• TOP
  • 青木崇高

青木崇高 アオキムネタカ

  • 出身地:大阪府八尾市
  • 生年月日:1980/03/14

略歴 / Brief history

大阪府八尾市の生まれ。府立八尾高校を卒業後、丸山智己、尚玄らと演劇グループ“REBOUND GLAMOUR”を結成し、2007年の解散まで、小劇場で公演等を行なう。下山天監督「マッスルヒート」02の端役を経て、深作欣二・深作健太監督「バトルロワイアルⅡ・鎮魂歌」03の男子生徒10番役で本格的に俳優デビューし、海上保安庁の潜水士候補生たちの成長を描いた羽住英一郎監督「海猿」04で主人公の仲間のひとり、渡辺マサヤ役を演じて注目される。シリーズ化された同作には、以後も05年のテレビドラマ版、06・10年の劇場版続編にも同役で顔を見せる。こうした青春群像劇の集団キャストの一員というポジションは、成島出監督「フライ,ダディ,フライ」05、塙幸成監督「初恋」06などと続き、184cmの長身と男っぽい面構えで徐々に評価を集めていった。06年のNHK『繋がれた明日』でドラマ初主演。殺人で服役したのち社会復帰を目指す青年の心情を細やかに演じ、続いてNHK連続テレビ小説『ちりとてちん』07のメインキャストに抜擢される。貫地谷しほり演じる落語家を目指すヒロインの兄弟子で、やがて夫になる徒然亭草々役。落語一筋に励む古風で熱い若者を好演して一躍、幅広い知名度と人気を得る。「海猿」の羽住監督からは信頼を寄せられ、同シリーズのほか「逆境ナイン」05、「銀色のシーズン」08、「おっぱいバレー」09と相次いで起用される。以後も木村祐一監督「ニセ札」09の知的障害者、谷口正晃監督「時をかける少女」10の頼りがいのあるカメラマンなどで役柄を広げ、11年は前田弘二監督「婚前特急」、山下敦弘監督「マイ・バック・ページ」、三池崇史監督「一命」に出演。テレビドラマもTBS『本日も晴れ。異状なし』09、フジテレビ『ブザー・ビート/崖っぷちのヒーロー』09などを経て、10年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』では、身分が下の坂本龍馬の人格的魅力を妬む土佐藩士・後藤象二郎役。出番のない日も現場に通う熱心さで臨み、重要な役を演じ切って高い評価を得る。真っ直ぐな感情の青年像から一皮も二皮も剥け、スケールを増しつつある。

青木崇高の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ゲキ×シネ「髑髏城の七人 Season花」

    何度も再演されてきた劇団☆新感線の代表作『髑髏城の七人』のうち、2018年に小栗旬、山本耕史らが出演した「Season花」を“ゲキ×シネ”として映画館で上映。天正十八年。関東各地を荒らす髑髏党を率いる天魔王の前に、捨之介と名乗る男が現れる。共演は「チワワちゃん」の成河、「パーフェクト・レボリューション」の清野菜名、「サムライマラソン」の青木崇高。
    88
    • 感動的な
  • サムライマラソン

    「超高速!参勤交代」の脚本家・土橋章宏による小説『幕末まらそん侍』を豪華スタッフ・キャストで映画化。幕末。迫る外国の脅威に備え、安中藩主・板倉勝明は藩士を鍛えるため、十五里の山道を走る大会を開催。そんななか、藩士不在の城に刺客が送り込まれる。出演は「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の佐藤健、「恋は雨上がりのように」の小松菜奈、「怒り」の森山未來、「きみの鳥はうたえる」の染谷将太、「来る」の青木崇高、「レオン」の竹中直人、「淵に立つ」の筒井真理子、「止められるか、俺たちを」の門脇麦、「海を駆ける」の阿部純子、「リングサイド・ストーリー」の奈緒、「覚悟はいいかそこの女子。」の中川大志、「ワンダーウーマン」のダニー・ヒューストン、「パンク侍、斬られて候」の豊川悦司、「シン・ゴジラ」の長谷川博己。監督は「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」のバーナード・ローズ。企画・プロデュースは「ラストエンペラー」のジェレミー・トーマスと「おくりびと」の中沢敏明。脚本は「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の斉藤ひろし、バーナード・ローズ、「喰女 クイメ」の山岸きくみ。音楽を「めぐりあう時間たち」のフィリップ・グラス、衣装デザインを「乱」のワダエミが担当。
  • 来る

    第22回日本ホラー小説大賞を受賞した澤村伊智による『ぼぎわんが、来る』を「告白」の中島哲也監督が映画化。幸せな新婚生活を送る田原秀樹の会社に、とある来訪者が現れ、取り次いだ後輩は謎の死を遂げる。それ以降、秀樹の周囲で奇妙な出来事が起こり始める。出演は「散り椿」の岡田准一、「リップヴァンウィンクルの花嫁」の黒木華、「恋は雨上がりのように」の小松菜奈、「小さいおうち」の松たか子、「怒り」の妻夫木聡。脚本を中島哲也と、劇作家の岩井秀人、「渇き。」の門間宣裕が務める。
  • 友罪

    実在の事件に着想を得た薬丸岳による同名小説を原作に「64 ロクヨン」の瀬々敬久監督が映画化。ジャーナリストの夢に破れ町工場で働き始めた益田。同い年の工員・鈴木と打ち解けていくなか、益田は彼が17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないかと疑い始める。出演は「彼らが本気で編むときは、」の生田斗真、「ミックス。」の瑛太、「64 ロクヨン」の佐藤浩市、「海街diary」の夏帆、「去年の冬、きみと別れ」の山本美月、「この国の空」の富田靖子。撮影を「彼女の人生は間違いじゃない」の鍋島淳裕、音楽を「ピンクとグレー」の半野喜弘が務める。
  • モリのいる場所

    「祈りの幕が下りる時」の山崎努と「あん」の樹木希林が洋画家・熊谷守一夫妻を演じるヒューマンドラマ。守一の自宅の庭には様々な動植物が生きている。守一は30年以上、それらをじっと眺めるのを日課にしていた。守一の家には毎日のように人が訪ねてくる。監督・脚本は、「モヒカン故郷に帰る」の沖田修一。出演は、「3月のライオン」前・後編の加瀬亮、「谷崎潤一郎原案/TANIZAKI TRIBUTE『悪魔』」の吉村界人。
  • おもてなし

    田中麗奈とワン・ポーチエの共演で贈る日台合作映画。母が切り盛りする実家の旅館を手伝うため、仕事を辞めて帰った梨花。だが、旅館は台湾人実業家のチャールズに買収され、再建のためにその息子ジャッキーが現れる。衝突する梨花とジャッキーだったが……。共演は「シン・ゴジラ」の余貴美子、「デスノート Light up the NEW world」の藤井美菜。「エンディングノート」の砂田麻美が、監督のジェイ・チャンと共同で脚本を執筆している。