中村義洋 ナカムラヨシヒロ

  • 出身地:茨城県
  • 生年月日:1970/08/25

略歴 / Brief history

【ジャンルを問わず職人的な活躍を見せる娯楽映画のホープ】茨城県生まれ。成城大学で映画研究部に所属し、在学中の1993年に監督した8ミリ短編「五月雨厨房」がPFFアワード93で優秀作品賞を受賞する。卒業後、崔洋一、伊丹十三、平山秀幸などの下で助監督としてキャリアを積む。その一方で鈴木謙一と共同で脚本家としても活動し、中田秀夫監督「仄暗い水の底から」(02)、金子修介監督「恋に歌えば♪」(02)、崔洋一監督「クイール」(04)などの脚本を担当した。監督作でも自ら脚本を手がけることが多く、鈴木とのコンビは断続的ながら継続している。また、鈴木たちと結成した映像コントユニット“小鳩の会”での作品発表や、ホラービデオ『ほんとにあった!呪いのビデオ』シリーズで構成やナレーションを長年担当するなど、幅広い活動を続けている。劇場映画監督デビューは99年の自主製作による16ミリ中編「ローカルニュース」。その後、オムニバスやビデオ作品でキャリアを重ね、2005年には「あそこの席」「@ベイビーメール」「絶対恐怖・ブース」のホラー3本が連続公開。続く多部未華子主演のファンタジー「ルート225」(06)で注目され、伊坂幸太郎の小説の映画化作品「アヒルと鴨のコインロッカー」(07)を手がけると、これが原作ファン、映画ファン双方から高い評価を受けるとともに興行的にも大成功を収めた。これで第一線に踊り出た中村は、ベストセラー小説を次々と映画化。08年には海堂尊原作の医療ミステリー「チーム・バチスタの栄光」、芥川賞作家・長嶋有の「ジャージの二人」を立て続けに監督する。その後、完成作品が原作者から好評を得たことで他の作品の映画化も任されるようになり、伊坂原作では「フィッシュストーリー」(09)、「ゴールデンスランバー」(10)、海堂原作では「ジェネラル・ルージュの凱旋」(09)と、順調に作品を発表し続けている。「ちょんまげぷりん」が10年夏公開された。【ベストセラー小説を巧みに映画化】いわゆる邦画バブルを背景とした小品群で実績を重ね第一線に躍り出た、現代日本映画界においては貴重な職人派。脚本家、助監督としても数多くの経験を積み重ねてきただけあって、娯楽作品を中心にジャンルを問わず安定した力を発揮する。ここ数年は年2本以上という早いペースながら一定のクオリティを保ち、手堅い仕事を見せた。そこではおよそ日常の地平を出発点として癖のあるドラマに展開していく。近作の特徴である小説の映画化に関しても、原作そのままではなく映画として再構成した上でトリッキーな原作の持ち味を引き立てるなど、作家としての実力も高評価された。その反面、原作の知名度に隠れ、中村自身の名前が今ひとつ一般に浸透していないのが現状。主だった映画賞での受賞経験もないが、全国公開規模作における第一線での活躍はコンスタントに続く。

中村義洋の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 決算!忠臣蔵

    大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。出演は「泣くな赤鬼」の堤真一、「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」の岡村隆史。監督は「忍びの国」の中村義洋。
  • ほんとにあった!呪いのビデオBEST10

    心霊ホラービデオシリーズ『ほんとにあった呪いのビデオ』の1999年発売の第1巻から、最新作76巻まで(2018年4月現在)に収録された675本の映像の中から厳選された10本を上映。
  • 忍びの国

    「のぼうの城」の原作者・和田竜の時代小説を「映画 怪物くん」の監督&主演コンビで実写化。織田信長の次男・信雄が超人的な忍者衆が暮らす伊賀に向け独断で挙兵。様々な思惑が交錯する中、伊賀一の凄腕・無門率いる忍び軍団と織田軍との壮絶な戦がはじまる。和田竜は本作の脚本も手がけ、第一次天正伊賀の乱を舞台に、無門と妻・お国の夫婦愛を描く。普段は怠け者ながら凄腕を持つ主人公を大野智が演じるほか、「シン・ゴジラ」の石原さとみ、「俺物語!!」の鈴木亮平、「超高速!参勤交代」シリーズの知念侑李らが出演。
  • 殿、利息でござる!

