ジェーン・マーフィン

ジェーン・マーフィンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ロマンスの街

    「原始人」のフランシス・レデラーが「コンチネンタル」「空中レヴュー時代」のジンジャー・ロジャースと共に主演する映画で「ラッパは響く」「六月十三日の夜」のスティーブン・ロバーツが入社題1回作品として監督に当たったもの。原作はノーマン・クラスナがドン・ハートマンと協力して書き下ろし、「小牧師(1934)」のジェーン・マーフィンが「メリケン万歳爆走の巻」のエドワード・カウフマンと共同脚色している。助演者は「青空天国」のアーサー・ホールを始め、「ますらを」のジミー・バトラー、「力と栄光」のJ.ファーレル・マクドナルド、シドニー・トーラー、ドナルド・ミーク等である。キャメラは「熱血撮影隊」「空飛ぶ悪魔」のニコラス・ミュスラカの担当である。
  • 大自然の凱歌

    「黄金(1936)」「罪と罰」のエドワード・アーノルドが主演する映画で、エドナ・ファーバー作の小説を「支那海」のジュールス・ファースマンが「乙女よ嘆くな」のジェーン・マーフィンと協力して脚色し、「バーバリー・コースト」「永遠の職場」のハワード・ホークスと「この三人」「お人好しの仙女」のウィリアム・ワイラーが半々宛監督したものである。助演者は「この三人」のジョエル・マクリー、「愉快なリズム」のフランセス・ファーマー、「バーバリー・コースト」のウォーター・プレナン、庭球選手だったフランク・シーリズ、ゴールド・ウインの新星アンドリア・リーズ、「黒騎士」のマディー・クリスチャンス、「学生怪死事件」のメアリー・ナッシュ等で、撮影は「この三人」のグレッグ・トーランド及び「リリオム」のルドルフ・マテが担当した。
  • 戦場の影に

    「栄光のハリウッド」「ムーラン・ルージュ」のコンスタンス・ベネットが主演する映画で「地方検事」「火の翼」のジョージ・アーチェンボードが監督したもの。原作は「銀鱗に躍る」の脚色者ジェーン・マーフィンで、作者自らアルバート・シェルビー・ル・ヴィノ及び最近監督者になったウォーシントン・マイナーと共同して脚色している。相手役は「ミス・ダイナマイト」のギルバート・ローランドが勤め「絶対の秘密」のエドワード・エリス、「三角の月」のサム・ゴドフレー、「裸女と蝿」のルシアン・プリヴァル、ジョン・レイ、ミッシャ・オーア等が助演している。撮影は「栄光のハリウッド」「銀鱗に躍る」のチャールズ・ロシャーの担当である。
  • ライラック・タイム

    コリーン・ムーア嬢主演の最初の超特作映画で、「断想悲曲」「僧房に咲く花」をものしたジョージ・フィッツモーリース氏が監督したもの。ジェーン・カウル及びジェーン・マーフィン両女史原作の舞台劇をウィリス・ゴールドベック氏が映画的に改作し、「トロイ情史」「ベン・ハー(1926)」と同じくケイリー・ウィルソン氏が撮影台本を作製した。「空行かば」「大尉の娘」等出演のゲイリー・クーパー氏が特にムーア嬢の相手役を勤め、キャスリン・マクガイア嬢、ユージェニー・ベッセラー嬢、バー・マッキントッシュ氏、ジョージ・クーパー氏、エミール・ショータール氏、クリーヴ・ムーア氏等が助演している。アメリカでは目下大好評裡にロード・ショウ中である。
  • アリス・アダムス

    「心の痛手」に次ぐキャサリン・ヘップバーン主演映画で、ブース・ターキントンの小説に基づいて「小牧師(1934)」のジェーン・マーフィンがドロシー・ヨースト及びモーティマー・オフナーと協力して脚色し、「旅烏子供連れ」のジョージ・スティーヴンスが監督に当たり、「心の痛手」のロバート・デ・グラスが撮影したもの。助演は「輝ける百合」「名を失える男」フレッド・マクマレイ、舞台に名高いフレッド・ストーン、「明日なき抱擁」のイヴリン・ヴェネブル、「海軍士官候補生(1933)」のフランク・アルバートソン、「フランダースの犬(1935)」のアン・シューメイカー、チャールズ・グレイプウィンなど。
  • 永遠に微笑む

