パワー・オブ・ワン

ぱわーおぶわん
上映日
1993年4月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

1930年代の南アフリカで生まれたイギリス人の少年が孤児となり、人々の善意とアフリカの大自然に学びながら成長していく姿を描く人間ドラマ。監督は「ロッキー」のジョン・G・アヴィルドセン、製作は「JFK」のアーノン・ミルチャン、エグゼクティヴ・プロデューサーは「真実の瞬間」のスティーヴン・ルーサー、グラハム・バーク、グレッグ・クート。ブライス・コートネイの半自伝的同名小説をもとに「ベスト・キッド」のロバート・マーク・カーメンが脚本を執筆。撮影は「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のディーン・セムラー、音楽は「レインマン」のハンス・ジマーが担当。主演はスティーブン・ドーフ、「ミュージックボックス」のアーミン・ミューラー・スタール、「許されざる者(1992)」のモーガン・フリーマン、「プロスペローの本」のサー・ジョン・ギールグッド。

「パワー・オブ・ワン」のストーリー

南アフリカのイギリス人農園経営者の一人息子として生まれたPK(ガイ・ウィッチャー)は、生まれる前に父を亡くし、病気がちの母の負担を軽くするため全寮制の学校に入学させられた。学校ではイギリス支配化で迫害されてきたフランス・ドイツ系の生徒にいじめられ、やがて孤児となったPKは理不尽ないじめに対して対抗し、小学校から祖父のもとへ送られる。祖父はPKをドイツ人のピアニスト、ドク(アーミン・ミューラー・スタール)に預ける。ドクはPKにピアノを教えると共に、アフリカの大自然を通して人間を、そして人生を教えた。そのドクが収容所へ入れられると、PKは祖父のもとから収容所に通い、ズール族の人々と親しくなり、その中の1人、ヒール・ピート(モーガン・フリーマン)にボクシングを習い始める。12才になったPK(サイモン・フェントン)は収容所内でボクシング・チャンピオンになるほど腕を上げ、収容所内の人々と共に、音楽を武器に抵抗を試みた。混乱の中でピートは命を落すが、勇気と自信を得たPK(スティーブン・ドーフ)は、高校生になるとボクシングと学業で頭角を現わし、校長のセント・ジョン(サー・ジョン・ギールグッド)にも期待される青年に成長した。そして、アパルトヘイト推進論者の父を持つマリア(フェイ・マスターソン)という少女と出会った。マリアはPKの考えを理解し、PKがズール族の人々に英語を教えることを手伝う。しかし、ある日南ア軍の兵士たちが収容所にやって来て大暴動が起き、マリアが撲殺されてしまう。兵士の中に小学生時代にいじめられたボータ(ダニエル・クレイグ)がいた。彼と一騎打ちして倒したPKは、ボクシングを通じて友となったギデオン(アロイス・モヨ)と共に、新天地へ向かって旅立つのだった。

「パワー・オブ・ワン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「パワー・オブ・ワン」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1992
公開年月日 1993年4月10日
製作会社 アーノンミルチャンプロ作品
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「パワー・オブ・ワン」のみんなのレビュー

「パワー・オブ・ワン」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/27

小山明子(1935)

インターミッション

取り壊しが決まった名画座・銀座シネパトスを舞台に、映画の休憩時間に交わされる会話劇によるブラックコメディ。本作のために、映画を愛する豪華キャスト、スタッフが集結した。出演は、「透光の樹」の秋吉久美子、「ヒミズ」の染谷将太、「まあだだよ」の香川京子ほか。監督は、本作が劇場用映画初監督となる樋口尚文。スクリーンサイズはシーンによりシネスコ、ビスタ、スタンダードと変化。

テレビに挑戦した男・牛山純一

テレビ草創期から活躍した名プロデューサー、牛山純一の生涯を関係者インタビューで振り返り、テレビが抱える問題を問いかけるドキュメンタリー。「エドワード・サイード OUT OF PLACE」の監督、佐藤真が10年越しの企画を実現した。証言者として、大島渚夫人で女優の小山明子(「日本の夜と霧」)などが登場。
上白石萌音(1998)

トロールズ ミュージック★パワー

「ボス・ベイビー」のドリームワークスが贈る、音楽好きな妖精の世界を舞台にした3Dアニメ。トロールズが暮らすポップ村の女王ポピーのもとに、ロック村の女王バーブから手紙が届く。この世界に別の仲間がいることを知ったポピーたちは胸を躍らせるが……。声の出演は、「ピッチパーフェクト」シリーズのアナ・ケンドリック、「女と男の観覧車」のジャスティン・ティンバーレイク。

楽園(2019)

吉田修一の『犯罪小説集』を「64 ロクヨン」の瀬々敬久が映画化。ある地方都市で起きた幼女失踪事件をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士と紡は、それぞれの不遇に共感し合う。だが事件から12年後、再び同じY字路で少女が姿を消し、事態は急変する。出演は、「怒り」の綾野剛、「十二人の死にたい子どもたち」の杉咲花、「64 ロクヨン」の佐藤浩市、「居眠り磐音」の柄本明、「チワワちゃん」の村上虹郎。