ロバート・キャラダイン

ロバート・キャラダインの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • シャークトパスVSプテラクーダ

    人喰いザメ×超巨大タコの合体モンスター“シャークトパス”が巻き起こす恐怖を描いたロジャー・コーマン製作のシリーズ第2弾。古代の翼竜プテラノドンの身体に魚の頭を持ち、水中と空中を自在に行き来する新モンスター“プテラクーダ”と死闘を繰り広げる。出演は「ジャンゴ 繋がれざる者」のロバート・キャラダイン。
  • フェアリー・テール・シアター ティム・バートンのアラジンと魔法のランプ

    名作童話を元にした米テレビシリーズからセレクトした4作品。「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」のティム・バートン、「ゴッドファーザー」のフランシス・フォード・コッポラ、「クリエイター」のアイヴィン・パッサー、「ルビー・カイロ」のグレーム・クリフォードがそれぞれ監督を担当している。
  • ゴースト・オブ・マーズ

    「遊星からの物体X」(82)「光る眼」(95)のジョン・カーペンター監督が火星を舞台に描くSFアクション・ホラー。入植のため火星にやってきた人類が、謎の封印を解いてしまったことにより、火星先住民族の亡霊が解放されてしまう。人類VS亡霊の壮絶な死闘が、怒れる赤い惑星で始まった。主演は「アナコンダ」のアイス・キューブ、「スピーシーズ/種の起源」のナターシャ・ヘンストリッジ。
    60
  • エスケープ・フロム・L.A.

    大地震で陸の孤島と化した近未来のL.A.を舞台に、世界を震撼させる新兵器奪還の密命を帯びて送り込まれたアンチ・ヒーロー、スネーク・プリスケンの活躍を描いたSFアクション。「光る眼」のジョン・カーペンター監督、「フィッシャー・キング」などのデブラ・ヒル製作、「エグゼクティブ デシジョン」のカート・ラッセル主演のトリオが81年に発表した傑作「ニューヨーク1997」の実に15年ぶりの続編で、製作費は700万ドルから5千万ドルへと大幅にアッブ。製作はデブラ・ヒルと主演のカート・ラッセルで、脚本はカーペンターはじめ3人の共同。撮影は「マウス・オブ・マッドネス」「光る眼」とカーペンターと連続して組むゲイリー・B・キッビ。音楽は、全18作の映画中これが自ら手がけた15本目となるカーペンターと、「透明人間」で組んだシャーリー・ウォーカー。美術は「ブレードランナー」のローレンス・G・ポール、編集はエドワード・A・ワーシルカ。視覚効果監修はキンバリー・K・ネルソン、特殊効果コーディネーターはマーティ・ブレシン、特殊メイクはリック・ベイカーが担当。共演は「勇気あるもの」のクリフ・ロバートソン、「コロンブス」のジョージ・コラフェイス、「壁の中に誰かがいる」のA・J・ランガー、「デンバーに死す時」のスティーヴ・ブシェーミ、「イージー・ライダー」のピーター・フォンダ、「コンゴ」のブルース・キャンベル、「フォー・ルームス」のヴァレリア・ゴリノ、カーペンター演出のTVドラマ『ボディ・バッグス』(V)のステイシー・キーチほか多彩な顔ぶれ。
    80
  • 弾丸刑事 ニック&フランク

    麻薬課刑事コンビの活躍を描くアクション。製作はメナハム・ゴーランとヨーラム・グローバス、監督は「世界が燃えつきる日」のジャック・スマイト、脚本はゲイル・モーガン・ヒックマン、アンドリュー・カーツマン、ロブ・ライリー、ジェームズ・ベルーシ、撮影はアレックス・フィリップス、音楽はアルフ・クラウゼンが担当。出演はロバート・キャラディン、ビリー・ディー・ウィリアムスほか。
  • 白いロマンス

    ウィルス性脳炎のために片足が不自由な娘スーザンの愛と青春の日々を描く。製作はレオ・L・フックス、エグゼクティヴ・プロデューサーはジェリー・ズートマン。監督は「MrレディMrマダム」のエドアール・モリナロ。撮影はクロード・ルコント、音楽はウラジミール・コスマが担当。出演はクリスティ・マクニコル、マイケル・オントキーンなど。日本版字幕は菊地浩司。メトロカラー、ビスタサイズ。1984年作品。
  • 最前線物語

