影の私刑

かげのりんち The Lords of Discipline
上映日
1984年11月10日

製作国
アメリカ

上映時間
100分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

士官学校で暗躍するサディスティックな集団に果敢に闘いを挑む士官候補生の姿を描く。製作はハーブ・ジャッフェとガブリエル・カッカ。監督は「さらば青春の光」のフランク・ロッダム。パット・コンロイの原作を基に卜ーマス・ポープとロイド・フォンヴィエールが共同で脚本を執筆した。撮影はブライアン・テュファーノ、音楽はハワード・ブレークが担当。出演はデイヴィッド・キース、ロバート・プロスキー、G・D・スプラドリンなど。日本版字幕は戸田奈津子。イーストマンカラー、ビスタサイズ。1983年作品。
映画館で見る
配信で見る
Blu-ray&DVDで見る
TVで見る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

「影の私刑」のストーリー

1964年、初秋。カロライナ陸軍士官学校の新学期が始まろうとしていた。夏休みを終え、最上級生となるウィル(デイヴィッド・キース)は学校に戻った。ルームメイトのトラッドの家を尋ねると、カロライナ陸軍士官学校を優秀な成績で卒業したトラッドの父も顔をみせた。2人が学校の寮に帰ると、同室のピッグとマークも帰っていた。新入生の中に、開校以来初めての黒人生徒ピアース(マーク・ブレランド)がいた。ベア大佐(ロバート・ブロスキー)は、ピアースの力になってやるようにとウィルに言う。意気地のなかったウィルに軍人魂を教え一人前にしてくれた生徒監督の立場にある恩師の頼みとはいえ、それは全校生徒を敵にまわすことを意味しているも同然だった。厳しい規則のもとでの学習と教練が始まったが、予想どおりピアースと肥満児のポティ(マルコム・ダネー)が上級生のしごきのターゲットとなってしまう。ある夜、覆面姿の男たちがポティを部屋から連れ出し、彼に退学を迫った。ポティから、彼を連れ出したのはテンという謎の集団であることを聞いたウィルは、その存在を大佐にたずねた。そして、テンははみ出し者を制裁する秘密グループで、長年にわたってこの学校で暗躍していることを知る。その後まもなく、テンのリンチに怯えたポティが自殺した。テンの存在をつきとめることを決意したウィルは、ルーム・メイトの協力を得て、密かに活動を開始する。ウィルらは、弁護士のマッキンタイアが、かつてテンの一員だったことを聞き出して追求、テンがリンチをするために使っている「穴倉」と呼ばれる場所が、校長のデュレル将軍(G・D・スプラドリン)の農園の中にあることを知った。それを確かめようとウィルが農園に近づくと、建物から明りがもれ、中から悲鳴が聞こえた。中を覗くとピアースが拷問されていた。大声を出してテンのメンバーの名前を叫び、ピアースの窮地を救ったウィルは、逆襲に転じる。翌日、テンのボス、アレクサンダー(マイケル・ビーン)に、マスコミにテンの実態を話すと、宣戦布告するウィル。しかし、これは裏目に出てしまい、ピッグが盗みの容疑で学生の特別法廷で裁判にかけられ、退校処分を受けてしまった。自らも退学寸前という状況に追い込まれたウィルは、かつてテンのメンバーであったトラッドの父の日記帳から、歴代のテンのメンバーの名をみつける。そこには、デュレ将軍やトラッドの名もあった。翌日、怒りを胸に校長室の扉を開け、メンバーの公表と交換に、ピッグの再入学とテンの解散、そして校長の辞任を認めるよう迫った。校長は強く抵抗したが、ウィルと共に大佐にも詰め寄られたため、遂に要求をのんだ。軍服をたたみ、ピアースに笑顔をみせ、学校のシンボルである指輪を置き、静かに部屋を出ようとするウィルにベア大佐は指輪を投げて渡した。名誉のために生きる真の男だけがはめられる指輪が、若き勇者に贈られたのだ。(パラマウント映画=CIC配給*1時間40分)

「影の私刑」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「影の私刑」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1983
公開年月日 1984年11月10日
上映時間 100分
製作会社 ハーブ・ジャッフェ=ガブリエル・カッカ・プロ作品
配給 パラマウント映画=CIC
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「影の私刑」のみんなのレビュー

「影の私刑」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