    「自由の魂」「夫婦戦線」と同じくノーマ・シアラー主演映画でジェーン・カウル とジェーン・マーフィン合作の舞台劇の映画化。監督には「夫婦戦線」「忘れじの面影(1930)」のシドニー・A・フランクリンが当たり撮影は「上海特急」「暗黒街の顔役(1932)」のリー・ガームスの担当。助演者は「暴君ネロ(1932)」のフレドリック・マーチ、「自由の魂」のレスリー・ハワードを始め「女性に捧ぐ」のO・P・ヘギー、「地下の雷鳴」のラルフ・フォーブス、「悪魔の富籤」のベリル・マーサー等で、脚色は「今宵ひととき」のエルネスト・ヴァイダと「夫婦戦線」のクローディン・ウェストが受持っている。
  • 沈黙の招き

    白国産の探偵犬を主役とした特作品で、我が国には目見得でH・O・デイヴィス氏が製作したものをファースト・ナショナル社から発売したものである。ハル・G・エヴァーツ氏の原作をジェーン・マーフィン女史が脚色し、ローレンス・トリンブル氏が監督したもの。俳優には「曠野に叫ぶ(1921)」「ハートの1」等出演のジョン・ボワーズ氏、セネット女優のキャスリン・マクガイア嬢、「大洋の鬼」「人間苦」等に出演した名悪役ジェームズ・メイスン氏等が出演している。
  • ある女の一生

    「泉」「晩春」のアン・ハーディングが「昨日」「空飛ぶ音楽」のジョン・ボールズを相手に主演する映画で、ルイス・ブロムフィールドの原作を「泉」「小牧師(1934)」のジェーン・マーフィンが脚色し、「農園のレベッカ」「嵐の国のテス(1932)」のアルフレッド・サンテルが監督に当たり、「紅雀」「宿命の窓」のルシエン・アンドリオが撮影した。助演者は「結婚の夜」のヘレン・ヴィンソン、「愛と光」のベティ・ファーネス、「乙女よ嘆くな」のフランク・アルバートソン、「南海の劫火(1932)」のクレイトン・チェニー、「泉」のセーラ・ヘイドン、モリー・オディ、その他。
  • 栄光のハリウッド

    「帰って来た恋人」「泥人形」と同じくコンスタンス・ベネット主演映画で、アディーラ・ロジャース・セントジョンが書き下ろした原作を「武装ラグビー」のベン・マークソンとジェーン・マーマィンが共同脚色し、「街のをんな」「心を汚されし女」のジョージ・キューカーが監督にあたり、「笑う罪人」「沈黙(1931)」のチャールズ・ロシャーがカメラを担当した。助演者は「お仰いましたわネ」のロウエル・シャーマン、「ある日曜日の午後」のニール・ハミルトン、「六百万交響楽」のグレゴリー・ラトフの面面で、その他ブルックス・ベネディクト、ルイス・ビーヴァース等も出演している。
  • 奇跡の処女(1934)

    「勝利の朝」「若草物語(1933)」につぐキャサリン・ヘップバーン主演映画で、ルーラ・ヴォリマー女史作の小説を「スパイK14号」のジェーン・マーフィンがヴォリマー女史と共同して映画脚色し、「砂上の摩天楼」「鉄壁の男」のジョン・クロムウェルが監督に当たり、「空軍の覇者」「立ち上がる米国」のエドワード・クロンジェガーが撮影した。助演者は「酔いどれ船」「今日限りの命」のロバート・ヤング、「空軍の覇者」「相寄る魂」のラルフ・ベラミーを始め、「宿命の窓」のマーサ・スリーパー、舞台から来たルイ・メーソン及びセーラ・ヘイドン、「相寄る魂」のヴァージニア・ハウエル、「密林の王者」のシドニー・トーラー等である。
  • 白牙(1925)

    ジャック・ロンドン氏の名高い小説を映画化した名犬ストロングハート作品で、ジェーン・マーフィン女史が脚色し、「沈黙の叫」「氷原の猛者」等と同じくローレンス・トリンブル氏の監督になったもので、「沈黙の叫」「氷原猛者」等に出演した名犬ストロングハートが主演し「四つの顔の女」「ロッキーの薔薇」等出演のセオドア・エルツ氏がルース・ドワイヤー嬢、チャールズ・マレイ氏等と共に助する。なお狼シルヴァアーも出演。
  • 北国のブロウン

    「沈黙の叫び」と同じく名犬ストロングハートを主役とした雪中活劇で、前と同じくローレンス・トリンブルが監督した。その他に「結婚とは」出演のアイリーン・リッチが主要な役を演じている。
  • 君故に