    『武士の家計簿』の原作者・磯田道史の評伝『無私の日本人』の一編を基にした時代劇。困窮する宿場町を立て直すために、庶民が身銭を切って集めた大金を藩に貸し、得た利息を全住民に分配した実話を、「予告犯」の中村義洋監督が映画化。宿場町を守ろうと奔走する造り酒屋の主・穀田屋十三郎を「謝罪の王様」の阿部サダヲが、秘策を立てた菅原屋篤平治を「まほろ駅前多田便利軒」シリーズの瑛太が、十三郎の弟・浅野屋甚内を「悪人」の妻夫木聡が演じる。2016年5月7日より宮城先行公開。
  • 残穢 ざんえ 住んではいけない部屋

    第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美のドキュメンタリー・タッチのホラー小説『残穢』(新潮社・刊)を、「白ゆき姫殺人事件」「ゴールデンスランバー」の中村義洋監督が映画化。あるマンションの一室で起こる奇妙な音の調査に端を発し、かつての住人たちが次々と事件を起こしていること、そして恐ろしい過去が浮かび上がってくる。事件を追う小説家を「ストロベリーナイト」の竹内結子が、部屋の住人である女子大生を「さよならドビュッシー」の橋本愛が演じるほか、モデル出身の坂口健太郎、「るろうに剣心」シリーズの滝藤賢一、「超高速! 参勤交代」の佐々木蔵之助らが出演。
  • 鬼談百景

    小野不由美原作の怪談短編集「鬼談百景」の中から、ホラー作品に定評のある6人の監督により、10話を映像化。劇場公開された「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」との連動企画。2016年1月23日、一夜限定でイベント上映された。「追い越し」(中村義洋監督)、「密閉」(白石晃士監督)、「影男」「尾けてくる」(安里麻里監督)、「どこの子」「空きチャンネル」(岩澤宏樹監督)、「一緒に見ていた」「赤い女」(大畑創監督)、「どろぼう」「続きをしよう」(内藤瑛亮監督)
  • 予告犯

    2011~2013年に『ジャンプ改』で連載され情報化社会におけるテロリズムが話題となった筒井哲也の同名漫画を、「白ゆき姫殺人事件」「アヒルと鴨のコインロッカー」の中村義洋監督が映画化。法では裁けない、あるいは無思慮な言動などのためネット上で炎上した者たちに制裁を下すことを新聞紙製の頭巾を被った姿で予告し実行、やがて社会現象を巻き起こす『シンブンシ』と呼ばれる集団の顛末を描く。脚本を「永遠の0」の林民夫が手がけている。テロリストグループの中心人物を「土竜の唄」「人間失格」の生田斗真が、彼を追うエリート警部を「SPEC」シリーズの戸田恵梨香が演じ、両者の攻防をスピード感たっぷりに映し出す。
  • 白ゆき姫殺人事件

    『告白』で第6回本屋大賞を受賞、「告白」「北のカナリアたち」など映像化が相次ぐ湊かなえの同名ミステリーを映画化。美人OL惨殺事件に絡み、被害者と同僚の女に疑惑の目が向けられ、インターネットやマスコミなどを介し彼女にまつわる噂が一人歩きしていく。監督は「ジェネラル・ルージュの凱旋」「アヒルと鴨のコインロッカー」の中村義洋。疑惑の目を向けられる地味なOLを「永遠の0」「八日目の蝉」の井上真央が、事件を追う男を「シャニダールの花」「クローズZERO II」の綾野剛が演じている。ほか、テレビドラマ『主に泣いてます』の菜々緒、「転校生-さよなら あなた-」の蓮佛美沙子、「くちづけ」の貫地谷しほりらが出演。
  • ほんとにあった!呪いのビデオ55 劇場公開作品

    スタートから15年目を迎えた心霊ホラー・ドキュメンタリー・OVシリーズ通算71作目となる劇場版。心霊現象をとらえた映像8本をオムニバスで紹介する。演出・構成・編集は、シリーズ42から担当している岩澤宏樹。ナレーションは、「奇跡のリンゴ」監督で、シリーズ初期に構成・演出を手掛けていた中村義洋。
  • ナゾトキネマ マダム・マーマレードの異常な謎 解答編

    3本の短編映画を手掛かりに著名な映画監督が死の間際に遺した言葉の謎を探る参加型謎解きエンターテインメントの「解答編」。前作「出題編」鑑賞後、制限時間内に解答した正解者は本作エンドロールに名前がクレジットされる。出演は「絶叫学級」の川口春奈、「犬とあなたの物語 いぬのえいが」の高畑淳子。
  • ナゾトキネマ マダム・マーマレードの異常な謎 出題編

