グール

ぐーる
上映日
1994年9月24日

製作国
アメリカ インドネシア

ジャンル
ホラー

ここが見どころ

墓場から蘇った美しい女ゾンビの恐怖を描くスプラッタ・ ホラー。監督・脚本はジョン・ミラー、製作はラム・ソラヤ。撮影はデイヴィッド・マッグリン・パートギ、音楽はジャニス・ハッバードとマイケル・シルヴァーシャー、特殊メイクはスティーヴン・プローティがそれぞれ担当。大胆なヌードも披露した主演は、新星タニヤ・オファー。共演はクリスティン・アン、エイミー・ウェバー、ジョゼフ・カッサノ、ジョン・ワロミほか。

みんなのレビュー

「グール」のレビューを書く

「グール」のストーリー

ロサンゼルス。3人の宝石泥棒を乗せた車が追跡するパトカーと激しい銃撃戦を繰り広げながら疾走していた。車は墓地に突っ込み、犯人たちは死亡する。現場に飛び散った鮮血とちぎれた腕が、墓地の死霊の眠りを覚ませ、美しい女の姿となって″暗黒の女王″が蘇った。同じ夜、若く美しいスーザン(タニア・オファー)は嫉妬深い恋人のジョン(ジョゼフ・カッサノ)に暴力的に犯され、脅迫される。傷ついた彼女は姉のリンダ(クリスティン・アン)の住むインドネシアのジャカルタに旅立つ。姉の屋敷での生活は快適そのものだった。ある日スーザンは、リンダが現地の魔術研究をしている友人のビコ(ジョン・ワロミ)に貰ったスマトラの古い書物を見つける。それが悪霊を呼び寄せる呪文とも知らず、彼女は何気なく文章を声に出して読む。突然、鏡の中に闇の女王が現われ、その魔力に魅せられたスーザンは、邪悪な取り引きをしてしまう。彼女は挑発的なドレスに身を包んで夜の町を歩き、そのセクシーな肢体で男たちを挑発しては、残虐な手段で次々に殺害していった。米国から彼女を追って来たジョンも血祭りに上げられる。殺害を重ね、犠牲者の血と精液を闇の女王に捧げるたび、リンダは美しく変身していく。闇の女王は次に、リンダを生贄に要求する。妹の異変に気づいた彼女はビコに助けを求める。魔術を駆使した戦いが展開した末に、ビコが自らを犠牲にして闇の女王を倒したかに見えた。だが、現場に転がった鏡の中に、悪霊の高笑いが響いた。

「グール」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「グール」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー
製作国 アメリカ インドネシア
製作年 1994
公開年月日 1994年9月24日
製作会社 20世紀プロ(インドネシア*ソラヤ・インターナショナル製作協力)
配給 アルバトロス
レイティング

「グール」のみんなのレビュー

「グール」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/26

エイブ・ヴィゴーダ(2016)

アンダーワールド(1996)

自分と父親を陥れた真犯人を見つけるため、正体不明の謎の男に接近する青年のパラノイアックな復讐劇を描いた異色サスペンス。本作の後「マッド・ドッグス」(日本では98年1月公開)で監督デビューも果たしたヴェテラン俳優ラリー・ビショップ(本作で助演も)の脚本を、「スター・ウォーズ」(美術監督としてアカデミー装飾部門最優秀賞を受賞)、『The Sender』(日本未公開、監督作)のロジャー・クリスチャンの監督で映画化。美術はアキ・カウリスマキ監督作品(「ラ・ヴィ・ド・ボエーム」ほか)でも知られるジョン・エブデン。出演は「ネオン・バイブル」のデニス・レアリー、「アンカーウーマン」のジョー・モントーニャ、「フューネラル」のアナベラ・シオラ、「ゴッドファーザー」のアベ・ヴィゴダ、「シリアル・ママ」のトレイシー・ローズほか。

シュガー・ヒル

ニューヨーク・ハーレムの暗黒街で、ドラッグ売買のトップにのし上がった2人の兄弟の葛藤を軸に展開する、愛と暴力に彩られたブラック・ムービー。監督はキューバ出身で、カンヌ国際映画祭で上映された「クロスオーバー・ドリーム」やテレビ映画「心臓が凍る瞬間」(日本では劇場公開)などの作品があるレオン・イチャソ。脚本はバリー・マイケル・クーパー。製作は「ラブ・クライム 官能の罠」のルディ・ラングレイスと、グレゴリー・ブラウン。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ザ・コミットメンツ」のアーミヤン・バーンスタインとトム・ローゼンバーグ、マーク・エイブラハムズの共同。撮影は「ディープ・カバー」「カリフォルニア(1993)」のボージャン・バゼリ。音楽はテレンス・ブランチャードで、ジャズ、ファンク、ソウル、ラップ、ヒップホップ、ブラック・コンテンポラリー、アフリカン・ミュージックからゴスペルに至るまで、さまざまなブラック・ミュージックの挿入曲が全編に流れる。美術は「再会の時」のマイケル・ヘルミー、主人公兄弟の人物造形や作品世界の上でも重要な要素を占める衣装は、「ディック・トレイシー」のエドゥアルド・カストロで、ヴェルサーチ、ヨージ・ヤマモトなどのスーツが使用されている。主演は「ニュー・ジャック・シティ」「デモリションマン」「ドロップ・ゾーン」など出演作が相次ぐウェズリー・スナイプスと、「ストリーマーズ 若き兵士たちの物語」『ファイブ・ハートビーツ』(V)のマイケル・ライト。「クロウ 飛翔伝説」のアーニー・ハドソン、「ビバリーヒルズ・コップ3」のテレサ・ランドルらが共演。