽は、「インヒアレント・ヴァイス」のジョニー・グリーンウッド。第75回ゴールデングローブ賞2部門ノミネート。第90回アカデミー賞で作品賞を含む6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞。

ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して

「クリスマス・ストーリー」のアルノー・デプレシャンが、実話を基にアメリカで撮影したヒューマンドラマ。心に傷を負ったネイティブアメリカンとフランス人精神分析医の親交が導く静かな奇跡を描く。出演は「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳別れの手紙」のベニチオ・デル・トロ、「さすらいの女神(ディーバ)たち」のマチュー・アマルリック、「ひかりのまち」のジーナ・マッキー。

NEW今日命日の映画人 4/14

該当する人物がいません