    3本の短編映画を手掛かりに著名な映画監督が死の間際に遺した言葉の謎を探る参加型謎解きエンターテインメント。体感型ゲームイベント『リアル脱出ゲーム』の映画版で、観客は本作鑑賞後制限時間以内に解答。正解者は後日公開される「解答編」エンドロールに名前が掲示される。作中に登場する短編映画「つむじ風」を「NEG.WONDERLAND」で第25回ぴあフィルムフェスティバルグランプリを受賞した上田大樹監督が、「鏡」を「予言」の鶴田法男監督が、「やまわろわ」を「アヒルと鴨のコインロッカー」の中村義洋監督が手がけている。謎解きをするマダム・マーマレード役を「絶叫学級」の川口春奈が、彼女を支えるマダム・バルサミコを「魂萌え!」の高畑淳子が演じる。
  • 奇跡のリンゴ

    数々の困難を乗り越え、不可能と言われた無農薬リンゴを開発した木村秋則氏の実話を、石川拓治が執筆したノンフィクションを原作に映画化。舞台である青森県弘前市でオールロケ撮影を実施した。出演は「夢売るふたり」の阿部サダヲ、「大奥 永遠 [右衛門佐・綱吉篇]」の菅野美穂。監督は「みなさん、さようなら」の中村義洋。
  • みなさん、さようなら(2012)

    「アヒルと鴨のコインロッカー」などでタッグを組んできた中村義洋監督と俳優・濱田岳の5度目のコンビ作品。小学生の時に、“住んでいる団地から一生外に出ない”と決意した男性の姿を描くシュールなドラマ。共演は「夢売るふたり」の倉科カナ、「ふがいない僕は空を見た」の永山絢斗、「奇跡(2011)」の大塚寧々。
  • ポテチ

    「ゴールデンスランバー」など、伊坂幸太郎作品の映画化で定評のある中村義洋監督が、伊坂の中編小説を原作に、別々の人生を歩んできたプロ野球選手と平凡な青年が辿る数奇な運命を描く。出演は、中村作品の常連で「ゴールデンスランバー」の濱田岳、「極道めし」の木村文乃、「ALWAYS 三丁目の夕日’64」の大森南朋。2012年4月7日より、宮城県仙台にて先行公開。
  • 映画 怪物くん

    藤子不二雄Aの同名漫画を原作にした人気テレビドラマを「ちょんまげぷりん」の中村義洋監督が映画化。“カレーの王国”を舞台に、大冒険に挑む“怪物くん”たちの姿を描く。出演は「黄色い涙」の大野智、「ゴジラ FINAL WARS」の松岡昌宏、「おのぼり物語」の八嶋智人、「星守る犬」の川島海荷、「上島ジェーン」の上島竜兵。
  • ちょんまげぷりん

    「アヒルと鴨のコインロッカー」、「ジェネラル・ルージュの凱旋」の中村義洋が、荒木源の同名小説を映画化。江戸時代からタイムスリップしてきた侍が、母子家庭に居候して、パティシエとしての才能を開花させる。『オルトロスの犬』などテレビドラマで活躍してきた錦戸亮が映画初出演。共演は「うた魂(たま)♪」のともさかりえ。
  • ゴールデンスランバー

    伊坂幸太郎の同名小説を「アヒルと鴨のコインロッカー」「フィッシュストーリー」に続き、中村義洋監督が映画化。首相暗殺の濡れ衣を着せられた男の逃避行を描く。出演は「クヒオ大佐」の堺雅人、「なくもんか」の竹内結子、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の吉岡秀隆、「イキガミ」の劇団ひとり、「沈まぬ太陽」の香川照之など。
  • フィッシュストーリー

    伊坂幸太郎原作&中村義洋監督の「アヒルと鴨のコインロッカー」コンビ第二弾。1975年にリリースされた曲“FISH STORY”を巡って、5つの時代を舞台に奇想天外な物語が展開する。「陰日向に咲く」の伊藤淳史、「アヒルと鴨のコインロッカー」の濱田岳、「夜のピクニック」の多部未華子ら、実力派若手俳優が多数出演。
  • ジェネラル・ルージュの凱旋

    「チーム・バチスタの栄光」に続く海堂尊の同名小説を映画化。病院内の疑惑をめぐり再び田口と白鳥が事件解明に挑む。監督は前作と同じ中村義洋が担当。出演は「サイドカーに犬」の竹内結子、「青い鳥」の阿部寛、「クライマーズ・ハイ」の堺雅人、「チェスト!」の羽田美智子、「252 生存者あり」の山本太郎など。
  • ジャージの二人

