ケイト・マクローリン

ケイト・マクローリンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 囁く電線

    ヘンリイ・レヴエレージ氏作の探偵小説をケート・エル・マックローリン女史が劇化した三幕物の探偵喜活劇を映画化したもので、L・G・リグビー氏が監督した。「愛の投縄」「歓楽の不夜城」など出演のアニタ・ステユアート嬢「快傑義涙」「蜂雀」など出演のエドモンド・バーンズ氏を始め、チャールズ・クラリー氏、フランク・キヤムボー氏、オツトー・マテイーソン氏などが共演している。
  • 愛に輝く眼

    主役は最近「天涯の孤児」「樹間の炬火」などで主演のメアリー・マイルス・ミンターで相手役はアメリカン時代の嬢になくてはならないアラン・フォレストである。
  • 街の令嬢

    ケイト・マクローリンの筆になるストオリイを「盗まれた接吻」「女に賭けるな」のリン・スターリングが脚色し、台詞を付し、俳優たるしケネス・マッケンナと舞台装置として知られたウィリアム・キャメロン・メンジースの両人が監督にあたった映画で「肉と霊」のエリッサ・ランディ、「近代エロ双紙」「ビッグ・ハウス」のルイス・ストーンが主演し「夜霧の女」のポール・ガヴァナー、ジョン・ギャリック、フレデリック・カーその他が助演する。カメラは「ビッグ・トレイル」「再生の港」のアーサー・エディソンが担当。
  • 六時五十分

    ケイト・マクローリン原作の舞台劇をハーヴェイ・ゲイツとレノア・コフィーとが脚色し、「勇猛突進」「悍馬の健児」等と同じくナット・ロスの監督で、主役は「最強者」「警鐘乱打」等出演のルネ・アドレー、「名声」等出演のナイルス・ウェルチ、その他オーヴィル・コルドウェルも出演する。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 8/4

ダニエル・デイ・キム(1968)

ラーヤと龍の王国

「ベイマックス」のドン・ホール監督と「ブラインドスポッティング」のカルロス・ロペス・エストラーダ監督がタッグを組んだアニメ。龍の石の守護者一族の娘ラーヤは、姿を消した“最後の龍”の力を蘇らせ、分断された世界を再び一つにするため、旅に出る。「モアナと伝説の海」のオスナット・シューラー、「アナと雪の女王」シリーズのピーター・デル・ヴェッコが製作に参加。人を信じることができず一人で生きてきたラーヤの戦いと成長を描く。

ヘルボーイ(2019)

ギレルモ・デル・トロが二度映画化した人気アメコミを、原作者マイク・ミニョーラ製作総指揮の下、再映画化。超常現象調査防衛局の最強エージェント、ヘルボーイは、人類に復讐を誓う魔女ニムエに戦いを挑むが、ニムエの魔力により、世界滅亡の危機が訪れる。特殊メイクを駆使して主人公ヘルボーイに扮したのは、Netflix『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で注目のデヴィッド・ハーバー。共演は「記者たち 衝撃と畏怖の真実」のミラ・ジョヴォヴィッチ、「ジョン・ウィック:チャプター2」のイアン・マクシェーン。監督を務めたのは、「ディセント」のニール・マーシャル。
檀れい(1971)

奥様は、取り扱い注意

2017年に放送されたドラマ『奥様は、取扱注意』の劇場版。元特殊工作員の専業主婦・菜美と、菜美の夫で、実は彼女を監視する公安警察の勇輝。ある出来事がきっかけで菜美が記憶喪失になると、二人は名前を変え、地方都市・珠海市で新生活を始めるが……。出演は、「今夜、ロマンス劇場で」の綾瀬はるか、「空母いぶき」の西島秀俊。監督は、「カイジ ファイナルゲーム」の佐藤東弥。

累 かさね

松浦だるまの同名コミックを実写映画化。伝説の女優を母に持ち、天才的な演技力がありながら、醜い容姿を恨み続けて生きてきた累。母は累に、キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を遺していた。累は、美貌に恵まれながら花開かずにいる女優・ニナと出会う。監督は、「ストロベリーナイト」の佐藤祐市。出演は、「となりの怪物くん」の土屋太鳳、「心が叫びたがってるんだ。」の芳根京子、「破門 ふたりのヤクビョーガミ」の横山裕、「ママレード・ボーイ」の檀れい、「幼な子われらに生まれ」の浅野忠信。

NEW今日命日の映画人 8/4

該当する人物がいません