    第一次大戦に生き残った軍曹が、4人の若いヤンキーの兵士を率いてヨーロッパ戦線の最前線を転戦する姿を描く。製作はジーン・コーマン、監督・脚本は「ショック集団」のサミュエル・フラー、撮影はアダム・グリーンバーグ、音楽はダナ・カプロフが各々担当。出演はリー・マービン、マーク・ハミル、ロバート・キャラディン、ボビー・ディ・チッコ、ケリー・ワード、ステファーヌ・オードランなど。
    70
  • ミーン・ストリート

    ニューヨークを舞台にそれぞれに青春を爆発させる若者たちの孤独、友情、挫折等を描く。製作総指揮はE・リー・ぺリー、製作はジョナサン・タプリン、監督は「ニューヨーク・ニューヨーク」のマーティン・スコセッシ、脚本はマーティン・スコセッシとマルディク・マーティン、撮影はケント・ウェイクフォード、音楽はドン・ジョンソン(2)、編集はシド・レヴィンが各々担当。出演はロバート・デ・ニーロ、ハーヴェイ・カイテル、デイヴィッド・プローバル、エイミー・ロビンソン、リチャード・ロマナス、チェザーレ・ダノヴァ、ヴィクター・アルゴ、ロバート・キャラダイン、ジェニー・ベル、デミッキ・デイヴィスなど。日本語版監修は戸田奈津子。カラー、ビスタサイズ。1973年作品。
  • ロング・ライダーズ

    南北戦争直後の西部を舞台に、帰る故郷もなく、無法の荒野に青春を送った若者たちの破天荒な行動を描く西部劇。製作総指揮はジェームズ&ステーシー・キーチ、製作はティム・ジンネマン、監督は「ウォリアーズ」のウォルター・ヒル、脚本はビル・ブライデン、スティーヴン・フィリップ・スミス、ステイシー&ジェームズ・キーチ、撮影はリック・ウェイト、音楽はライ・クーダー、編集はデイビッド・ホールデン、美術はピーター・ロメロが各々担当。出演はデイヴィッド、キース、ロバートのキャラダイン3兄弟、ジェームズとステイシーのキーチ兄弟、デニスとランディのクエイド兄弟、ケヴィン・ブロフィー、ハリー・ケーリー・ジュニア、クリストファー・ゲストなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。テクニカラー、ビスタサイズ。1980年作品。
  • 帰郷(1978)

    ベトナム戦争によって愛を破壊されながら、なおも心のよりどころを求めて生きる男女を描く。製作はジェローム・ヘルマン、製作補はブルース・ギルバート、監督はハル・アシュビー、脚本はウォルド・ソルトとロバート・C・ジョーンズ、原作はナンシー・ダウド、撮影はハスケル・ウェクスラー、編集はドン・ジンマーマン、装飾はジョージ・ゲインズ、製作デザインはマイケル・ホーラー、録音はジェフ・ウェクスラーが各々担当。出演はジェーン・フォンダ、ジョン・ヴォイト、ブルース・ダーン、ロバート・キャラダイン、ペネロープ・ミルフォード、ロバート・ギンティ、チャールズ・サイファースなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。デラックスカラー、ビスタサイズ。1978年作品。
  • 爆走!キャノンボール

    優勝賞金10万ドルを賭け、ロスからニューヨークへの5000キロを突っ走る死のロード・レースを描くカー・アクション映画。製作はサミュエル・W・ゲルフマン、監督は「デス・レース2000年」のポール・バーテル、脚本はポール・バーテルとドナルド・C・シンプソン、撮影はデビッド・アクセルロード、音楽はタク・フジモトが各々担当。出演はデイビッド・キャラダイン、ベロニカ・ハメル、ジル・マッキニー、ジュディ・キャノーバ、ロバート・キャラダインなど。
  • オルカ

    妻を人間に殺されたオルカの復讐を人間との戦きを通して描く。製作はディノ・デ・ラウレンティスとルチアーノ・ビンチェンツォーニ、監督は「2300年未来への旅」のマイケル・アンダーソン、脚本はルチアーノ・ビンチェンツォーニとセルジオ・ドナティ(ノヴェライゼーション/アーサー・ハーツォーク著・KKベストセラーズ刊)、撮影はテッド・ムーア、海洋監督はフォルコ・クイリチ、音楽はエンニオ・モリコーネが各々担当。出演はリチャード・ハリス、シャーロット・ランプリング、ウィル・サンプソン、ボー・デレク、ロバート・キャラダイン、キーナン・ウィン、スコット・ウォルカー、ピーター・ホーテンなど。
  • 高校生活