    芥川賞受賞作家・長嶋有の小説を「アヒルと鴨のコインロッカー」の中村義洋監督が映画化。不思議な距離感を持つ父子が、避暑地の緩やかな時間の中で過ごす夏の数日間を描く。出演は息子役に「アフタースクール」の堺雅人、父役にロックバンド『シーナ&ロケッツ』のメンバーでTVドラマ『ちゅらさん』などにも出演の鮎川誠。
  • チーム・バチスタの栄光

    エリート手術チームの疑惑に、心療内科の女医と厚生労働省の役人がコンビを組んで解明に乗り出すコミカルなメディカル・サスペンス。原作は、第4回「このミステリーがすごい!」で大賞に輝いた同名小説で、作者は現役の医師である海堂尊。「アヒルと鴨のコインロッカー」の中村義洋が監督を手掛けた。出演は、「サイドカーに犬」の竹内結子、「大帝の剣」「自虐の詩」の阿部寛ら。
  • アヒルと鴨のコインロッカー

    隣人の奇妙な計画に巻き込まれた青年が、事の真意を知るまでを描いた青春ミステリー。原作は伊坂幸太郎の同名小説。出演は「シュガー&スパイス 風味絶佳」の濱田岳、「どろろ」の瑛太、「ハチミツとクローバー」の関めぐみ。監督は「ルート225」の中村義洋。2007年5月12日より、宮城県仙台市内先行公開。
  • 松ヶ根乱射事件

    90年代初頭の雪深い田舎町・松ヶ根を舞台に、人間の危うさ、そしてそこからしか見出せない本当の面白味、残酷さと表裏一体のおかしみなどを描いたダークコメディ。主演は、新井浩文(「ゲルマニウムの夜」)、舞台を中心に活躍してきた山中崇、そして三浦友和(「茶の味」)。監督は「リンダ リンダ リンダ」の山下敦弘。
  • ルート225

    不思議な世界に迷い込んだ姉弟を軽やかなユーモアとみずみずしい情感で描いたファンタジックストーリー。主演は「HINOKIO」の多部未華子とオーディションで大抜擢された岩田力。監督は「ローカルニュース」「ブース」の監督作品のほか、「刑務所の中」などの脚本家としても活躍する中村義洋。原作は藤野千夜の書き下ろし長編。
  • 絶対恐怖 Booth ブース

    旬なキャストと新進気鋭の映像クリエイターを起用し新たな恐怖に挑戦するホラー・プロジェクト“絶対恐怖 NEW GENERATION THRILLER”の第2弾。主演は「木更津キャッツアイ~日本シリーズ~」「ローレライ」の佐藤隆太。監督は「仄暗い水の底から」や「クイール」の脚本を手がけた中村義洋。
  • @ベイビーメール

    人気作家・山田悠介による携帯電話をモチーフにしたホラー小説を、「あそこの席」の中村義洋監督で映像化。脚本は「仄暗い水の底から」「Last Scene」の脚本を手がけ、「あそこの席」脚色も担当した鈴木謙一。出演は「NAGISA」の松田まどか、TVドラマ『仮面ライダー555』の村上幸平。
  • あそこの席

    若手小説家・山田悠介のベストセラー・ホラー小説『あそこの席』を映画化。呪いの席に座ることになった転校生少女の恐怖を描く学園ホラー。「仄暗い水の底から」「Last Scene」の鈴木謙一が脚色、「日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場 私の赤ちゃん」の中村義洋が監督。第8回全日本美少女コンテストグランプリに輝き、美少女クラブ31のメンバーとして活躍する阪田瑞穂が映画初主演。
  • 日野日出志のザ・ホラー 怪奇劇場 第一夜 わたしの赤ちゃん

    「日野日出志のザ・ホラー 怪奇劇場 第一夜」の中の一作。監督は「仄暗い水の底から」脚本の、中村義洋。
  • クイール

    実在した盲導犬の一生を描いたドラマ。監督は「刑務所の中 DOING TIME」の崔洋一。秋元良平、石黒謙吾による原作本『盲導犬クイールの一生』を基に、「夜を賭けて」の丸山昇一と「刑務所の中 DOING TIME」の中村義洋が共同で脚色。撮影を「バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】」の藤澤順一が担当している。主演は、「ギブリーズ episode2」の小林薫と「嗤う伊右衛門」の椎名桔平。テレビ東京開局40周年記念作品。
  • ほんとにあった!呪いのビデオ THE MOVIE 2

