ホン・ギョンイン

ホン・ギョンインの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 達磨よ、遊ぼう

    都会派ヤクザと田舎の寺の修行僧が、対立しながらも次第に心通わせていく姿を描いたヒューマン・コメディ。監督はこれがデビューとなるパク・チョルグァン。出演は「ビッグ・スウィンドル!」のパク・シニャン、「ガン&トークス」のチョン・ジニョン。
  • われらの歪んだ英雄

    都会から田舎の小学校に転校して来た少年が、クラスだけでなく担任教師までも牛耳る級長の絶対支配に抵抗していく孤独な戦いを描く。監督・脚本は『九老アリラン』でデビューしたパク・ジョンウォンで、本作が二作目にあたる。国際的には無名の朴監督だったが、権力と自由の葛藤を鋭くえぐった本作は、世界35ヶ国の映画祭に招待される快挙を遂げた。原作はイ・ムニョルの同名小説で、フランス、日本をはじめ世界11ヶ国で翻訳されている。製作はト・ドンファン。撮影はチョン・グァンソク。音楽はソン・ビョンジュン。美術はト・ヨンウ。編集はイ・キョンジャ。主演はコ・ジョンイルで、デビュー作「ひとりで廻る風車」で大鐘賞新人賞を受賞し、本作が二作目。級長役のホン・ギョンインはオーデションで選ばれた新人。92モントリオール世界映画祭最優秀製作者賞、ハワイ映画祭グランプリなどを受賞。
  • ハリウッド・キッズの生涯

    ハリウッド映画に憧れた二人の映画少年の青春を描くドラマ。監督はチョン・ジヨン。出演はチェ・ミンス、トッコ・ヨンジェ、ホン・ギョンイン、キム・ジョンヒョン、パク・ポンチョル、チャン・ムンほか。1994年9月26日より、京都で開催された「京都国際映画祭 第7回東京国際映画祭・京都大会 アジア秀作映画週間」にて上映。別邦題「ハリウッド・キッドの生涯」。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 8/4

ダニエル・デイ・キム(1968)

ラーヤと龍の王国

「ベイマックス」のドン・ホール監督と「ブラインドスポッティング」のカルロス・ロペス・エストラーダ監督がタッグを組んだアニメ。龍の石の守護者一族の娘ラーヤは、姿を消した“最後の龍”の力を蘇らせ、分断された世界を再び一つにするため、旅に出る。「モアナと伝説の海」のオスナット・シューラー、「アナと雪の女王」シリーズのピーター・デル・ヴェッコが製作に参加。人を信じることができず一人で生きてきたラーヤの戦いと成長を描く。

ヘルボーイ(2019)

ギレルモ・デル・トロが二度映画化した人気アメコミを、原作者マイク・ミニョーラ製作総指揮の下、再映画化。超常現象調査防衛局の最強エージェント、ヘルボーイは、人類に復讐を誓う魔女ニムエに戦いを挑むが、ニムエの魔力により、世界滅亡の危機が訪れる。特殊メイクを駆使して主人公ヘルボーイに扮したのは、Netflix『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で注目のデヴィッド・ハーバー。共演は「記者たち 衝撃と畏怖の真実」のミラ・ジョヴォヴィッチ、「ジョン・ウィック:チャプター2」のイアン・マクシェーン。監督を務めたのは、「ディセント」のニール・マーシャル。
檀れい(1971)

奥様は、取り扱い注意

2017年に放送されたドラマ『奥様は、取扱注意』の劇場版。元特殊工作員の専業主婦・菜美と、菜美の夫で、実は彼女を監視する公安警察の勇輝。ある出来事がきっかけで菜美が記憶喪失になると、二人は名前を変え、地方都市・珠海市で新生活を始めるが……。出演は、「今夜、ロマンス劇場で」の綾瀬はるか、「空母いぶき」の西島秀俊。監督は、「カイジ ファイナルゲーム」の佐藤東弥。

累 かさね

松浦だるまの同名コミックを実写映画化。伝説の女優を母に持ち、天才的な演技力がありながら、醜い容姿を恨み続けて生きてきた累。母は累に、キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を遺していた。累は、美貌に恵まれながら花開かずにいる女優・ニナと出会う。監督は、「ストロベリーナイト」の佐藤祐市。出演は、「となりの怪物くん」の土屋太鳳、「心が叫びたがってるんだ。」の芳根京子、「破門 ふたりのヤクビョーガミ」の横山裕、「ママレード・ボーイ」の檀れい、「幼な子われらに生まれ」の浅野忠信。

NEW今日命日の映画人 8/4

該当する人物がいません