    夏休みを無事終え、新学期をむかえた高校生活をおおらかに描く青春映画。製作総指揮はマリリン・J・テンサー、製作・監督はジョセフ・ルーベン、脚本はJ・ルーベンとロバート・ローゼンタール、撮影はスティーブン・M・カッツ、音楽はマイケル・ロイドが各々担当。出演はロバート・キャラダイン、ジェニファー・アシュレイ、マイケル・マリオンズ、リサ・リーヴス、スーザン・プレイヤー、ビル・アドラーなど。
  • ジャクソン・ジェイル

    ロスからニューヨークへ旅する女性が体験する恐怖を通し、現代アメリカのドス黒い影を描くバイオレンス映画。製作総指揮はロジャー・コーマン、製作はジェフ・ベガン、監督は新人マイケル・ミラー、脚本はドナルド・スチュワート、撮影はブルース・ローガン、音楽はローレン・ニューカークが各々担当。出演はイヴェット・ミミュー、トミー・リー・ジョーンズ、ロバート・キャラダイン、セヴァーン・ダーデン、ジョン・ローラー、ブリット・リーチなど。
  • 11人のカウボーイ

    ゴールドラッシュで男たちが金を深しに行ってしまったため、牛の大群の輸送に困り果てた牧場主が、仕方なく少年カウボーイを雇い入れ、400マイルの荒野を横断していく。製作・監督は「華麗なる週末」のマーク・ライデル、脚色は、原作を書いたウィリアム・デール・ジェニングスとアーヴィング・ラヴェッチ、ハリエット・フランク・ジュニアの3人、撮影は「おもいでの夏」で、3度目のアカデミー賞を受賞したロバート・サーティース、音楽は「屋根の上のバイオリン弾き」のジョン・ウィリアムス(2)、編集はニール・トラヴィスが各々担当。出演はジョン・ウェイン、11人の小さなカウボーイには、ジョン・キャラダインの息子のロバート・キャラダイン、スティーブン・フーディス、ニコラス・ビューヴィ、A・マルティネスなど、ほかの共演は「ワイルドバンチ」のスリム・ピケンズ、「トパーズ(1969)」の黒人俳優ロスコー・リー・ブラウンなど。
    80
  • スノークラッシュ

    『バタフライ・エフェクト2』のエリック・ライヴリー主演による山岳アクション。ダウンヒル・レーサーのタイラーとプロスノーボーダーのマークは、映画のスタントマンとして傾斜角世界一の雪山・アラスカの断崖絶壁に挑むことになるのだが…。【スタッフ&キャスト】監督:マイキー・ヒルブ 音楽:ジェラルド・ブランスキル 出演:エリック・ライヴリー/マイケル・マドセン/ルーク・ゴス/ロバート・キャラダイン/ケラン・ラッツ/ペイトン・リスト
    70
  • サーベルタイガー・パーク 百万年ぶりの餌食

    『スーパークロス』のロバート・キャラダイン主演によるパニック。サーベルタイガーが檻から逃げ出し…。“『AVP2 エイリアンズVS.プレデター』発売記念無差別モンスターパニックセレクション”。※8月29日までの期間限定出荷※一般告知解禁日:2月21日【スタッフ&キャスト】監督:ジョージ・ミラー 出演:ロバート・キャラダイン/ステイシー・ハイダック/ニコラス・ベル
  • 処刑教室 ハイスクール・パニック

    ハイスクールを舞台に繰り広げられる復讐劇を描いたサスペンスアクション。不良たちの起こしたレイプ事件を知った転校生・デビットは、不良たちと大喧嘩をし、足を潰されてしまう。復讐心に駆られた彼は、不良たちを次々と惨殺していくのだが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:レネ・ダルダー 撮影:バート・ヴァン・マンスター 音楽:トミー・レオネッティ 出演:ディレル・モーリー/アンドリュー・スティーヴンス/ロバート・キャラダイン/レニー・オーグラディ/キンバリー・ベック
  • ナーズの復讐 集結!恐怖のオチコボレ軍団

    「愛に向って走れ 」のジェフ・カニュー監督による、青春ドタバタコメディ。
  • リジー・マグワイア・ムービー

    ヒラリー・ダフ主演のキュートなシンデレラストーリー。何をやってもドジな中学生・リジーと親友・デヴィッドは、高校生活を目前にローマへクラストリップに行くことに。ポップスター・パウロと出会ったことをきっかけに、リジーにチャンスが到来する。【スタッフ&キャスト】監督:ジム・ホール 製作:スタン・ロゴウ 製作総指揮:テリー・ミンスキー 音楽:クリフ・エデルマン 出演:ヒラリー・ダフ/アダム・ランバーグ/ロバート・キャラダイン/ハリー・トッド
  • BQSF-9 スコルピオ・ワン