    大人気の心霊ドキュメンタリーシリーズの映画版第2弾。
  • ほんとにあった呪いのビデオ THE MOVIE

    オリジナル・ビデオの心霊ドキュメンタリー・シリーズの映画版で、災いを招くとされる映像とそれを見た男性の死の関連を探る一篇。演出・構成は『ほんとにあった!呪いのビデオ パート11』の白石晃士。
  • 刑務所の中

    知られざる刑務所の中の、意外に快適な暮らしの様子を描出した喜劇。監督は「豚の報い」の崔洋一。自身の体験を基にした花輪和一による同名ベストセラー・コミックを、崔監督と「OUT」の鄭義信、「恋に唄えば♪」の中村義洋が共同で脚色。撮影を「命」の浜田毅が担当している。主演は「模倣犯」の山崎努。第76回本誌日本映画ベスト・テン第2位、日本映画助演男優賞(香川照之)受賞、第45回ブルーリボン賞監督賞受賞、第15回日刊スポーツ映画大賞助演男優賞(香川照之)受賞、日本映画ペンクラブ賞会員選出ベスト5日本映画第5位、芸術文化振興基金助成事業作品。
  • 恋に唄えば

    恋に破れたOLとドジな魔法使いの珍道中を描いた、ミュージカル仕立てのラヴ・ファンタジー。監督は「ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」の金子修介。一瀬隆重による原案を基に、「Last Scene」の中村義洋と鈴木謙一が共同で脚本を執筆。撮影監督に「ショムニ」の渡部眞があたっている。主演は、「ピカ☆ピカ星空キャンプ」の優香と「TRICK  トリック 劇場版」の竹中直人。第26回日本アカデミー賞新人俳優賞(優香)受賞作品。
  • ラストシーン

    映画撮影の舞台裏を背景に、映画を愛する人々、そして映画に携わる人々の絆を描いた人間ドラマ。監督は、日活撮影所に助監督として入社し、撮影所システムで育った最後の世代とも言える「リング」「仄暗い水の底から」の中田秀夫。出演は麻生久美子、西島秀俊。
  • 仄暗い水の底から

    幼い娘の親権獲得に執着するあまり、恐ろしい体験をすることになる母親の姿を描いたホラー。監督は「サディスティック&マゾヒスティック」の中田秀夫。鈴木光司による原作を基に、「人間の屑」の中村義洋と鈴木謙一が共同で脚色。撮影を「RUSH!」の林淳一郎が担当している。主演は「月」の黒木瞳。
  • 人間の屑

    平成のダメ男の無軌道で出鱈目な人生を、パンクに描いたドラマ。監督は「ちんちろまい」の中嶋竹彦。町田康による原作を基に、「ローカルニュース」の中村義洋が脚色。撮影を「火垂」の猪本雅三が担当している。主演は「式日 SHIKI-JITSU」の村上淳。尚、本作は『J・MOVIE・WARS 5』として製作・公開された。スーパー16ミリからのブローアップ。
  • Rainbow

    自分の居場所を失ったふたりの若者たちの姿を、インディーズ・ミュージシャンの楽曲に乗せて描いた短篇青春ラヴ・ストーリー。監督・脚本は「HOBOS」の熊澤尚人。撮影を「DOG-FOOD」の福本淳が担当している。主演は、「富江」の草野康太とモデル界出身で映画初出演の武森明日香。16ミリからのブローアップ。
  • ローカルニュース

    地方テレビ局のニュース番組のスタッフの、まったくやる気のないロケ取材の様子をコミカルに描く業界コメディ。監督は自主映画界出身で伊丹十三、崔洋一の助監督を経て、本作で劇場デビューの中村義洋。出演は構成作家の細川徹。16ミリ。
  • 世紀末の呪い 増殖

    『白ゆき姫殺人事件』の中村義洋監督によるホラームービー。小学校のプールから重石を付けて沈められた幼女の遺体が見つかり、近所に住むひきこもりの少年が犯人と判明する。母親すら近付けない彼の部屋で起こった出来事とは…。全3話を収録。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:中村義洋 製作:張江肇/鈴木ワタル 撮影:鈴木謙一 出演:松山尚子/池村賢治/杉本あゆみ/市村亜沙美
  • ほんとにあった!呪いのビデオ リング編

    呪いのビデオ製作委員会の元に、「奇妙なビデオが送られてきて、その後、送られてきた者が死んだ」という内容の投稿が続々到着。日本全国で多発する謎のビデオの真相を徹底解明。必死にビデオを解析するスタッフたちは、ついに思わぬ手がかりを発見!【スタッフ&キャスト】製作:鈴木ワタル/張江肇 プロデューサー:大橋孝史/木谷奈津子 監修:中村義洋 構成:坂本一雷/近藤太