エリザ・ドゥシュク

エリザ・ドゥシュクの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ファイナル・デス・ゲーム

    スペインを舞台に、火あぶりにされた魔女の呪いの込められたボードゲームの恐怖を描くパニック・スリラー。監督は、本作が初監督のアルバロ・デ・アルミニャン。出演は、「クローバーフィールド/HAKAISHA」のマイク・ヴォーゲル、ドラマ『TRU CALLING/トゥルー・コーリング』のエリザ・ドゥシュク。
  • クライモリ(2003)

    人里離れた森の中で、道に迷った若者たちに殺人鬼が襲い掛かるスプラッタ・ホラー。スティーヴン・キングが、米Book誌が選ぶ年間ベストワン映画に挙げたことで話題を呼んだ。出演は、「チアーズ!」のエリザ・デシュク。「スポーン」のアラン・B・マッケルロイのオリジナル脚本を、「クライム・アンド・パニッシュメント」の俊才ロブ・シュミットが監督した。
  • ニュー・ガイ

    「メリーに首ったけ」の脚本家エド・デクターが監督した学園コメディ。冴えない高校男子が一発奮起、モテ男になろうと奮闘する様子を時にコミカルに時に切なく描く。モデル出身の若手俳優D・J・クォルズが、冴えないおバカな高校生を演じる。
  • ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲

    まぬけな青年2人組の珍道中を、数々のパロディを交え描くコメディ。監督・脚本・編集・出演は「ドグマ」のケヴィン・スミス。製作・編集・美術はスミス作品の常連であるスコット・モージー。撮影は「ギフト」のジェイミー・アンダーソン。共演は「スクリーム3」のジェイソン・ミューズ、「トータル・フィアーズ」のベン・アフレック、「オーシャンズ11」のマット・デイモン、「13ゴースト」のシャノン・エリザベス、「容疑者」のエリザ・ドゥシュク、「キューティ・ブロンド」のアリ・ラーター、スミス監督の妻であるジェニファー・シュバルバック・スミス、「アメリカン・サマーストーリー」のショーン・ウィリアム・スコット、「スター・ウォーズ」シリーズのマーク・ハミル、「スクリーム3」のキャリー・フィッシャー、「バニラ・スカイ」のジェイソン・リー、「ベティ・サイズモア」のクリス・ロック、「アメリカン・サマーストーリー」のジェイソン・ビッグスほか。
    70
  • 容疑者(2002)

    ピュリッツァー賞を受賞した報道ジャーナリスト、マイク・マッカラリーの取材記事が原案のサスペンス・ドラマ。主演は名優ロバート・デ・ニーロ。共演は「ファーゴ」のフランシス・マクドーマンドと、「スパイダーマン」で注目を浴びたジェームズ・フランコ。
  • エントランス

    「ラストサマー」のプロデューサー・コンビによるサスペンス・スリラー。死の淵から奇跡的に生還した女子大生に巻き起こる恐怖現象と、その謎の正体をミステリアス・タッチで描く。
    50
  • チアーズ!

    ハイスクールのチアリーディング・チームを描いた爽やかな青春映画。監督はテレビなどで活躍していたペイトン・リード。脚本はこれがデビューのジェシカ・ベンディンジャー。出演は「ヴァージン・スーサイズ」のキルステン・ダンスト、「レース・ザ・サン」のエリーザ・ヂュシュク、「シャンヌのパリ、そしてアメリカ」のジェシー・ブラッドフォード、「シーズ・オール・ザット」のガブリエル・ユニオンほか。2017年2月21日より特集企画『未体験ゾーンの映画たち2017』にて再上映される(配給:熱帯美術館)。
    90
  • トゥルーライズ

    妻や子にも正体を隠し、家族思いの父親と凄腕の秘密諜報部員という二重生活を送るヒーローの珍無類の活躍を、アクションとユーモア豊かに描いたスパイアクション・コメディ。1億2000万ドルの巨費を投じ、「ターミネーター2」のジェームズ・キャメロン監督とアーノルド・シュワルツェネッガーが3度コンビを組んだ超大作。米海軍の協力でハリアー戦闘機の実機が使用されたのをはじめ、アクションシーンの見せ場はたっぷり。フランス映画『La Totale』に目を付けたシュワルツェネッガーがキャメロンに企画を持ち込み、彼の監督・製作・脚本で実現。共同製作は「T2」でも監督と組んだステファニー・オースティン。撮影は「ハード・ターゲット」のラッセル・カーペンター、音楽は「T1」「T2」に続き、監督とは3作目のブラッド・フィーデル、美術は14本の「007」シリーズに参加し、「エイリアン2」に続いて監督とは2作目のピーター・ラモント。「アビス」以降、キャメロン作品に参加しているジョン・ブルーノがSFXスーパーバイザーを務め、特殊視覚効果はキャメロンが設立したデジタル・ドメイン社が担当。名コメディエンヌぶりを発揮した「マイ・ガール2」のジェイミー・リー・カーティスほか、「ライジング・サン」のティア・カレル、「コーンヘッズ」のトム・アーノルド、「トゥームストーン」のビル・パクストンらが共演。
  • 恋に焦がれて

    大人でも子供でもない年頃、17歳の純粋で激しい恋をノスタルジックに描いたラヴ・ストーリー。監督、脚本は「ブラック・レイン」の脚本で知られ、本作が本格的監督デビュー作となるクレイグ・ボロティン。製作は「プリティ・ウーマン」の名コンビ、アーノン・ミルチャンとスティーヴン・ルーサー。撮影はクリント・イーストウッドお気に入りのキャメラマンとして知られ、「ビバリーヒルズ・コップ」なども手掛けたブルース・サーティーズ。音楽は「あなたに恋のリフレイン」のデイヴィッド・ニューマン。主演は「アウトサイダー」のC・トーマス・ハウエル、「ケープ・フィアー」のジュリエット・ルイス、そして12歳の子役エリザ・ダシュク。
  • アルファベット・キラー

    TVドラマ『トゥルー・コーリング』のエリザ・ドゥシュク主演によるサスペンスホラー。捜査官のミーガン・ペイジとその婚約者であるケネス・シャインは、ある殺人事件を追っていた。事件にのめり込むミーガンは次第に幻覚に襲われるようになり…。【スタッフ&キャスト】監督:ロブ・シュミット 出演:エリザ・ドゥシュク/ティモシー・ハットン
  • プロフェッサー

    アラン・リックマン、ビル・プルマンほか演技派スター共演による謎解きサスペンス。ノーベル化学賞を受賞した大学教授のイーライは、授賞式に出席するため家族3人でストックホルムへ出向こうとしていた。ところが、何者かにひとり息子を誘拐され…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ランドール・ミラー 共同脚本:ジョディ・サヴィン 撮影:マイク・オジアー 出演:アラン・リックマン/メアリー・スティーンバージェン/ビル・プルマン/エリザ・ドゥシュク/ダニー・デヴィート
  • 男と女の不都合なセックス事情

    『ホーム・アローン』のマコーレー・カルキン主演によるシニカルなラブロマンス。成熟した男女関係の基礎となる、SEX、愛、コミュニケーションといった問題について、グループセックスで解決しようとする2組のカップルの交流をコミカルに描く。【スタッフ&キャスト】監督:マイルズ・ブランドマン 出演:マコーレー・カルキン/エリザ・ドゥシュク/アレクシス・ジーナ
  • ザ・セイント

    ロジャー・ムーア主演で1960年代にテレビシリーズもヒットした、正義の怪盗“セイント”の活躍を描いたアクション・アドベンチャー。