    原因不明の大爆発により通信の途絶えた国際連合宇宙ステーション“スコルピオ・ワン”。選ばれた男たちが生死を賭けて救出に向かうSFパニック映画。NASAの全面協力により、シャトルやライフポッドなどのリアルで迫力あるシーンが満載されている。【スタッフ&キャスト】監督:ウォース・キーター 製作:アショク・アムリトラジ 製作総指揮:アラン・B・バースティーン 脚本:スティーヴ・ラトショウ 出演:ロバート・キャラダイン/ジェフ・スピークマン/ロビン・カーティス/スティーヴ・キャナリー
  • 2018

    世界滅亡の危機を描くディザスターパニック。FBI捜査官のコールは捜査の中で世界を破壊する力を持つ “ジュブツ”と呼ばれる秘石の存在を知る。だがある時、世界征服を目論む億万長者・ベアードが、“ジュブツ”の力を解き放ってしまう。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:リサ・ハンセン/ポール・ハーツバーグ 監督・脚本:クリスチャン・セスマ 撮影:アンソニー・J・リッカート=エプスタイン 出演:コリン・ネメック/ロバート・キャラダイン/マイク・ハットン/メアリー・クリスティーナ・ブラウン

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/26

エイブ・ヴィゴーダ(2016)

アンダーワールド(1996)

自分と父親を陥れた真犯人を見つけるため、正体不明の謎の男に接近する青年のパラノイアックな復讐劇を描いた異色サスペンス。本作の後「マッド・ドッグス」(日本では98年1月公開)で監督デビューも果たしたヴェテラン俳優ラリー・ビショップ(本作で助演も)の脚本を、「スター・ウォーズ」(美術監督としてアカデミー装飾部門最優秀賞を受賞)、『The Sender』(日本未公開、監督作)のロジャー・クリスチャンの監督で映画化。美術はアキ・カウリスマキ監督作品(「ラ・ヴィ・ド・ボエーム」ほか)でも知られるジョン・エブデン。出演は「ネオン・バイブル」のデニス・レアリー、「アンカーウーマン」のジョー・モントーニャ、「フューネラル」のアナベラ・シオラ、「ゴッドファーザー」のアベ・ヴィゴダ、「シリアル・ママ」のトレイシー・ローズほか。

シュガー・ヒル

ニューヨーク・ハーレムの暗黒街で、ドラッグ売買のトップにのし上がった2人の兄弟の葛藤を軸に展開する、愛と暴力に彩られたブラック・ムービー。監督はキューバ出身で、カンヌ国際映画祭で上映された「クロスオーバー・ドリーム」やテレビ映画「心臓が凍る瞬間」(日本では劇場公開)などの作品があるレオン・イチャソ。脚本はバリー・マイケル・クーパー。製作は「ラブ・クライム 官能の罠」のルディ・ラングレイスと、グレゴリー・ブラウン。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ザ・コミットメンツ」のアーミヤン・バーンスタインとトム・ローゼンバーグ、マーク・エイブラハムズの共同。撮影は「ディープ・カバー」「カリフォルニア(1993)」のボージャン・バゼリ。音楽はテレンス・ブランチャードで、ジャズ、ファンク、ソウル、ラップ、ヒップホップ、ブラック・コンテンポラリー、アフリカン・ミュージックからゴスペルに至るまで、さまざまなブラック・ミュージックの挿入曲が全編に流れる。美術は「再会の時」のマイケル・ヘルミー、主人公兄弟の人物造形や作品世界の上でも重要な要素を占める衣装は、「ディック・トレイシー」のエドゥアルド・カストロで、ヴェルサーチ、ヨージ・ヤマモトなどのスーツが使用されている。主演は「ニュー・ジャック・シティ」「デモリションマン」「ドロップ・ゾーン」など出演作が相次ぐウェズリー・スナイプスと、「ストリーマーズ 若き兵士たちの物語」『ファイブ・ハートビーツ』(V)のマイケル・ライト。「クロウ 飛翔伝説」のアーニー・ハドソン、「ビバリーヒルズ・コップ3」のテレサ・ランドルらが共演。