ハンス・メイヤー

ハンス・メイヤーの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 汚れた血

    近未来の世紀末のパリを舞台に男女三人の愛の物語を描いてゆく。製作はアラン・ダアンとフィリップ・ディアス。監督・脚本はレオス・カラックスで本作品が日本公開第一作になる。撮影はジャン・イヴ・エスコフィエが担当。音楽はベンジャミン・ブリテン、プロコフィエフ、チャールズ・チャップリンの曲を使用。出演はドニ・ラヴァン、ジュリエット・ビノシュ、ミシェル・ピッコリほか。
    90
  • 黒豹は死なず

    金に目がない男たちが激突するサスペンスたっぷりのギャング・アクション。製作はポール・カデアック、監督はジャン・ピエール・デザニャ、アンドレ・レイの原作を、ジャン・ピエール・デザニャとパスカル・ジャルダンが共同で、脚本化、撮影は「パリは燃えているか」のマルセル・グリニョン、音楽は「冒険者たち」「さらば友よ」のフランソワ・ド・レーベが各々担当。出演は「ギャング」のミシェル・コンスタンタン、「悪魔のようなあなた」のセンタ・バーガー、「続 荒野の七人」のフリアン・マテオフ、「冒険者たち」のハンス・メイヤーなど。
  • 冒険者たち(1967)

    ジョゼ・ジョヴァンニの同名小説を、彼と「ふくろうの河」の監督ロベール・アンリコ、ピエール・ペルグリの三人が共同で脚色し、ロベール・アンリコが監督したアクション。撮影はジャン・ボフティ、音楽はフランソワ・ド・ルーベが担当。出演は「パリは燃えているか」のアラン・ドロン、「女王陛下のダイナマイト」のリノ・ヴァンチュラ、「スタンダールの恋愛論」のジョアンナ・シムカスほか。イーストマンカラー、テクニスコープ。
    90
  • 不死身のコプラン 恐怖の人間狩り

    マッド・サイエンティスト兄妹の計画を阻止すべく活躍するフランス秘密諜報局員を描くスパイ・アクション。「追撃 イスタンブール要塞」のFX18号/フランシス・コプラン・シリーズの第5作目。監督はイヴ・ボワッセ。出演は、クラウディオ・ブルック、マーガレット・リー、クラウス・キンスキーほか。1971年1月14日、東京12チャンネル「木曜洋画劇場」にて放映。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?