児玉絹世 コダマキヌヨ

児玉絹世の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • R-18 文学賞 vol.1 自縄自縛の私

    第7回女による女のためのR-18文学賞で大賞を受賞し多くの読者から共感を得た蛭田亜紗子著『自縄自縛の私』(新潮社・刊)を、俳優活動の一方で「サヨナラCOLOR」「無能の人」など監督としての才能も見せる竹中直人が映画化。蓄積したストレスから解放されるために自らの身体を縛る女の心の襞を繊細に掬い取る。主人公の自縛を趣味とするOLに扮するのは「るろうに剣心」の平田薫。ほか、自分勝手なのに不思議な魅力を持つ上司を「スマグラー お前の未来を運べ」の安藤政信、昔の恋人を「TSY タイムスリップヤンキー」など俳優としても活動するお笑いコンビ『ピース』の綾部祐二、秘密の顔を持つエリート上司を「恋の罪」の津田寛治が演じる。
  • ほしのふるまち

    「冬物語」などで知られる原秀則の同名漫画を「ギャングスタ」の川野浩司監督が実写映画化。富山県を舞台に、恋愛や将来に悩む普通の高校生たちの青春を綴る。出演は、「サビ男サビ女」の中村蒼、「ねこタクシー」の山下リオ、「私の優しくない先輩」の児玉絹世、音楽ユニット“Song Riders”のKG、「毎日かあさん」の柴田理恵、「余命1ヶ月の花嫁」の手塚理美。2011年3月26日より富山県にて先行公開。
  • くまのがっこう ジャッキーとケイティ

    山の寄宿舎で暮らす12匹の熊の兄妹を描く、あいはらひろゆき(文)、あだちなみ(絵)の人気絵本初の劇場アニメ化。監督は「東京オンリーピック」の児玉徹郎。「チェブラーシカ(2010)」と併映。
  • 私の優しくない先輩

    日日日(あきら)の同名小説をTVアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の演出を手掛けた山本寛が映画化したラブコメディ。九州の小島を舞台に、女子高校生が苦手な先輩に背中を押され、憧れの先輩に告白する様子を描く。出演は「携帯彼氏」の川島海荷、「フレフレ少女」の金田哲、「ごくせん THE MOVIE」の入江甚儀、「てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡」の児玉絹世など。
  • てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡

    世界で初めてサンゴの移植産卵に成功した金城浩二氏の原作をベースに「デトロイト・メタル・シティ」の李闘士男監督が映画化。出演は「いけちゃんとぼく」の岡村隆史、「沈まぬ太陽」の松雪泰子、「夕凪の街 桜の国」の吉沢悠、「板尾創路の脱獄王」の國村隼、「60歳のラブレター」の原田美枝子など。
  • トミカヒーロー レスキューフォース 爆裂MOVIE マッハトレインをレスキューせよ!

    災害の危機から人々を救出するヒーローの活躍を描く人気テレビ番組『トミカヒーロー レスキューフォース』の劇場版。監督は『バイアブル』の岩本晶、『魔弾戦記リュウケンドー』でラインプロデューサーを務めた江良圭(「爆走!トミカヒーローグランプリ」)。出演は「時をかける少女(1997)」の早見優、南海キャンディーズの山里亮太、「ユメ十夜」の藤岡弘、など。
    80



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。