エアポート’80

えあぽーとはちじゅう Airport '80,The Concorde
上映日
1979年12月15日

製作国
アメリカ

上映時間
113分

ジャンル
パニック
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

ワシントンからモスクワに向かって飛行する超音速ジェット機を舞台に、数度の危機を無事に乗りこえるパイロットと乗客たちの姿を描くシリーズ4作目。製作はジェニングス・ラング、監督は「猫」のデビッド・ローウェル・リッチ。ジェニングス・ラングの原案を基にエリック・ロスが脚色。撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽はラロ・シフリン、編集はドロシー・スペンサー、製作デザインはヘンリー・バムステッドが各々担当。出演はアラン・ドロン、スーザン・ブレイクリー、ロバート・ワグナー、シルヴィア・クリステル、ジョージ・ケネディ、エディ・アルバート、ビビ・アンデルソン、デイヴィッド・ワーナー、ジョン・デイヴィッドソン、アンドレア・マルコヴィッチなど。
映画館で見る
配信で見る
TVで見る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

「エアポート’80」のストーリー

米国のフェデレーション・ワールド航空会社が、米国初のコンコルドを購入。その第1号機がパリを飛びたち、ワシントンのダレス空港を目指していた。操縦するのは、フランス人のベテラン・パイロット、ポール・メトラン(アラン・ドロン)だ。このコンコルドは、ワシントンで乗客を乗せてから、プレ・オリンピックが開かれるモスクワまでの親善飛行が予定されている。美しいスチュワーデス、イザベル(シルヴィア・クリステル)はかつてのポールの恋人で、今回のフライトで、久しぶりに顔を合わせたのであった。ダレス空港では歓迎陣に混って“コンコルド反対”のデモ隊も出迎えており、滑走路まで入り込んで着陸を妨害しようとした。彼らのこの行動は、さっそく人気テレビ・キャスターのマギー・ウィーラン(スーザン・ブレイクリー)のニュース・ショーでも報道された。この夜の放送では、ハリソン産業の社長で、優れた科学者でもあるケビン・ハリソン博士(ロバート・ワグナー)を中心に、彼の会社が新型攻撃ミサイルの開発とテストに成功したというニュースも報道されていた。ハリソンはマギーの恋人でもあった。スポーツ担当のロバート(ジョン・デイヴィッドソン)は、訪米中のソ連親善スポーツ・チームを取材し、体操の花形スター、アリシア(アンドレア・マルコヴィッチ)の活躍ぶりを紹介した。実は、ロバートとアリシアは、愛し合う仲である。その夜、コンコルドの乗務員が宿泊しているホテルではポールとイザベルがよりを戻していた。そして、一方恋人ハリソンと別れてアパートに戻ったマギーのもとに、ハリソンの部下の1人が訪れ、ハリソン産業が武器の不法輸出を行なっているので、キャスターのマギーの口から、そのことを世間に暴いて欲しいと訴えた。はじめは信じなかったマギーも、その後に押し入った殺し屋が、訴える彼を殺し、マギーの命まで狙おうとしたことで本気になり、翌朝ハリソンに、そのことを確かめた。否定する彼だったが、マギーと.別れた後、腹心を呼び出し、事実である武器輸出の秘密が洩れかかっていることを告げた。Jレス空港で、マギーが証拠書類を手にコンコルドに乗り込んだのを見たハリソンは、その足で新型攻撃ミサイルのテスト基地に急ぎ、そのミサイル“バザード”の軌道を変え、乗客を満載したコンコルドを標的にした。コンコルドには、その日フェデレーション航空のチーフ・パイロット、ジョー・パトローニ(ジョージ・ケネディ)が乗り込み、ポールと機関士のピーター(デイヴィッド・ワーナー)の3人がコックピットに揃つていた。ハリソンの不正の証拠をにぎったマギーは、パリに到着次第、真相を発表する決心をしていたが、信じていた恋人の真の姿を知って動揺していた。空を突き進むコンコルドに、基地から発せられたミサイルが一直線につっ込んできた。それを目にしたポールは、危機一髪、機体をかわす。攻撃をプログラムされたミサイルは尚もコンコルド目がけて攻撃をくり返した。しかし、SOSの発信を受けてやってきた米空軍のF15迎撃戦闘機の救援で“バザード”を撃ち落とすことに成功。計画の失敗を知ったハリソンは、直ちにパリの腹心の部下に急報し、今度は国籍不明のスカイホークからコンコルドめがけてミサイルが発せられた。再び危機に立たされるコンコルドだったが、今度はパトローニが、鮮かな操縦桿さばきでこの危機をのりきった。こうして2度までもミサイル攻撃を受けたコンコルドはしかし、奇蹟的にパリのル・ブールジェ空港に着陸した。再び攻撃の失敗を知ったハリソンは、急遽パリにとび、マギーを説得し時間を稼いだ。一方、コンコルドは徹底した整備を受け、いよいよモスクワへと飛びたった。だが、ハリソンの部下に買収された空港の整備員が、キャビンのドアに細工をしたため客席の床に亀裂が走り、機体に不気味な振動が広がった。乗務員がその異常に気づいた時には、すでに床にはポッカリ大きな穴があき、機体は激しく揺れ、客席は混乱した。このまま飛行を続けることは不可能だと考えたポールとパトローニは、コンコルドをインスブルックの近郊の雪原に不時着させる決意をした。イザベルら乗務員の指示で、乗客は緊急着陸の姿勢をとり、雪原では、着陸のための準備に救援隊が全力をつくしていた。何度かバウンドを繰り返し、雪煙りが上がる雪原をコンコルドの鼻先がつっこみ、やがて静かに止まった。軽傷者はあったものの、コンコルドの乗客は一人のこらず無事に救出された。マスコミの取材を受けたマギーは、テレビカメラの前でハリソン産業の秘密をすべてぶちまけた。その中継放送を見ながら、遠いワシントンではハリソンがこめかみにピストルを当て静かに引金を引くのであった。

「エアポート’80」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「エアポート’80」のスペック

基本情報
ジャンル パニック
製作国 アメリカ
製作年 1979
公開年月日 1979年12月15日
上映時間 113分
製作会社 ジェニングス・ラング・プロ作品
配給 ユニヴァーサル=CIC
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 モノラル

「エアポート’80」のみんなのレビュー

「エアポート’80」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