炎のランナー

ほのおのらんなー Chariots of Fire
上映日
1982年8月14日

製作国
イギリス

上映時間
123分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

1924年のパリ・オリンピックに出場した二人のイギリス青年を描く。実話の映画化。製作はデイヴィッド・パトナム、製作指揮はドディ・フェイド、監督はCM出身で、これが第一作になるヒュー・ハドソン。脚本はコリン・ウェランド、撮影はデイヴィッド・ワトキン、音楽はヴァンゲリスが担当。出演はベン・クロス、イアン・チャールソン、シェリル・キャンベル、アリス・クリージャ、イアン・ホルムなど。原題はウィリアム・ブレイクの詩『エルサレム』から取られている。

みんなのレビュー

  • 如庵

    2020年7月12日に投稿
    95
    • 感動的な
    • おしゃれな
    • 泣ける
    • 重厚感のある
    • かっこいい
    • 親子で楽しめそう
    • 考えさせられる

    ネタバレ何のために走るのか? 信仰と愛国、個人と国家、個と普遍を1920年代のスポーツ実話に基づいた名画

    「Chariots of Fire」1981年; Hugh Hudson監督; 1982年アカデミー作品賞 キリスト教徒ながら名前故にユダヤ人と嘲られ、エリートとしてケンブリッジ・キーズカレッジに学ぶユダヤ人学生ハロルド・アブラハム、厳格なスコットランド長老教会の牧師家庭に育ったエリック・リデル。英国代表として2人が参加し、勝利した1924年パリ・オリンピックへの信念と努力、勝利の物語。何のため、誰のために走るのか? ただ神より授かった人間の力の極限に挑む姿は、目的、アマ、プロ、環境の差が無意味となるほど感動的。描かれた人の尊厳と同じく1920年代の雰囲気の各カットが絵のように美しい。
  • ユーザA

    2020年4月1日に投稿
    90

    ネタバレ

「炎のランナー」のストーリー

1919年、ケンブリッジ大に入学したハロルド・エイブラハムズ(ベン・クロス)は、自分がユダヤ人であることを強く意識していた。アングロ・サクソンの有形無形の差別に反発し、その鬱憤を発散するため走った。同じ頃、スコットランドではエリック・リデル(イアン・チャールソン)が駿足を謳われていた。彼は宣教師の家庭に生まれ、彼も父の後を継ぐつもりだった。彼にとって、走ることは神の思寵をたたえることだったが、妹のジェニー(シェリル・キャンベル)は彼が一日も早く宣教の仕事を始めることを望んでいた。ケンブリッジでは、ハロルドを中心に、障害物のアンドリュー(ナイジェル・ヘイヴァース)、中距離のオーブリー(ニコラス・ファレル)とヘンリー(ダニエル・ジェロール)が活躍をし、24年のパリ・オリンピックを目指して練習を続けた。ハロルドはスコットランドまで行き、エリックが走るのを見学。ある夜、オペラ見物に出かけたハロルドは、歌手のシビル(アリス・クリージャ)に一目惚れし、早速デートに誘い出す。23年、ロンドンでの競技会で、エリックとハロルドは対決。わずかの差でエリックが勝つ。ハロルドはサム・ムサビーニ(イアン・ホルム)のコーチを受けることになった。そのためトリニティの学寮長(ジョン・ギールグッド)とキースの学寮長(リンゼイ・アンダーソン)に、アマチュア精神にもとると批難されたが、彼は昂然と反論した。オリンピック出場が決定したケンブリッジ四人組とエリックは、パリに向かう。百メートルの予選が日曜日と知ってエリックは出場を辞退する。日曜は神が定めた安息日だから、走れないというのだ。選手団長のバーケンヘッド卿(ナイジェル・ダヴェンポート)、皇太子(デイヴィッド・イエランド)、サザーランド公(ピーター・イーガン)の説得も効はなかった。アンドリューが四百メートルに出る権利をエリックに譲ると申し出る。百メートルではハロルドが、米国のパドック(デニス・クリストファー)、ショルツ(ブラッド・デイビス)を押えて優勝。競技場近くの宿に一人残っていたサムは、ハロルドの勝利を知り感涙にむせぶ。四百メートルでは、エリックが勝利をおさめた。帰国した選手たちに、イギリス国民は惜しみない賞賛を与えるのだった。

「炎のランナー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「炎のランナー」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 イギリス
製作年 1981
公開年月日 1982年8月14日
上映時間 123分
製作会社 エニグマ・プロ
配給 20世紀フォックス
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビー

「炎のランナー」のみんなのレビュー

  • 如庵

    2020年7月12日に投稿
    95
    • 感動的な
    • おしゃれな
    • 泣ける
    • 重厚感のある
    • かっこいい
    • 親子で楽しめそう
    • 考えさせられる

    ネタバレ何のために走るのか? 信仰と愛国、個人と国家、個と普遍を1920年代のスポーツ実話に基づいた名画

    「Chariots of Fire」1981年; Hugh Hudson監督; 1982年アカデミー作品賞 キリスト教徒ながら名前故にユダヤ人と嘲られ、エリートとしてケンブリッジ・キーズカレッジに学ぶユダヤ人学生ハロルド・アブラハム、厳格なスコットランド長老教会の牧師家庭に育ったエリック・リデル。英国代表として2人が参加し、勝利した1924年パリ・オリンピックへの信念と努力、勝利の物語。何のため、誰のために走るのか? ただ神より授かった人間の力の極限に挑む姿は、目的、アマ、プロ、環境の差が無意味となるほど感動的。描かれた人の尊厳と同じく1920年代の雰囲気の各カットが絵のように美しい。
  • ユーザA

    2020年4月1日に投稿
    90

    ネタバレ




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/8

和久井映見(1970)

さんかく窓の外側は夜

ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。

小説の神様 君としか描けない物語

相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
稲垣吾郎(1973)

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

NEW今日命日の映画人 12/8

該当する人物がいません