    ずっと以前の「ゾンガー」や最近の「永遠の世界」等に出席したドロレス・キャッシネリ嬢主演のパテ映画である。ジェーン・マーフィン女史の原作で、エドウィン・ケーリュウ氏がアルバート・カベラニ氏の許で監督製作したものである。
  • 小牧師(1934)

    「若草物語(1933)」「勝利の朝」と同じくキャサリン・ヘップバーンが主演する映画で、ジェームズ・M・バリーの小説及び戯曲『小牧師』に基づき「若草物語(1933)」の共同脚色者セイラ・Y・メイスンとヴィクター・ヒアマンが「スパイK14 号」のジェーン・マーフィンと協力して脚色し「仮面の男(1933)」「地下の雷鳴」のリチャード・ウォーレスが監督に当たり、「若草物語(1933)」「痴人の愛」のヘンリー・ジェラードが撮影したもの。ヘプバーンの相手役は「舗道の雨」出演のジョン・ヒールが勤め、「痴人の愛」のアラン・ヘール及びレジナルド・デニー、「紅塵」のドナルド・クリスプ、「沈黙の証人」のラムスデン・ヘーア、「進めオリンピック」のアンディー・クライド、メアリー・ゴードン、ベリル・マーサー、子役ビリー・ワトソン等が助演している。
  • ロバータ

    舞台で成功したオット・ハーバッハ作、ジェローム・カーン作曲の同名のミュージカル・コメディーの映画化で、「コンチネンタル」「空中レヴュー時代」のチーム、フレッド・アステア、ジンジャー・ロジャースに、「自由の翼」「秦西快盗伝」のアイリーン・ダンが加わって主演する。脚色は「小牧師(1934)」のジェーン・マーフィンが「紅雀」のサム・ミンツ及びアラン・スコットと協力して当たり、「世界一の金持ち娘」「七月の肌着」のウィリアム・A・サイターが監督し、「秦西快盗伝」のエドワード・クロンジェガーが撮影した。助演者は「森の男(1933)」のランドルフ・スコット、「紅雀」のヘレン・ウェストリー、「フットライト・パレード」のクレア・ドッド、無名時代のセシル・B・デミル作品に主演したヴィクター・ヴァルコニ、ルイ・アルバーニ等で、舞踏振り付けは主演者のフレッド・アステアが当たった。
  • 紅薔薇行進曲

    「歌の翼」「間奏楽」に次ぐグレイス・ムーア主演映画で、スティーブン・モアハウス・エヴェリーが書き下ろしたストーリーに基づいて、「マルクス一番乗り」のジョージ・オッペンハイマーと「ロバータ」のジェーン・マーフィンとが協力脚色し「結婚設計図」「四つの恋愛」のエドワード・H・グリフィスが監督に当たり、「陽気な街」「歌へ陽気に」のルシエン・アンドリオが撮影した。相手役は「花嫁凱旋」「我は海の子」のメルビン・ダグラスが勤め、「高圧線」「私のダイナ」のスチュアート・アーウィン、「膝にバンジョウ」「ショウボート(1936)」のヘレン・ウェストリーを始め、「この三人」のマーガレット・ハミルトン、「丘の一本松」のリチャード・カール「小公子」のウォルター・キングスフォード等が助演している。
  • ストリート・ガール

    「煩悩」「ウィリー・リヴァー」のベティー・カンプソン嬢がR・K・O社入社第1回の主演映画で、W・ケーリー・ウァンダリィー氏の原作「ウィーンの仇者」よりジェーン・マーフィン女史が脚色し「うわさ」「夢の港」のウェスリー・ラッグルス氏が監督したもの。上記主演者のほかに「焼き餅騒動絹の靴下」のジョン・ハロン氏、「野球時代」「恋愛行進曲」のジャック・オーキー氏、ネッド・スパークス氏、ガイ・バッコラ氏、イヴァン・レベデフ氏等が出演している。カメラは「電話姫」のレオ・トーヴァー氏担当。
  • 世界の歌姫

    「恋の歌」のリリー・ポンスが「シャムパン・ワルツ」「バーレスクの王様」のジャック・オーキー及び「空中散歩」「聖林裸道中」のジーン・レイモンドを相手に主演する映画で、I・ケイリー・ワンダーリー作の物語りにヒントを得てジェーン・マーフィンが原作し、「聖林裸道中」に協力したP・J・ウルフソンが「乙女よ嘆くな」のドロシー・ヨーストと協力脚色し、「聖林裸道中」「花嫁の家出」のレイ・ジェイスンが監督にあたり、「一対二」「愛情無限」のJ・ローイ・ハントが撮影した。助演者「シャムパン・ワルツ」のハーマン・ビング、「恋の歌」りルシル・ボール、「艦隊を追って」のフランク・ジェンクス、「嵐の翼」のヴィントン・ハワース等である。新作音楽はエドワード・ハイマン作詞、アーサー・シュワルツ作曲で歌劇その他の名曲も歌われる。
  • 七つの鍵

