あの丘越えて(1920)

あのおかこえて
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ウィル・カールトンの詩「あの丘越えて養老院へ」Over the Hill to the Poor Houseおよび「あの丘越えて養老院から」Over the Hill forom the Poor Houseの2篇に基づき、ポール・H・スローンが脚色し、「ホワイト・モール」などを監督したハリー・ミラードが監督した人情劇で、映画界に初めて入ったメアリー・カー夫人が実に洗練された演技を見せる。壮年時代から老年に至るまでの母親を、少しの不自然さもなく確実に表現し、母性の温い愛と絶ゆるなき献身とを極めて自然に演出している。ユ社の「スタンレー阿弗利加探険」でスタンレーに扮したウィリアム・ウェルシュが「父」に、「ファントマ」出演のジョニー・ウォーカーが孝行息子ジョンにそれぞれ扮している。家庭道徳の根本義を宣明し、母愛の深さと孝道の大精神を讚美した人道的の映画で、全米の監獄が囚人教化の目的に使用したとか、あるいはニューヨークで1年以上も大入り満員を取ったとか、2万5千本のプリントを製作したなどという事実に徴しても、いかに人々に多大の感動を与えたかが分かろう。母の愛を取り扱った映画がこの作品の後から雨後の筍のように製作されたことを見ても分かる。原作者は言う―世の中に母の愛ほど、自己を忘れた崇高な精神の発露はない。喜びも悲しみも、母は我が子のために常に涙を流している。母が子供を育てる苦労を知ったらば、成長した子供達が母のことを忘れ去ることの多いのは、何という不思議であろう。ここに述べんとする物語も、世界中のどこへ行っても見い出すことのできる「母」の身の上なのである―と。
映画館で見る
配信で見る
Blu-ray&DVDで見る
TVで見る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

「あの丘越えて(1920)」のストーリー

劇のプロローグはエウ・イングランドの小さな村に起こる。ベントン夫人は、怠け者の夫と、6人の子供の世話に、朝は暗いうちから夜は遅くまで、何の楽しみもなく、身を粉に砕いて働き通していた。6人の子供達のうち4人は男で2人は女であった。3男のジョンは決断力や犠牲的の精神には兄弟の誰よりも富んでいたが、元気に任せて思い切った悪戯もするので、家中の誰からも除け者にされていた。時代は過ぎて20年の後。父も母も老いた。6人の子供は健かに成人し、長男のアイザックは牧師に、そのほかそれぞれに職を得て皆家を出てしまい、3男のジョンばかりが父母の元に暮らしていた。怠け者の父は生活難から悪心を起こして近くの富豪ストロング家の馬を盗み出していた。一夜ジョンは父のこの情ない悪事を発見したが、極力諌めて父を逃し、彼は父の身代わりに馬盗人の汚名の下に投獄された。さすがの父もこれには苦しんだ。良心の呵責に絶えず父は獄中の息子を訪ねて事実を発表させてくれと頼むが、ジョンは「お父さんが罪人と分かれば家全体の不名誉です。私が恥ずかしい目に会うのは私だけの恥なのだから、お母さんのために、黙っていて下さい」と言って帰す。父は遂に苦しさのため病を得てたおれた。3年の後ジョンは出獄して来た時、母はこの不幸の子を心から喜び迎えた。ジョンは西部で身を立てようと母のことを長男のアイザックに頼んで生まれ故郷を去り、一意専心母のために西部で働いていた。ジョンから母のためにと送って来る毎月の送金は、心良からぬアイザックが着服し、あまつさへ彼は母に出て行けがしの冷い仕打ちをするので、老の身を我が子の無情を怒りも得ず、母は次男の元へ身を寄せるが、ここも温い住家ではなかった。手塩にかけて育てあげた我が子は多くありながら、遂に母は養老院へと住む家を求めて去らねば成らなかった。これが20有余年慈愛の限りをつくした母の得たる報酬であろうとは!しかしやがてジョンが成功して帰って来た時、アイザックより母が養老院にいることを聞いて激怒し、「あの丘越えて養老院へ、俺は貴様を引き摺って行き、お母さんの前に跪かせて謝罪させてやるのだ」と彼を往来に引き摺リ出し、村人の前に散々懲した上、母を養老院から迎えるべく馬車を急がせた。母は夢に夢見る心地して、ただ嬉し涙に咽ぶのみ。不幸な子らも己が非を悟り、母の膝下に集まり来て衷心より謝罪する。それら不孝な子らをも母はジョンに対したと同様喜びの涙で迎えるのであった。

「あの丘越えて(1920)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「あの丘越えて(1920)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1920
製作会社 フォックス社特作映画
配給 岩藤思雪氏輸入
レイティング

「あの丘越えて(1920)」のみんなのレビュー

「あの丘越えて(1920)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