    パラマウントを去ってR・K・Oに入社したリチャード・ディックス氏の第1回主演映画で、アール・ディア・ビッガース氏の原作小説とジョージ・M・コーハン氏がアダプトした舞台劇とを基として「ストリート・ガール」と同じくジェーン・マーフィン女史が台本を執筆し、「虹晴」「炭坑」のレジナルド・バーカー氏が監督、「コンサート」「愛の医者」のエドワード・クロンジェガー氏が撮影したもの。助演者は「愛の医者」「コンサート」のミリアム・シーガー嬢を始め、「愛の曳綱」のルシアン・リトルフィールド氏、「闇を行く」のマーガレット・リヴィングストン嬢、カールトン・メイシー氏、クロフォード・ケント氏、デヴィット・ジェニングス氏、ネラ・ウォーカー嬢、ジョセフ・アレン氏等である。
  • 痛ましの親心

    ヴァイオラ・ブラザース・ショーア女史とギャレット・フォート氏との合作になる雑誌小説を映画化したもので、ジェーン・マーフィン女史が脚色し「鉄腕の男」「海駈ける猛虎」等と同じくジョン・フランシス・ディロン氏が監督した。主役は「紅草紙」「恋の人形」等出演のルイス・ストーン氏が演じ、「初恋ハリー」「当たりっ子ハリー」等出演のプリシラ・ボナー嬢、「陽気なパリっ子」「サイベリア」等出演のリリアン・タッシュマン嬢、「男見るべからず」出演のジョン・パトリック氏、「第四の戒律」出演のロバート・エイニュー氏及び新進花形アン・ローク嬢が共演している。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/27

清水崇(1972)

ホムンクルス

山本英夫原作の同名コミックを実写映画化。記憶も感情も失くしたホームレスの名越の前に医学生・伊藤が現れ、第六感が芽生えるという頭蓋骨に穴を開ける手術を受けることに。手術を受けた名越が右目を瞑って左目で見ると、人間が異様な形に見えるようになる。出演は、「ヤクザと家族 The Family」の綾野剛、「カツベン!」の成田凌、「空に住む」の岸井ゆきの、「記憶の技法」の石井杏奈、「海難1890」の内野聖陽。監督は、「呪怨」シリーズの清水崇。

樹海村 じゅかいむら

2020年に大ヒットした「犬鳴村」に続く“恐怖の村”シリーズ第2弾。古くから人々を戦慄させてきた禍々しい呪いが、不気味で壮大な樹海の奥深くに封印されてから13年。響と鳴の姉妹の前に、“あれ”が出現。そして、樹海で行方不明者が続出する……。出演は「ジオラマボーイ・パノラマガール」の山田杏奈、「太陽の家」の山口まゆ。監督は「犬鳴村」に続き、清水崇が務める。
ドニー・イェン(1963)

燃えよデブゴン TOKYO MISSION

「るろうに剣心」などのアクション監督、谷垣健治が監督したドニー・イェン主演のアクション。ある事件がきっかけで閑職に異動させられ、婚約者とも別れた刑事のファーロンは、暴飲暴食がたたって“デブゴン”化。そんな彼が、日本で巨大な陰謀に立ち向かう。「カツベン!」の竹中直人、「孤狼の血」の丞威、「星屑の町」の渡辺哲、「事故物件 恐い間取り」のバービーらが共演。

追龍 ついりゅう

「イップ・マン」シリーズのドニー・イェンと「グレート・アドベンチャー」のアンディ・ラウが共演、香港警察と黒社会の関係を活写した実録犯罪ドラマ。1960年代。警察署長ロックに助けられたホーは、黒社会でのし上がり、ロックと友情を結んでいくが……。監督は、「ゴッド・ギャンブラー」シリーズのバリー・ウォンと、「コールド・ウォー」シリーズや「ラスト・シャンハイ」など数々の作品の撮影を手がけてきたジェイソン・クワン。汚職が蔓延し黒社会と繋がっている警察が市民を恐怖に陥れていた時代に実在した黒社会(香港マフィア)のボス、ン・シックホーと警察署長ルイ・ロックをモデルにしている。